セーフバックアップモードの有効化と無効化

バックアップ設定ページでは、AEM Forms をセーフバックアップモードで操作できるので、データベースとグローバルドキュメントストレージ(GDS)ディレクトリを確実にバックアップできます。

セーフバックアップモードになっている場合でも、AEM Forms は正常に稼働します。ただし、ファイルは GDS ディレクトリから削除されません。

メモ

このオプションを設定しても、システムのバックアップは実行されません。このオプションでは、バックアップを行うようにシステムが準備されます。

セーフバックアップモードの有効化

  1. 管理コンソールで、設定/コアシステム設定/バックアップ設定をクリックします。
  2. バックアップ設定ページで、「セーフバックアップモードで稼動する」を選択して「OK」をクリックします。
メモ

システムが既にセーフバックアップモードで稼動している場合は、「OK」をクリックしても新しい予約は作成されません。

セーフバックアップモードの無効化

  1. 管理コンソールで、設定/コアシステム設定/バックアップ設定をクリックします。
  2. バックアップ設定ページで、「セーフバックアップモードで稼動する」の選択を解除して「OK」をクリックします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free