ワークマネージャーに関連する統計情報の表示

「ワークマネージャー」タブには、ワークマネージャー項目に関連する統計情報が表示されます。どのプロセスにあるかによって、これらの作業項目の状態は異なります(ステータス(デフォルト、ワークフローまたはイベントカテゴリのみ)を参照)。ステータスやカテゴリなど、使用可能な様々なオプションを使用して情報をフィルタリングし、項目のサブセットのみを表示できます。列ヘッダーの 1 つをクリックして、フィルタリング後の作業項目やジョブ項目を(昇順または降順で)ソートできます。作業項目リストの上に表示されている操作ツールを使用して、作業項目を管理することもできます。

作業項目のフィルタリング

  1. 「ワークマネージャー」タブをクリックします。
  2. 以下に示すフィルターから 1 つまたは複数の条件を選択し、「移動」をクリックします。

カテゴリ

デフォルト: クライアントが送信時にカテゴリを割り当てなかったすべての作業項目。これらの項目はワークマネージャーで管理されるため、ステータスは「ワークマネージャー」に属しています。

ジョブマネージャー: ジョブマネージャーに属するすべてのジョブ。ジョブマネージャーでは、独自のジョブが管理され、独自のジョブステータスがあります。後述の個別のジョブステータスを参照してください。

ワークフロー: ワークフローの実行に属するすべての作業項目。ワークフローでは、その独自の作業項目は管理されませんが、ワークマネージャーに依存しているため、ステータスは「ワークマネージャー」に属しています。

イベント: イベント管理に属するすべての作業項目。イベントの管理では、その独自の作業項目は管理されませんが、ワークマネージャーに依存しているため、ステータスは「ワークマネージャー」に属しています。

ステータス(デフォルト、ワークフローまたはイベントカテゴリのみ)

すべて表示: 現在の作業項目をすべて表示します。

スケジュール済み: アプリケーションサーバーで実行できる状態にあるが、まだ開始されていないすべての作業項目を表示します。

一時停止: クライアントアプリケーションが一時停止した、スケジュール済みのすべての作業項目を表示します。これらの項目は、実行または削除することができます(作業項目またはジョブの管理を参照)。

処理中: アプリケーションサーバーのワークマネージャーで取得したすべての作業項目が表示され、完了または失敗します。これらの作業項目に対して操作を実行することはできません。

完了: 正常に実行されたすべての作業項目を表示します。永続的な作業項目はこの状態のまま維持され、非永続的な作業項目はコールバックハンドラーへのコールバックが完了したときに削除されます。これらの項目は、「項目を削除」の操作を使用して削除することができます(作業項目またはジョブの管理を参照)。

失敗: エラー状態が原因で正常に完了しなかったすべての作業項目を表示します。これらの作業項目は、「項目を再試行」の操作を使用して何度か再試行することができます(作業項目またはジョブの管理を参照)。「ステータス」列で「失敗」のリンクをクリックすると、失敗の詳細を表示できます。

不明: ステータスが不明な作業項目をすべて表示します。

ステータス(Job Managerカテゴリのみ)

完了: 正常に実行されたすべてのジョブを表示します。永続的な作業項目はこの状態のまま維持され、非永続的な作業項目はコールバックハンドラーへのコールバックが完了したときに削除されます。

Complete Requested: 完了リクエストがおこなわれたジョブを表示します。

失敗のリクエスト: 失敗のリクエストがおこなわれたジョブを表示します。

失敗: エラー状態が原因で正常に完了しなかったジョブを表示します。「ステータス」列で「失敗」のリンクをクリックすると、失敗の詳細を表示できます。

終了要求: 終了要求がおこなわれたジョブを表示します。

終了: 完了せずに終了したジョブを表示します。

休止要求: 休止要求がおこなわれたジョブを表示します。

休止: 休止されているジョブを表示します。

Resume Requested: 再開リクエストがおこなわれたジョブを表示します。

待機中: キュー内のジョブを表示します。

実行中: 実行中のジョブを表示します。

サーバ名

クラスターサーバーについてのみ、ノードの名前を選択し、そのサーバーでのみ作成された作業項目やジョブ項目を表示します。「すべてを表示」を選択すると、クラスター内のすべてのノードに対するすべての作業項目が表示されます。

作成時刻

このフィルターでオプションを選択し、指定した時間範囲内に作成された作業項目のみを表示します。例えば、「1 日」を選択すると、「次の値より前」フィルターで設定された時刻から遡って 24 時間以内に作成されたすべての作業項目が表示されます。

次の値より前

「作成時刻」フィルターで終了日として使用される日付と時刻を設定します。「現在の日時を使用」オプションを選択したままにすると、現在の日時を基点にフィルターが適用されます。このオプションの選択を解除して、基点とする日時を入力することもできます。カレンダーのアイコンまたは時計のアイコンをクリックし、これらのツールを使用して目的の値を選択します。

例えば、「作成時刻」で「1 日」を選択し、「次の値より前」で「現在の日時を使用」を選択すると、過去 24 時間以内に作成されたすべての作業項目が表示されます。

メモ

Oracle データベースデプロイメントでは、日付範囲フィルター(「作成時刻」および「次の値より前」の設定)は正確に機能しません。別のフィルターを使用して、作業項目を取得してください。

「ワークマネージャー」タブインターフェイスについて

「ワークマネージャー」クエリーを実行するか、作業項目やジョブに対して操作を実行すると、リストの上にメッセージが表示されます。このメッセージでは、自分が開始したアクションについてのフィードバックが表示され、場合によっては、「詳細」リンクから詳細を表示できます。例えば、開始した操作が失敗した場合、そのことを簡潔に伝えるメッセージが表示され、エラーについての詳細を取得するリンクが表示されます。

「詳細」をクリックすると、「操作の詳細」ダイアログボックスに、操作中に選択した作業項目やジョブのリストが表示されます。各リスト項目をクリックして、ダイアログボックスの下部で「エラーの詳細」を確認できます。

作業項目またはジョブの管理

  1. 次の操作ツールを使用して、リスト内の作業項目やジョブを管理します。

    メモ

    実行できる操作は項目のステータスによって異なります。

    項目を削除:​選択した作業項目またはジョブを削除します。

    項目を一時停止:​選択した作業項目またはジョブを一時停止します。

    項目を再開:​選択した作業項目またはジョブを一時停止の状態から再開します。

    項目を再試行:​選択した作業項目またはジョブを現在の状態から再実行します。

    リストの上で「詳細」をクリックすると、操作が成功したかどうかを確認できます。選択した作業項目またはジョブ、およびそれらのステータスを含むダイアログボックスが表示されます。

作業項目のステータスに関する追加情報

作業項目の状態は、一般的に「新規作成」、「スケジュール済み」、「処理中」、「完了」または「失敗」の順に移行します。

「一時停止中」の状態になると、この通常のフローは中断されます。この中断は、例えば保守やアップグレードを目的として、クライアントアプリケーションまたはシステム管理者が開始できます。「再開」の操作を使用して作業項目を「スケジュール済み」の状態に戻すと、このアクションを元に戻すことができます。

スケジュール済み」の状態の作業項目は、まだ開始されていない実行予定のキューに配置されます。これらの項目は、一時停止または削除することができます。または、ワークマネージャーによって、キューから「処理中」の状態に移されます。処理中の作業項目を修正することはできません。処理は完了するか、失敗します。

「失敗」の状態は、作業項目の実行中に発生するエラー状態の結果として生じます。エラーが実行時のコンテキストによる状況的なものだと思われる場合は、作業項目をキューに戻して、実行を再試行することができます。再試行できる回数には限りがあります。

このページ