クリエイティブプロジェクトと PIM 統合

最終更新日: 2023-12-07

マーケターやクリエイティブ専門家の場合、Adobe Experience Manager(AEM)のクリエイティブプロジェクトツールを使用して、eコマース関連の製品写真および組織内の関連するクリエイティブプロセスを管理できます。

クリエイティブプロジェクトを使用すると、撮影した写真ワークフローで以下のタスクを効率化できます。

  • 撮影した写真のリクエストの生成
  • 撮影した写真のアップロード
  • 撮影した写真の共同作業
  • 承認済みアセットのパッケージ化
メモ

詳しくは、 プロジェクトユーザーの役割を参照してください 特定のタイプのユーザーにユーザーの役割とワークフローを割り当てる際に使用します。

撮影した製品写真のワークフロー

Creative Project は、様々なプロジェクト要件を満たす様々なプロジェクトテンプレートを提供します。 製品写真撮影プロジェクト​テンプレートは、すぐに使用できます。このテンプレートには、製品撮影リクエストを開始および管理できる写真撮影ワークフローが含まれます。 また、適切なレビューおよび承認プロセスを通じて製品のデジタル画像を取得できる一連のタスクも含まれています。

製品撮影プロジェクトの作成

  1. Adobe Analytics の プロジェクト コンソールで、 作成 次を選択します。 プロジェクトを作成 を選択します。

    「プロジェクトを作成」ボタン

  2. Adobe Analytics の プロジェクトを作成 ページで、 撮影した製品写真プロジェクト テンプレートとクリックします。 次へ.

    プロジェクトウィザード

  3. プロジェクトの詳細(タイトル、説明、期限など)を入力します。 ユーザーを追加し、様々な役割を割り当てます。 また、プロジェクトのサムネールを追加することもできます。

    プロジェクトの詳細

  4. 作成」をクリックします。プロジェクトが作成されたことを示す確認メッセージが表示されます。

  5. クリック 完了 に戻る プロジェクト コンソール。 または、 開く をクリックして、プロジェクト内のアセットを表示します。

製品撮影プロジェクトでの作業の開始

写真撮影リクエストを開始するには、プロジェクトをクリックしてから、 作業を追加 をクリックして、ワークフローを開始します。

作業を追加

A 撮影した製品写真プロジェクト には、次の標準ワークフローが含まれています。

  • 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフロー:このワークフローは、製品情報管理 (PIM) システムとのコマース統合を使用して、選択した製品(階層)の撮影リストを自動的に生成します。 ワークフローの完了後、製品データをアセットメタデータの一部として表示できます。
  • 撮影した製品写真のワークフロー:コマース統合に応じたリストではなく、撮影リストを指定できます。 これにより、アップロードされた画像がプロジェクトアセットフォルダー内の CSV ファイルにマッピングされます。

以下を使用します。 撮影した製品写真(コマース統合) 画像アセットをAEMの製品にマッピングするためのワークフロー。 このワークフローは、コマース統合を使用して、承認された画像をその場所の既存の製品データにリンクします /etc/commerce.

The 撮影した製品写真(コマース統合) ワークフローには、次のタスクが含まれます。

  • 撮影リストを作成
  • 撮影した写真をアップロード
  • 撮影した写真をリタッチ
  • レビューと承認
  • 実稼動に移動タスク

製品情報がAEMで使用できない場合は、 撮影した製品写真 CSV ファイルでアップロードした詳細に基づいて画像アセットを製品にマッピングするためのワークフロー。 CSV ファイルには、製品 ID、カテゴリ、説明など、基本的な製品情報が含まれている必要があります。 ワークフローは製品の承認済みアセットを取得します。

このワークフローには、次のタスクが含まれます。

  • 撮影リストをアップロード
  • 撮影した写真をアップロード
  • 撮影した写真をリタッチ
  • レビューと承認
  • 実稼動に移動タスク

このワークフローは、「ワークフロー設定」オプションを使用してカスタマイズできます。

両方のワークフローに、製品を承認済みアセットにリンクする手順が含まれています。 各ワークフローには、次の手順が含まれます。

  • ワークフローの設定:ワークフローをカスタマイズするためのオプションについて説明します
  • プロジェクトワークフローの開始:製品撮影の開始方法について説明します。
  • ワークフロータスクの詳細:ワークフローで使用可能なタスクの詳細を提供します

プロジェクトの進行状況のトラッキング

プロジェクト内のアクティブ/完了したタスクを監視することで、プロジェクトの進行状況を追跡できます。

プロジェクトの進行状況を監視するには、次の手順を使用します。

  • タスクカード
  • タスクリスト

タスクカードは、プロジェクトの全体的な進行状況を示します。 プロジェクトに関連タスクがある場合にのみ、プロジェクトの詳細ページに表示されます。 タスクカードには、完了したタスクの数に基づいて、プロジェクトの現在の完了ステータスが表示されます。 今後のタスクは含まれません。

