次期リリース

1 つのプロジェクトを実装しただけでプロセスが終了することはほとんどありません。次期リリースが(ほぼ)常に予定され、現行の実装の最終段階に開始されることもあります。

いずれにしても、次期リリースを次のように計画することは有効です。

  • テストケースを参照できるように、慎重にドキュメント化し、保存します。また、できれば再利用できます。

  • 次期リリースの回帰テストとして使用できるテストの開発。

  • テストプロセスの経験によって自身または顧客が得た情報を照合します。

    これは、次期リリースのフォーム要件に役立つ場合があります。例えば、テスト中に製品の顧客体験が増加したとします。

次のリリースは移行の場合が多いので、これに関連する情報は役に立ちます。

このページ