OSGi バンドル

セマンティックバージョニングを使用する

セマンティックバージョン番号付けに関して合意されたベストプラクティスは、https://semver.org/で確認できます。

厳密に必要な数を超えるクラスおよび jar を OSGi バンドルに埋め込まない

共通ライブラリは個別のバンドルに取り出す必要があります。これで、共通ライブラリをバンドル全体で再利用できるようになります。OSGi バンドルに JAR をラップするときは、オンラインソースを調べて、誰かが既にこのラップをおこなっていないかどうかを確認してください。既存のバンドルラッパーを探す一般的な場所としては、Apache Felix、Apache Sling、Apache Geronimo、Apache ServiceMix、Eclipse Bundle Recipes および SpringSource Enterprise Bundle Repository があります。

最低限必要なバンドルバージョンに依存する

POM ファイルのコンパイル時依存関係の場合、常に、必要な API を公開するために最低限必要なバージョンに依存するようにします。これにより、後方互換性が高くなり、古いリリースへのバックポート修正が容易になります。

OSGi バンドルから最小限のパッケージセットをエクスポートする

パッケージのエクスポートが完了したら、すぐに他のユーザーが依存する API を作成しておきます。書き出しをできるだけ少なくし、書き出す対象がAPIであることを確認します。 以前に書き出されたものを取得して非公開にするよりも、非公開のメソッドやクラスを取得して公開するほうがはるかに簡単です。

実装は、必ず個別の impl パッケージに配置する必要があります。デフォルトでは、maven-bundle-plugin は、名前に impl が含まれていないプロジェクトにあるものをすべてエクスポートします。

エクスポートしたパッケージごとに必ずセマンティックバージョニングを明示的に定義する

このようにすることで、API の利用者も新しいバージョンに取り組むことができます。その場合は、必ずセマンティックバージョン管理のベストプラクティスに従ってください。 これにより、APIの利用者は、新しいバージョンで予想される変更の種類を把握できます。

公開場所に関するメタタイプ情報を含める

意味のあるメタタイプ情報を指定することで、Felix コンソールでのサービスおよびコンポーネントが理解しやすくなります。SCR注釈と属性のリストは、次の場所にあります。https://felix.apache.org/documentation/subprojects/apache-felix-maven-scr-plugin/scr-annotations.html.

このページ