タスクカードには次の詳細が表示されます。

  • アクティブなタスクの割合
  • 完了したタスクの割合

タスクカード

タスクリストには、プロジェクトの現在アクティブなワークフロータスクに関する詳細情報が表示されます。 リストを表示するには、タスクカードをクリックします。 タスクリストには、開始日、期限、担当者、優先度、タスクのステータスなどのメタデータも表示されます。

タスクリスト

ワークフロー設定

このタスクでは、ユーザーの役割に基づいてユーザーにワークフローステップを割り当てます。

次の手順で 撮影した製品写真 ワークフロー:

  1. に移動します。 ツール > ワークフロー​をクリックし、 モデル タイルを使用して開きます。 ワークフローモデル ページに貼り付けます。

  2. を選択します。 撮影した製品写真 ワークフローを開き、「 編集 アイコンをクリックして、編集モードで開きます。

    撮影した製品写真モデル

  3. 製品写真撮影ワークフロー​ページで、プロジェクトタスクを開きます。例えば、撮影リストをアップロード​タスクを開きます。

    モデルを編集

  4. 次をクリック: タスク タブで以下を設定します。

    • タスクの名前
    • タスクを受け取るデフォルトのユーザー(役割)
    • タスクのデフォルトの優先度(ユーザーのタスクリストに表示されます)
    • 担当者がタスクを開いたときに表示されるタスクの説明
    • タスクの期限(タスクの開始日時に基づいて計算されます)
  5. クリック OK 設定を保存します。

追加のタスクを 撮影した製品写真 ワークフローも同様の方法で使用できます。

同じ手順を実行して、 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフロー.

プロジェクトワークフローの開始

この節では、製品情報管理をクリエイティブプロジェクトと統合する方法について説明します。

  1. 製品撮影プロジェクトに移動し、 作業を追加 アイコン ワークフロー カード。

  2. を選択します。 撮影した製品写真(コマース統合) 開始するワークフローカード 撮影した製品写真(コマース統合) ワークフロー。 製品情報が以下にない場合 /etc/commerceを選択し、 撮影した製品写真 ワークフローと開始 撮影した製品写真 ワークフロー。

    ワークフローウィザード

  3. クリック 次へ をクリックして、プロジェクト内でワークフローを開始します。

  4. 各ワークフローについては、次のページで詳しく説明します。

    ワークフローの詳細

  5. クリック 送信 :写真撮影ワークフローを開始します。 撮影した写真プロジェクトのプロジェクト詳細ページが表示されます。

    新しいワークフローを含むプロジェクトページ

ワークフロータスクの詳細

撮影した写真のワークフローには、複数のタスクが含まれます。 各タスクは、タスクに対して定義された設定に基づいてユーザーグループに割り当てられます。

撮影リストの作成タスク

撮影リストの作成​タスクを使用して、プロジェクト所有者が画像を必要とする製品を選択できます。ユーザーが選択したオプションに基づいて、製品の基本情報を含む CSV ファイルが生成されます。

  1. プロジェクトフォルダ内で、 タスクカード をクリックして、ワークフローのタスク項目を表示します。

    タスクカード

  2. を選択します。 撮影リストを作成 タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    撮影リストタスクを開く

  3. タスクの詳細を確認し、 撮影リストを作成 」ボタンをクリックします。

    撮影リストタスクの詳細

  4. 製品データに画像が関連付けられていない製品を選択します。

    製品の選択

  5. 次をクリック: 撮影リストに追加 ボタンをクリックして、このような製品のリストを含む CSV ファイルを作成します。 選択した製品に対して撮影リストが作成されたことを確認するメッセージが表示されます。 クリック 閉じる をクリックして、ワークフローを完了します。

  6. 撮影リストを作成した後、 撮影リストを表示 リンクが表示されます。 撮影リストに他の製品を追加するには、 撮影リストに追加. この場合、最初に作成された撮影リストにデータが追加されます。

    撮影リストに追加

  7. クリック 撮影リストを表示 をクリックして、新しい撮影リストを表示します。

    撮影リストを表示

    既存のデータを編集または新しいデータを追加するには、 編集 をクリックします。 「製品」フィールドと「説明」フィールドのみ編集可能です。

    撮影リストを編集

    ファイルを更新した後、 保存 をクリックして、ファイルを保存します。

  8. 製品を追加したら、 完了 アイコン 撮影リストを作成 タスクの詳細ページを開き、タスクを完了済みとしてマークします。 オプションでコメントを追加できます。

タスクが完了すると、プロジェクト内で次の変更がおこなわれます。

  • 製品階層に対応するアセットが、ワークフロータイトルと同じ名前のフォルダーに作成されます。
  • 写真家が画像を提供する前でも、アセットコンソールを使用してアセットのメタデータを編集できるようになります。
  • フォトグラファーが提供する画像を保存する撮影フォルダーが作成されます。 撮影フォルダには、撮影リストの各製品エントリのサブフォルダが含まれます。

