コマンドラインによる起動と停止

コマンドラインからの Adobe Experience Manager の起動

startスクリプトは、<cq-installation>/bin​ディレクトリの下にあります。 Unix版とWindows版の両方が提供されます。 スクリプトでは、<cq-installation>​ディレクトリにインストールされたインスタンスを開始します。

これらの2つのバージョンは、AEMインスタンスの開始と調整に使用できる環境変数のリストをサポートしています。

環境変数 説明
CQ_PORT 停止およびステータススクリプトに使用する TCP ポート
CQ_HOST ホスト名
CQ_INTERFACE このサーバーがリッスンするインターフェイス
CQ_RUNMODE 実行モードをコンマで区切って指定
CQ_JARFILE jar ファイルの名前
CQ_USE_JAAS JAAS の使用(true の場合)
CQ_JAAS_CONFIG JAAS 設定のパス
CQ_JVM_OPTS デフォルトの JVM オプション
注意

author や publish など、一部の実行モードは、AEM を最初に起動する前に設定する必要があり、後から変更することはできません。実稼動環境で使用する予定の AEM インスタンスを設定する前に、実行モードのドキュメントで詳細を参照してください。

Windows プラットフォームの start.bat スクリプトの例

SET CQ_PORT=1234 & ./start.bat

Unix プラットフォームの start スクリプトの例

CQ_PORT=1234 ./start
メモ

start スクリプトは、<cq-installation>/app フォルダーの下にインストールされている AEM Quickstart を起動します。

Adobe Experience Manager の停止

AEM を停止するには、次のいずれかを実行します。

  • 使用しているプラットフォームに応じて、

    • スクリプトまたはコマンドラインから AEM を起動した場合は、Ctrl+C​キーを押してサーバーをシャットダウンします。
    • UNIX で start スクリプトを使用した場合は、stop スクリプトを使用して AEM を停止する必要があります。
  • jar ファイルをダブルクリックして AEM を起動した場合は、起動ウィンドウで「オン」ボタンをクリックして(ボタンが「オフ」に変化します)サーバーをシャットダウンします。

    chlimage_1-63

コマンドラインからの Adobe Experience Manager の停止

stopスクリプトは、<cq-installation>/bin​ディレクトリの下にあります。 Unix版とWindows版の両方が提供されます。 このスクリプトは、<cq-installation>​ディレクトリにインストールされた実行中のインスタンスを停止します。

Unix プラットフォームの stop スクリプトの例

./stop

Windows プラットフォームの stop.bat スクリプトの例

./stop.bat

リポジトリを事前設定するだけ(場所の変更なし)の場合に必要なのは次の手順だけです。

  • 必要な場所にrepository.xmlを抽出

  • 必要に応じてrepository.xmlを更新

  • bootstrap.propertiesを作成してrepository.configを定義

これも、実際のインストールを開始する前におこないます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now