フォームのプレビュー

Adobeでは、最新の拡張可能なデータキャプチャを使用することをお勧めします コアコンポーネント 対象 新しいアダプティブFormsの作成 または AEM SitesページへのアダプティブFormsの追加. これらのコンポーネントは、アダプティブFormsの作成における大幅な進歩を表し、印象的なユーザーエクスペリエンスを実現します。 この記事では、基盤コンポーネントを使用してアダプティブFormsを作成する古い方法について説明します。

概要

AEM Formsでは、リポジトリ内に存在するフォームとドキュメントをプレビューできます。 プレビューを使用すると、フォームがエンドユーザーにリリースされたときの外観と動作を正確に把握できます。

フォームをプレビューすると、フォームはインタラクティブインターフェイスでレンダリングされ、ユーザーはフォームにデータを入力できます。 ドキュメントをプレビューすると、ドキュメントは非インタラクティブモードでレンダリングされ、ユーザーはドキュメントの表示のみ可能です。 フォームの場合は、カスタムプレビューの追加オプションを使用できます。 このオプションを使用すると、XML ファイルのデータを使用してフォームをプレビューできます。 プレビュー中のフォームの一部またはすべてのフィールドにデータが入力されます。

次の表に、サポートされているフォームのタイプごとに使用できるプレビューオプションを示します。

アセットタイプ
使用できるプレビューオプション
ドキュメント PDFプレビュー
PDFフォーム PDF プレビューとデータを使用したプレビュー
アダプティブフォーム HTML プレビューとデータを使用した HTML プレビュー
フォームテンプレート PDF プレビュー、データを使用した PDF プレビュー、HTML プレビュー、データを使用した HTML プレビュー

フォームのプレビュー

  1. プレビューするアセットを選択し、アクションツールバーのプレビュー aem6forms_preview をクリックします。

    メモ

    アセットを選択するには、デフォルトのカード表示をリスト表示に切り替えます。aem6forms_viewlist または aem6forms_viewcard をクリックして、表示を切り替えます。

  2. 「プレビュー」をクリックすると、選択したアセットタイプで使用できるプレビューオプションが表示されます。 目的のオプションをクリックして、選択したアセットを新しいタブでレンダリングします。

    以下のオプションがあります。

    • HTML としてプレビュー
    • データを使用したプレビュー
    • PDF としてプレビュー(フォームテンプレートから選択可能)

データを使用してプレビュー

データを使用したプレビュー」を選択すると、実際のデータが入力された状態でフォームの様子を見ることができます。データを使用したプレビューオプションでは、サンプルユーザーデータを含めた XML をアップロードできます。サンプルのユーザーデータを使用して、選択した形式でプレビューフォームに入力します。

  1. アセットを選択し、プレビュー aem6forms_preview をクリックし、「データを使用してプレビュー」を選択します。
  2. フォームをプレビューダイアログで、FormData を XML ファイルとして指定します。 XML からマージされたデータでフォームをレンダリングするには、「プレビュー」をクリックします。

このページ