フォントを使用可能にする

フォーム内で使用されているフォントが、AEM Forms をホストする J2EE アプリケーションサーバーで使用できることを確認します。例えば、次のようなシナリオが考えられます。フォーム開発者が、Designer で使用するフォントをフォントディレクトリに追加し、そのフォントを使用するフォームを別のコンピューターで作成します。Output サービスでそのフォントを使用するには、カスタマーフォントディレクトリにフォントを配置します。カスタマーフォントディレクトリが存在しない場合は、AEM forms をホストする J2EE アプリケーションサーバー上にディレクトリを作成します。

その他のフォント設定について詳しくは、「一般的な AEM Forms の設定」を参照してください。

カスタマーフォントディレクトリの場所の指定

  1. 管理コンソールで、設定/コアシステム設定/設定をクリックします。
  2. 「システムフォントディレクトリの場所」ボックスにカスタマーフォントディレクトリのパスを入力します。Multiple directories can be added, separated by a semicolon ;
  3. 「OK」をクリックします。
  4. AEM Forms がインストールされているシステムを再起動します。
メモ

フォントは Windows システムのフォントのキャッシュから選択されます。キャッシュを更新するにはシステムを再起動する必要があります。カスタマーフォントディレクトリを指定した後、AEM Forms がインストールされているシステムを再起動します。

このページ