AEM 6.4 の RDBMS サポート

概要

AEM でのリレーショナルデータベース永続性のサポートは、Document Microkernel を使用して実装されています。Document Microkernel は、MongoDB 永続性の実装にも使用されている基盤です。

このサポートは、Mongo Java API に基づいた Java API により構成されています。BlobStore API の実装も提供されています。デフォルトで、Blob はデータベース内に保存されます。

実装詳細について詳しくは、RDBDocumentStore および RDBBlobStore のドキュメントを参照してください。

メモ

PostgreSQL 9.4 もサポートされていますが、デモ目的に限られます。本番環境では使用できません。

サポートされているデータベース

AEM でのリレーショナルデータベースのサポートレベルについて詳しくは、技術要件のページを参照してください。

設定手順

リポジトリは、DocumentNodeStoreService OSGi サービスを設定することで作成されます。このサービスは、MongoDB に加えてリレーショナルデータベース永続性もサポートするように拡張されています。

このサービスが動作するためには、AEM でデータソースを設定する必要があります。これはorg.apache.sling.datasource.DataSourceFactory.configファイルを通して行われます。 ローカル設定内の OSGi バンドルとは別に、対応するデータベースの JDBC ドライバを指定する必要があります。

JDBC ドライバ用の OSGi バンドルの作成手順については、Apache Sling Web サイトのこちらのドキュメントを参照してください。

バンドルを配置したら、AEM に RDB 永続性を設定するための次の手順に従ってください。

  1. データベースのデーモンが起動しており、AEM で使用するためのアクティブなデータベースがあることを確認します。

  2. AEM 6.3 jar をインストールディレクトリにコピーします。

  3. インストールディレクトリにcrx-quickstart\installという名前のフォルダーを作成します。

  4. ドキュメントノードストアを設定するために、この crx-quickstart\install ディレクトリ内に、次の名前の設定ファイルを作成します。

    • org.apache.jackrabbit.oak.plugins.document.DocumentNodeStoreService.config
  5. データソースと JDBC パラメーターを設定するために、この crx-quickstart\install フォルダー内に、また別の次の名前の設定ファイルを作成します。

    • org.apache.sling.datasource.DataSourceFactory-oak.config
    メモ

    サポートされているそれぞれのデータベースに関するデータソース設定について詳しくは、データソース設定オプションを参照してください。

  6. 次に、AEM で使用する JDBC OSGi バンドルを準備します。

    1. crx-quickstart/installフォルダーに、9という名前のフォルダーを作成します。

    2. この新しいフォルダー内に JDBC jar を配置します。

  7. 最後に、crx3crx3rdbの実行モードを持つ開始AEM:

    java -jar quickstart.jar -r crx3,crx3rdb
    

データソース設定オプション

AEM とデータベース永続性レイヤー間の通信のために必要になるパラメーターの設定には、org.apache.sling.datasource.DataSourceFactory-oak.config OSGi 設定を使用します。

以下の設定オプションを使用できます。

  • datasource.name:データソース名。デフォルトは、oak です。

  • url: JDBCで使用する必要があるデータベースのURL文字列。データベースタイプごとに独自の URL 文字列の形式が設定されています。詳しくは、後述の URL 文字列の形式を参照してください。

  • driverClassName: JDBCドライバーのクラス名。これは、使用するデータベースと、その後接続に必要なドライバによって異なります。 AEMがサポートするすべてのデータベースのクラス名を次に示します。

    • org.postgresql.Driver PostgreSQLの場合;
    • com.ibm.db2.jcc.DB2Driver for DB2;
    • oracle.jdbc.OracleDriver oracleの
    • com.mysql.jdbc.Driver(MySQL および MariaDB、試行用)
    • c om.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver for Microsoft SQL Server (試験的)。
  • username: データベースが実行されるユーザー名。

  • password: データベースのパスワード。

URL 文字列の形式

データソース設定では、使用する必要のあるデータベースタイプに応じて、異なる URL 文字列の形式を使用します。以下に、AEM で現在サポートされているデータベース向けの形式を一覧で示します。

  • jdbc:postgresql:databasename PostgreSQLの場合;
  • jdbc:db2://localhost:port/databasename for DB2;
  • jdbc:oracle:thin:localhost:port:SID oracleの
  • jdbc:mysql://localhost:3306/databasename(MySQL および MariaDB、試行用)
  • jdbc:sqlserver://localhost:1453;databaseName=name (Microsoft SQL Server (試験的)用)

既知の制限事項

単一データベースに対する複数の AEM インスタンスの同時使用は RDBMS の永続性によってサポートされますが、同時インストールはサポートされません。

この制限を回避するには、まず 1 つのメンバーでインストールを実行し、最初のインストールが完了した後で、他のメンバーを追加します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free