ContextHub

ContextHub は、コンテキストデータを保存、操作および表示するためのフレームワークです。クライアント側のJavaScript APIを使用すると、コンテンツのパーソナライズ用にデータにアクセスできます。

メモ

We.Retail 参照実装は、ContextHub を実装しており、ContextHub をプロジェクトに組み込む際の参考になります。

注意

The path containing the sample ContextHub configuration that is used by the We.Retail reference implementation ( /libs/settings/cloudsettings/legacy) should only be used as a reference for creating your own configuration.

プロジェクトでは、独自のContextHub設定として使用しないでください。

永続性

ContextHub ストアは、コンテキストデータをクライアント上に保持します。ContextHub Javascript APIを使用すると、ストアにアクセスし、必要に応じてデータを作成、更新、削除できます。 したがって、ContextHub はページ上のデータレイヤーに相当します。

個々の ContextHub ストアは、事前定義されたストアタイプのインスタンスです。

セグメント化

ContextHub には、セグメントの管理や、現在のコンテキストで解決されるセグメントの判断をするセグメント化エンジンが含まれています。いくつかのセグメントが定義されています。JavaScript API を使用して、解決されたセグメントを判断できます。

プレゼンテーション

マーケティング担当者と作成者は、ContextHub ツールバーを使用してストアデータを表示および操作し、ページのオーサリング時にユーザーエクスペリエンスをシミュレートできます。このツールバーは、ContextHub ストアへのアクセスを提供する UI モジュールのグループで構成されています。

各 ContextHub UI モジュールは、事前定義されたモジュールタイプのインスタンスです。

開発者は、ContextHub コンポーネントをページに追加する必要があります。

このページ