CRX2Oak 移行ツールの使用

概要

CRX2Oak は、異なるリポジトリ間でデータを移行するために設計されたツールです。

このツールを使用して、Apache Jackrabbit 2 をベースとする以前の CQ バージョンから Oak にデータを移行したり、Oak リポジトリ間でデータをコピーしたりできます。

最新バージョンの crx2oak は、次の場所で公開されているアドビリポジトリからダウンロードできます。 https://repo.adobe.com/nexus/content/groups/public/com/adobe/granite/crx2oak/

最新バージョンの変更点と修正点の一覧は、CRX2Oak のリリースノートにあります。

メモ

Apache Oak と AEM の永続性の主要な概念について詳しくは、AEM プラットフォームの紹介を参照してください。

移行のユースケース

このツールでは以下のことが可能です。

  • 以前の CQ 5 バージョンから AEM 6 への移行
  • 複数の Oak リポジトリ間でのデータのコピー
  • 異なる Oak マイクロカーネル実装間でのデータの変換

外部の BLOB ストア(一般的にはデータストアとして知られる)を使用したリポジトリ移行のサポートは、様々な組み合わせで提供されています。考えられる移行パスの 1 つは、外部 FileDataStore を使用する CRX2 リポジトリから S3DataStore を使用する Oak リポジトリへの移行です。

下の図は、CRX2Oak がサポートしているすべての移行の組み合わせを示したものです。

chlimage_1-151

特長

CRX2Oak は AEM のアップグレード中に呼び出され、このとき、永続性モードの再設定を自動化する事前定義済みの移行プロファイルをユーザーが指定できます。これはクイックスタートモードと呼ばれます。

より詳細なカスタマイズが必要な場合は、CRX2Oak を個別に実行することもできます。ただし、このモードでは、変更はリポジトリに対してのみ加えられるので、その他の AEM の再設定は手動で実行する必要があります。これはスタンドアロンモードと呼ばれます。

また、スタンドアロンモードのデフォルト設定では、ノードストアのみが移行され、新しいリポジトリは古いバイナリストレージを再使用することにも注意してください。

自動クイックスタートモード

AEM 6.3 以降、CRX2Oak はユーザー定義の移行プロファイルを処理できるようになりました。このプロファイルには、既に使用可能なすべての移行オプションを設定できます。これにより、柔軟性が向上すると同時に、AEM の設定を自動化できます。スタンドアロンモードでこのツールを使用している場合は、このような機能は使用できません。

CRX2Oak をクイックスタートモードに切り替えるには、次のオペレーティングシステム環境変数を使用して、AEM インストールディレクトリの crx-quickstart フォルダーへのパスを定義する必要があります。

UNIX ベースのシステムおよび Mac OS の場合

export SLING_HOME="/path/to/crx-quickstart"

Windows の場合

SET "SLING_HOME=/path/to/crx-quickstart"

サポートの再開

移行はいつでも中断でき、後で再開することができます。

カスタマイズ可能なアップグレードロジック

カスタムJavaロジックをCommitHooksを使用して実装することもできます。 カスタム RepositoryInitializer クラスを実装して、カスタム値でリポジトリを初期化できます。

メモリマップ操作のサポート

CRX2Oak はデフォルトで、メモリマップ操作もサポートしています。メモリマップはパフォーマンスを大幅に向上させるので、可能な場合は常に使用する必要があります。

注意

ただし、メモリマップ操作は Windows プラットフォームではサポートされないことに注意してください。したがって、Windowsで移行を実行する際は、—disable-mmap​パラメーターを追加することをお勧めします。

コンテンツの選択的移行

デフォルトでは、ツールは"/"パスの下にリポジトリ全体を移行します。 しかし、どのコンテンツを移行するかは完全に制御できます。

新しいインスタンスで必要とされないコンテンツの一部がある場合は、--exclude-pathパラメーターを使用してコンテンツを除外し、アップグレード手順を最適化できます。

パスの結合

2つのリポジトリ間でデータをコピーする必要があり、両方のインスタンスで異なるコンテンツパスがある場合は、--merge-pathパラメーターで定義できます。 定義すると、CRX2Oak は新しいノードのみをコピー先リポジトリにコピーし、古いノードは元の場所に保持します。

chlimage_1-152

バージョンのサポート

デフォルトでは、AEM は変更されたノードまたはページごとにバージョンを作成し、リポジトリ内に保存します。これらのバージョンを使用して、ページを以前の状態に復元できます。

ただし、元のページが削除されても、これらのバージョンはパージされません。長時間使用されているリポジトリを扱う場合は、孤立したバージョンによって生じた多数の冗長なデータを移行で処理しなければならないことがあります。

