CSRF 攻撃の防止

CSRF 攻撃の仕組み

クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)とは、有効なユーザーのブラウザーが悪質なリクエストの送信(iFrame を介する場合あり)に利用される、Web サイトの脆弱性のことです。ブラウザーは Cookie をドメインベースで送信するので、ユーザーが現在アプリケーションにログインしている場合、ユーザーのデータが侵害される可能性があります。

例えば、ブラウザーで管理コンソールにログインしている場合を想定します。リンクを含む電子メールメッセージを受信したとします。リンクをクリックすると、ブラウザーで新しいタブが開かれます。開かれたページには、認証済みの AEM Forms セッションの Cookie を使用して forms サーバーに悪質なリクエストを行う非表示の iFrame が含まれています。User Management は有効な Cookie を受け取るので、そのリクエストが渡されることになります。

リファラー:リクエ ストの送信元のソースページのアドレス。例えば、site1.com 上の Web ページに site2.com へのリンクが含まれています。このリンクをクリックすると、リクエストが site2.com にポストされます。このリクエストは site1.com のページを発信元としているので、このリクエストのリファラーは site1.com です。

許可されたURI: URIは、/adminuiや/contentspaceなど、リクエスト対象のformsサーバー上のリソースを識別します。一部のリソースでは、外部のサイトからリクエストがアプリケーションにアクセスすることができます。これらのリソースは、許可されたURIと見なされます。 formsサーバーは、許可されたURIからリファラーのチェックを実行しません。

nullリファラー: 新しいブラウザーウィンドウまたはタブを開き、アドレスを入力してEnterキーを押すと、リファラーはnullになります。リクエストはまったく新規で、親 Web ページから生成されたものではないので、このリクエストのリファラーはありません。AEM Forms サーバーは、以下の場合に null リファラーを受け取ることができます。

  • SOAP または REST エンドポイントで Acrobat からリクエストが送信された場合
  • AEM Forms の SOAP または REST エンドポイントで任意のデスクトップクライアントから HTTP リクエストが送信された場合
  • ブラウザーの新しいウィンドウが開かれ、任意の AEM forms Web アプリケーションログインページの URL が入力された場合

SOAP および REST エンドポイントで null リファラーを許可してください。すべての URI ログインページ(/adminui、/contentspace、それらに対応するマッピングされたリソースなど)でも、null リファラーを許可してください。例えば、/contentspace に対してマップされたサーブレット /contentspace/faces/jsp/login.jsp は、null リファラーの例外とすることが必要です。この例外は、Web アプリケーションで GET フィルタリングを有効にしている場合にのみ必要です。null リファラーを許可するかどうかはアプリケーションで指定できますAEMフォームの堅牢化とセキュリティの「クロスサイト要求偽造攻撃からの保護」を参照してください。

許可されているリファラーの例外: 許可されているリファラーの例外は、許可されているリファラーのリストのサブリストです。このリファラーの例外からの要求はブロックされます。許可されているリファラーの例外は、Web アプリケーション用です。許可されているリファラーのサブセットが特定のWebアプリケーションの呼び出しを許可されていない場合、許可されているリファラーの例外を使用してリファラーをブロックリストできます。 許可されているリファラーの例外は、アプリケーションの web.xml ファイル内で指定されます(「ヘルプとチュートリアル」ページの「AEM Forms の堅牢化とセキュリティ」内の「クロスサイト要求偽造攻撃からの保護」を参照。)

許可されているリファラーの機能の仕組み

AEM Forms にはリファラーのフィルタリング機能が用意されており、CSRF 攻撃の防止に役立ちます。以下にリファラーのフィルタリングが機能する仕組みを示します。

  1. forms サーバーが、呼び出しに使用される HTTP メソッドを確認します。

    • POST の場合、forms サーバーはリファラーのヘッダーのチェックを実行します。
    • GET の場合、forms サーバーはリファラーをチェックしません。ただし、CSRF_CHECK_GETS が true に設定されている場合は除きます。この場合、forms サーバーはリファラーヘッダーを確認します。CSRF_CHECK_GETS は、アプリケーションの web.xml ファイル内で指定されます。(『堅牢化とセキュリティガイド』の「クロスサイト要求偽造攻撃からの保護」を参照。)
  2. formsサーバーは、要求されたURIが許可されているかどうかを確認します。

    • URIが許可されている場合、サーバーは要求を渡します。
    • 要求されたURIが許可されていない場合、サーバーは要求のリファラーを取得します。
  3. リクエスト内にリファラーが含まれている場合、サーバーはそれが許可されているリファラーかどうかを確認します。許可されているリファラーの場合、サーバーはリファラーの例外かどうかを確認します。

    • 例外の場合、リクエストはブロックされます。
    • 例外でない場合、リクエストは渡されます。
  4. リクエスト内にリファラーが含まれていない場合、サーバーは null リファラーが許可されているかどうかを確認します。

    • null リファラーが許可されている場合、リクエストは渡されます。
    • null リファラーが許可されていない場合、サーバーはリクエストされた URI が null リファラーの例外であるかどうかを確認し、確認結果に応じてリクエストを処理します。

許可されているリファラーの設定

Configuration Manager を実行すると、許可されているリファラーリストにデフォルトのホストおよび IP アドレス、または forms サーバーが追加されます。このリストは管理コンソールで編集できます。

  1. 管理コンソールで、設定/User Management/設定/許可されているリファラー URL を設定をクリックします。許可されているリファラーリストがページ下部に表示されます。

  2. 許可されているリファラーを追加するには

    • ホストの名前または IP アドレスを「許可されているリファラー」ボックスに入力します。一度に複数の許可されているリファラーを追加するには、各ホストの名前または IP アドレスを 1 行ごとに入力します。
    • 「HTTP ポート」と「HTTPS ポート」ボックスについて、HTTP または HTTPS のいずれか、または両方のポートを指定します。これらのポートを空のままにした場合、デフォルトのポート(HTTP ではポート 80、HTTPS ではポート 443)が使用されます。ボックスに 0(ゼロ)を入力した場合、そのサーバー上のすべてのポートが有効化されます。特定のポート番号を入力すると、そのポートのみが有効化されます。
    • 「追加」をクリックします。
  3. 許可されているリファラーリストからエントリを削除するには、リストから項目を選択して、「削除」をクリックします。

    許可されているリファラーリストが空の場合、CSRF 機能は動作を停止し、システムのセキュリティが低下します。

  4. 許可されているリファラーリストを変更したら、AEM forms サーバーを再起動してください。

このページ