埋め込むフォントの指定

Output で使用されるフォームに常に埋め込むフォント、または埋め込まないフォントを指定できます。フォントを埋め込むと、フォームのファイルサイズが大きくなります。ユーザーのシステムに通常存在しない珍しいフォントを埋め込みます。インストールされるような一般的なフォントは埋め込まないでください。

メモ

Output のカスタム XCI ファイルを指定している場合、これらの設定は、XCI ファイルのフォントの埋め込みオプションにより変更されます(Output のファイルの場所の指定を参照)。

  1. 管理コンソールで、サービス/Output をクリックします。
  2. 「フォントの埋め込み設定」の「常に埋め込むフォント」ボックスに、フォームに埋め込むフォントの名前をコンマで区切って入力します。指定するフォントは、生成されたフォームで使用されている場合にのみそのフォームに埋め込まれます。サービスに渡される XCI ファイルでフォントの埋め込みオプションが有効になっていると、この設定は無視されます。このオプションが有効の場合、PDF で使用されるすべてのフォントが常に埋め込まれます。
  3. 「常に埋め込まないフォント」ボックスで、フォームに埋め込まないフォントの名前をコンマで区切って入力します。指定するフォントは、生成された PDF で使用されていてもその PDF に埋め込まれません。サービスに渡される XCI ファイルでフォントの埋め込みオプションが無効になっていると、この設定は無視されます。このオプションが無効の場合、PDF で使用されるフォントは一切埋め込まれません。
  4. 「保存」をクリックします。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now