バージョンのパージ

標準インストールの場合、AEM は、コンテンツの更新後のページのアクティベート時に、ページまたはノードの新しいバージョンを作成します。

メモ

コンテンツが変更されない場合は、ページがアクティベートされ、新しいバージョンが作成されないことを示すメッセージが表示されます。

サイドキックの「バージョン管理」タブを使用すると、要求で追加のバージョンを作成できます。これらのバージョンはリポジトリに格納され、必要に応じて復元できます。

格納されたバージョンはパージされないので、時間の経過と共にリポジトリのサイズが大きくなっていきます。そこで、管理が必要になります。

AEM には、リポジトリの管理に役立つ様々なメカニズムが備わっています。

  • バージョンマネージャー
    新しいバージョンが作成されると古いバージョンをパージするように設定できます。

  • バージョンのパージツール
    リポジトリの監視と保守の一部で使用されます。
    このツールを使用すると、次のパラメーターに従って、ノードまたはノードの階層の古いバージョンを削除するためにユーザーが介入できます。

    • リポジトリに保持するバージョンの最大数
      この数値を超えると、最も古いバージョンが削除されます。

    • リポジトリに保持するバージョンの期間の最大値
      バージョンの期間がこの値を超えると、リポジトリからパージされます。

  • バージョンパージのメンテナンスタスク。バージョンのパージメンテナンスタスクをスケジュールして、古いバージョンを自動的に削除できます。これにより、バージョンのパージツールを手動で実行する必要性を最小限に抑えることができます。

注意

リポジトリサイズを最適化するためには、バージョン削除タスクを頻繁に実行する必要があります。トラフィックが限られている場合は、営業時間外にタスクをスケジュールする必要があります。

バージョンマネージャー

パージツールを使用した明示的なパージに加えて、バージョンマネージャーは、新しいバージョンが作成されると古いバージョンをパージするように設定できます。

バージョンマネージャーを設定するには、次の設定を作成します。

PID com.day.cq.wcm.core.impl.VersionManagerImpl

以下のオプションが利用できます。

  • versionmanager.createVersionOnActivation(ブール値、デフォルト:true)
    ページがアクティベートされた際に、バージョンを作成するかどうかを指定します。
    レプリケーションエージェントがバージョンの作成を抑制するように設定されていない限り、バージョンが作成されます。これはバージョンマネージャーで順守されます。
    アクティベーションが versionmanager.ivPaths に含まれているパスで行われた場合にのみバージョンが作成されます(以下を参照)。

  • versionmanager.ivPaths(String[]、デフォルト:{"/"}
    versionmanager.createVersionOnActivation が true の場合に、アクティベーションによりバージョンが暗黙的に作成されるパスを指定します。

  • versionmanager.purgingEnabled(ブール値、デフォルト:false)
    新しいバージョンが作成された際のパージを有効にするかどうかを指定します。

  • versionmanager.purgePaths(String[]、デフォルト:{"/content"})
    新しいバージョンが作成された際にバージョンをパージするパスを指定します。

  • versionmanager.maxAgeDays(整数、デフォルト:30)
    バージョンパージで、設定した値より古いバージョンが削除されます。この値が 1 未満の場合、バージョンの期間に基づいたパージは実行されません。

  • versionmanager.maxNumberVersions(整数、デフォルト:5)
    バージョンパージで、n 番目に新しいバージョンより古いバージョンが削除されます。この値が 1 未満の場合、バージョンの数に基づいたパージは実行されません。

  • versionmanager.minNumberVersions(整数、デフォルト:0)
    期間にかかわらず保持するバージョン数の最小数。この値を 1 未満に設定すると、保持するバージョン数の最小数は設定されません。

メモ

リポジトリに多数のバージョンを保存することはお勧めできません。そのため、バージョンパージ操作を設定するときは、パージから多くのバージョンを除外しすぎないでください。そうしないと、リポジトリサイズが適切に最適化されません。業務上の要件で多数のバージョンを保持する場合は、Adobe サポートに連絡して、リポジトリサイズを最適化する代替方法をご相談ください。

保持オプションの組み合わせ

どのバージョンを保持するかを定義するオプション(maxAgeDaysmaxNumberVersionsminNumberVersions)は、要件に応じて組み合わせることができます。

保持するバージョン数の最大数と、保持する最も古いバージョンを組み合わせて定義する場合の例:

  • 次のように設定し、

    • maxNumberVersions = 7

    • maxAgeDays = 30

  • 次の状況になった場合、

    • 過去 60 日以内に 10 個のバージョンが作成されました。
    • そのうちの 3 個が過去 30 日以内に作成されました。
  • 結果は次のようになります。

    • 最新の 3 個のバージョンが保持されます。

保持するバージョン数の最大数と最小数、および保持する最も古いバージョンを組み合わせて定義する場合の例:

  • 次のように設定し、

    • maxNumberVersions = 3
    • maxAgeDays = 30
    • minNumberVersions = 3
  • 次の状況になった場合、

    • 60 日前に 5 個のバージョンが作成されました。
  • 結果は次のようになります。

    • 3 個のバージョンが保持されます。

バージョンのパージツール

バージョンのパージツールは、リポジトリ内のノードまたはノードの階層のバージョンをパージします。このツールの主な目的は、古いバージョンのノードを削除して、リポジトリのサイズを削減することです。

このページ