カスタムフォームマッピングの作成

Adobe Campaign にカスタムテーブルを作成したら、そのカスタムテーブルにマップするフォームを AEM で作成できます。

このドキュメントでは、カスタムフォームマッピングの作成方法について説明します。このドキュメントのステップを完了すると、今後のイベントに新規登録できるイベントページを表示できます。その後、Adobe Campaign を使用して、登録したユーザーをフォローアップします。

前提条件

以下の製品がインストールされている必要があります。

  • Adobe Experience Manager
  • Adobe Campaign Classic

詳しくは、AEMとAdobe Campaign Classicの統合を参照してください。

カスタムフォームマッピングの作成

カスタムフォームマッピングを作成するには、次の詳細な手順を実行する必要があります。詳しくは、以下の節を参照してください。

  1. カスタムテーブルの作成。
  2. シード​テーブルの拡張。
  3. カスタムマッピングの作成。
  4. カスタムマッピングに基づいた配信の作成。
  5. 作成した配信を使用するフォームを AEM で作成。
  6. フォームを送信してテスト。

Adobe Campaign でのカスタムテーブルの作成

まず、Adobe Campaign でカスタムテーブルを作成します。この例では、次の定義を使用してイベントテーブルを作成します。

<element autopk="true" label="Event" labelSingular="Event" name="event">
 <attribute label="Event Date" name="eventdate" type="date"/>
 <attribute label="Event Name" name="eventname" type="string"/>
 <attribute label="Email" name="email" type="string"/>
 <attribute label="Number of Seats" name="seats" type="long"/>
</element>

イベントテーブルを作成したら、データベース構造更新ウィザード​を実行して、テーブルを作成します。

シードテーブルの拡張

Adobe Campaign で、「追加」をタップまたはクリックして、シードアドレス(nms)​テーブルの新しい拡張を作成します。

chlimage_1-194

次に、イベント​テーブルのフィールドを使用して、シード​テーブルを拡張します。

<element label="Event" name="custom_cus_event">
 <attribute name="eventname" template="cus:event:event/@eventname"/>
 <attribute name="eventdate" template="cus:event:event/@eventdate"/>
 <attribute name="email" template="cus:event:event/@email"/>
 <attribute name="seats" template="cus:event:event/@seats"/>
 </element>

拡張後、データベース更新ウィザード​を実行して、変更を適用します。

カスタムターゲットマッピングの作成

管理/キャンペーン管理​で、ターゲットマッピング​に移動し、新しい​ターゲットマッピング​を追加します。

メモ

内部名​にはわかりやすい名前を使用してください。

chlimage_1-195

Creating a Custom Delivery Template

この手順では、作成した​ターゲットマッピング​を使用する配信テンプレートを追加します。

リソース/テンプレート​で、配信テンプレートに移動し、既存の AEM 配信を複製します。「宛先」をクリックしたら、作成イベント「ターゲットマッピング」を選択します。

chlimage_1-196

AEM でのフォームの作成

AEM の​ページのプロパティ​で、クラウドサービスが設定されていることを確認します。

その後、「Adobe Campaign」タブで、「カスタム配信テンプレートの作成」で作成した配信を選択します。

chlimage_1-197

フィールドを設定する際は、フォームフィールドに一意の要素名を指定します。

フィールドの設定が完了したら、手動でマッピングを変更する必要があります。

CRXDE Lite で、(ページ)ノードの jcr:content に移動して、acMapping の値を​ターゲットマッピング​の内部名に変更します。

chlimage_1-198

フォームの設定で、「存在しない場合は作成」チェックボックスをオンにします。

chlimage_1-199

フォームの送信

フォームを送信して、値が保存されているかどうかを Adobe Campaign 側で検証できるようになりました。

chlimage_1-200

トラブルシューティング

"Invalid type for value '02/02/2015' from element '@eventdate' (document of type 'Event ([adb:event])')"

フォームを送信すると、このエラーが AEM の error.log に記録されます。

日付フィールドのフォーマットが無効であることが原因です。回避策は、値を yyyy-mm-dd 形式で指定することです。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now