このような状況で役立つ機能は、--copy-versionsパラメーターの追加です。 リポジトリの移行またはコピーの際にバージョンノードをスキップする場合に使用します。

また、--copy-orphaned-versions=trueを追加して、親なしのバージョンをコピーするかどうかを選択することもできます。

特定の日付までのバージョンをコピーする場合、どちらのパラメーターも日付形式 YYYY-MM-DD をサポートしています。

chlimage_1-153

オープンソース版

オープンソース版の CRX2Oak は、oak-upgrade の形で入手できます。このツールは、次の機能を除くすべての機能をサポートしています。

  • CRX2 サポート
  • 移行プロファイルのサポート
  • 自動 AEM 再設定のサポート

詳しくは、Apache に関するドキュメントを参照してください。

パラメーター

ノードストアオプション

  • --cache:キャッシュサイズ(MB単位)(デフォルト 256)

  • --mmap:セグメントストアのメモリマップファイルアクセスの有効化

  • --src-password: ソースRDBデータベースのパスワード

  • --src-user: ソースRDBのユーザー

  • --user:ターゲットRDBのユーザー

  • --password:ターゲットRDBのパスワード。

移行オプション

  • --early-shutdown:ノードのコピー後、およびコミットフックの適用前に、ソースJCR2リポジトリをシャットダウンします。

  • --fail-on-error:ノードをソースリポジトリから読み取れない場合に、移行の失敗を強制します。

  • --ldap:LDAPユーザーをCQ 5.xインスタンスからOakベースのインスタンスに移行します。この機能を有効にするには、Oak 設定内の ID プロバイダーを ldap という名前にする必要があります。詳しくは、LDAP に関するドキュメントを参照してください。

  • --ldap-config: これは、認証に複数のLDAPサーバーを使用したCQ 5.xリポジトリの --ldap パラメーターと組み合わせて使用します。CQ 5.x ldap_login.confまたはjaas.confの設定ファイルを指すのに使用できます。 形式は--ldapconfig=path/to/ldap_login.confです。

バージョンストアオプション

  • --copy-orphaned-versions:孤立したバージョンをコピーするのをスキップします。サポートされるパラメーターは次のとおりです。truefalseyyyy-mm-dd。 デフォルトは true.

  • --copy-versions: バージョンストレージをコピーします。パラメーター: true, false, yyyy-mm-dd. デフォルトは true.

パスオプション

  • --include-paths: コピー時に含めるパスのコンマ区切りリスト
  • --merge-paths:コピー中に結合するパスのコンマ区切りリスト
  • --exclude-paths: コピー時に除外するパスのコンマ区切りリスト。

コピー元 BLOB ストアオプション

  • --src-datastore: ソースとして使用するデータストアディレクトリ FileDataStore

  • --src-fileblobstore:ソースとして使用するデータストアディレクトリ FileBlobStore

  • --src-s3datastore:ソースに使用するデータストアディレクトリ S3DataStore

  • --src-s3config:ソースの設定ファイル S3DataStore

コピー先 BLOB ストアオプション

  • --datastore: ターゲットとして使用するデータストアディレクトリ FileDataStore

  • --fileblobstore: ターゲットとして使用するデータストアディレクトリ FileBlobStore

  • --s3datastore:ターゲットに使用するデータストアディレクトリ S3DataStore

  • --s3config:ターゲットの設定ファイル S3DataStore

ヘルプオプション

  • -?, -h, --help: ヘルプ情報を表示します。

デバッグ

処理中に発生する可能性があるすべての問題をトラブルシューティングするために、移行プロセス用のデバッグ情報を有効にすることもできます。有効にする方法は、ツールを実行するモードによって異なります。

CRX2Oak モード アクション
クイックスタートモード CRX2Oakの実行時に、コマンドラインに—log-levelTRACEまたは—log-level DEBUG オプションを追加できます。 このモードでは、ログは自動的にupgrade.logファイルにリダイレクトされます。
スタンドアロンモード

CRX2Oakの追加コマンドラインに対する—traceオプションを設定し、標準出力でTRACEイベントを表示します(リダイレクト文字を使用してログをリダイレクトする必要があります。「>」または「tee」コマンドを使用して、後で検査することができます)。

その他の注意点

MongoDB 複製セットに移行する場合は、Mongo データベースへのすべての接続で、WriteConcern パラメーターを 2 に設定します。

次のように、接続文字列の末尾に w=2 パラメーターを付加することによって設定できます。

java -Xmx4092m -XX:MaxPermSize=1024m -jar crx2oak.jar crx-quickstart/repository/ mongodb://localhost:27017/aem-author?replicaset=replica1&w=2
メモ

詳しくは、MongoDB の接続文字列に関するドキュメントで書き込み確認について参照してください。

このページ