アプリケーションサーバーのインストール環境のアップグレード手順

ここでは、アプリケーションサーバーインストール用の AEM を更新するために必要になる手順を説明します。

この手順では、どの例でも JBoss をアプリケーションサーバーとして使用し、有効な AEM のバージョンが既にデプロイされているものとします。ここでは、AEM バージョン 5.6 から 6.3 へのアップグレードについて説明します。

  1. 最初に、JBoss を起動します。ほとんどの状況で、standalone.sh 起動スクリプトを実行することで起動できます。そのためには、ターミナルから次のコマンドを実行します。

    jboss-install-folder/bin/standalone.sh
    
  2. AEM 5.6 が既にデプロイされている場合は、次のコマンドを実行してバンドルが正常に動作していることを確認します。

    wget https://<serveraddress:port>/cq/system/console/bundles
    
  3. 次に、AEM 5.6 のデプロイを解除します。

    rm jboss-install-folder/standalone/deployments/cq.war
    
  4. JBoss を停止します。

  5. 次に、crx2oak 移行ツールを使用してリポジトリを移行します。

    java -jar crx2oak.jar crx-quickstart/repository/ crx-quickstart/oak-repository
    
    メモ

    この例では、oak-repository は、新しく変換されたリポジトリが配置される一時ディレクトリです。この手順を実行する前に、crx2oak.jar が最新バージョンであることを確認してください。

  6. 次の操作をおこなって、sling.properties ファイル内の必要なプロパティを削除します。

    1. Open the file located at crx-quickstart/launchpad/sling.properties

    2. 次のプロパティを削除してファイルを保存します。

      1. sling.installer.dir

      2. felix.cm.dir

      3. granite.product.version

      4. org.osgi.framework.system.packages

      5. osgi-core-packages

      6. osgi-compendium-services

      7. jre-*

      8. sling.run.mode.install.options

  7. 不要なファイルとフォルダーを削除します。具体的に削除する必要のある項目は次のとおりです。

    • launchpad/startup フォルダー:ターミナルで次のコマンドを実行して削除できます。rm -rf crx-quickstart/launchpad/startup

    • base.jarファイル: find crx-quickstart/launchpad -type f -name "org.apache.sling.launchpad.base.jar*" -exec rm -f {} \

    • The BootstrapCommandFile_timestamp.txt file: rm -f crx-quickstart/launchpad/felix/bundle0/BootstrapCommandFile_timestamp.txt

  8. 新しく移行された segmentstore を適切な場所にコピーします。

    mv crx-quickstart/oak-repository/segmentstore crx-quickstart/repository/segmentstore
    
  9. datastore もコピーします。

    mv crx-quickstart/repository/repository/datastore crx-quickstart/repository/datastore
    
  10. 次に、アップグレード後の新しいインスタンスで使用する OSGi 設定を格納するためのフォルダーを作成する必要があります。具体的には、install というフォルダーを crx-quickstart の下に作成する必要があります。

  11. 次に、AEM 6.3 で使用されるノードストアとデータストアを作成します。そのためには、次の名前を持つ 2 つのファイルを crx-quickstart\install の下に作成します。

    • org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService.cfg

    • org.apache.jackrabbit.oak.plugins.blob.datastore.FileDataStore.cfg

    この 2 つのファイルにより、AEM が TarMK ノードストアとファイルデータストアを使用するように設定されます。

  12. 設定ファイルを編集し、使用できる状態にします。具体的には、次のように編集します。

    • Add the following line to org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService.config:\

      customBlobStore=true

    • Then add the following lines to org.apache.jackrabbit.oak.plugins.blob.datastore.FileDataStore.config:

      path=./crx-quickstart/repository/datastore
       minRecordLength=4096
      
  13. 次のコマンドを実行して crx2 実行モードを削除します。

    find crx-quickstart/launchpad -type f -name "sling.options.file" -exec rm -rf {} \
    
  14. 今度は、AEM 6.3 war ファイル内の実行モードを変更する必要があります。変更するには、まず AEM 6.3 war を格納する一時フォルダーを作成します。次の例のフォルダー名は、temp です。war ファイルをコピーしたら、temp フォルダー内で次のコマンドを実行して、内容を抽出します。

    jar xvf aem-quickstart-6.3.0.war
    
  15. 内容を抽出したら、WEB-INF フォルダーに移動して web.xml ファイルを編集し、実行モードを変更します。XML での実行モードの設定場所を探すには、sling.run.modes 文字列を検索します。見つかったら、コードの次の行で実行モードを変更します。デフォルトでは、author に設定されています。

    <param-value >author</param-value>
    
  16. 上述の author という値を変更し、実行モードを author,crx3,crx3tar に設定します。最終的なコードブロックは次のようになります。

    <init-param>
    <param-name>sling.run.modes</param-name>
    <param-value>author,crx3,crx3tar</param-value>
    </init-param>
    <load-on-startup>100</load-on-startup>
    </servlet>
    
  17. 編集後の内容で jar を再作成します。

    jar cvf aem62.war
    
  18. 最後に、新しい war ファイルをデプロイします。

    cp temp/aem62.war jboss-install-folder/standalone/deployments/aem61.war
    

このページ