撮影リストのアップロードタスク

このタスクは、撮影した製品写真ワークフローの一部です。 このタスクは、製品情報がAEMで使用できない場合に実行します。 この場合、画像アセットが必要な製品のリストを CSV ファイルにアップロードします。 CSV ファイルの詳細に基づいて、画像アセットを製品にマッピングします。 ファイルは、という名前の CSV ファイルである必要があります shotlist.csv.

以下を使用します。 撮影リストを表示 前の手順のプロジェクトカードの下にあるリンクを使用して、サンプルの CSV ファイルをダウンロードできます。 サンプルファイルを確認して、CSV ファイルの通常の内容を確認します。

製品リストまたは CSV ファイルには、次のようなフィールドを含めることができます。 カテゴリ、製品、ID、説明、および パス. 「ID」フィールドは必須で、製品 ID が格納されます。その他のフィールドはオプションです。

製品は、特定のカテゴリに属することができます。製品カテゴリは、CSV ファイルの「カテゴリ」列に表示することができます。「製品」フィールドには製品名が格納されます。「説明」フィールドに、製品の説明またはフォトグラファーに対する指示を入力します。

  1. プロジェクトフォルダ内で、 タスクカード をクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。

  2. を選択します。 撮影リストをアップロード タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    撮影リストをアップロード

  3. タスクの詳細を確認し、 撮影リストをアップロード 」ボタンをクリックします。

    撮影リストをアップロード中

  4. 次をクリック: 撮影リストをアップロード ボタンをクリックして CSV ファイルをアップロードします。 ワークフローは、このファイルを次のタスクの製品データの抽出に使用するソースとして認識します。

  5. 適切な形式の製品情報を含む CSV ファイルをアップロードします。 CSV ファイルをアップロードすると、カードの下に、「アップロードされたアセットを表示」リンクが表示されます。

    製品情報のアップロード

    完了」アイコンをクリックして、タスクを完了します。

  6. 完了」アイコンをクリックして、タスクを完了します。

撮影した写真のアップロードタスク

編集者の場合は、前のタスクで作成またはアップロードされた shotlist.csv​ファイルにリストされている製品の写真をアップロードできます。

アップロードする画像の名前はで始める必要があります <ProductId_> 場所 ProductIdID フィールド shotlist.csv ファイル。 例えば、を使用した撮影リスト内の製品の場合、 ID 397122を使用する場合は、という名前のファイルをアップロードします 397122_highcontrast.jpg, 397122_lowlight.pngなど。

画像を直接アップロードすることも、画像を含む ZIP ファイルをアップロードすることもできます。画像は、その名前に基づいて、撮影フォルダー内の各製品フォルダー内に配置されます。

  1. プロジェクトフォルダの下で、 タスクカード をクリックして、ワークフローのタスク項目を表示します。

  2. を選択します。 撮影した写真をアップロード タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    撮影した写真をアップロード

  3. クリック 撮影した写真をアップロード 撮影した写真をアップロードします。

  4. 次をクリック: 完了 アイコンをクリックして、タスクを完了します。

撮影した写真のリタッチタスク

編集権限がある場合は、 撮影した写真をリタッチ 撮影した写真フォルダーにアップロードされた画像を編集するタスク。

  1. プロジェクトフォルダの下で、右下にある省略記号ボタンをクリックします。 タスクカード をクリックして、ワークフローのタスク項目を表示します。

  2. を選択します。 撮影した写真をリタッチ タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    撮影した写真をリタッチ

  3. 次をクリック: アップロードしたアセットを表示 リンクを 撮影した写真をリタッチ ページを開き、アップロードした画像を参照します。

    アップロードしたアセットの表示

    必要に応じて、Adobe Creative Cloud アプリケーションを使用して画像を編集します。

    アセットを編集

  4. 次をクリック: 完了 アイコンをクリックして、タスクを完了します。

タスクのレビューと承認

このタスクでは、写真家がアップロードした写真撮影画像をレビューし、画像を使用の承認を得たものとしてマークします。

  1. プロジェクトフォルダの下で、 タスクカード をクリックして、ワークフローのタスク項目を表示します。

  2. を選択します。 レビューと承認 タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    レビューと承認

  3. Adobe Analytics の レビューと承認 ページで、レビュータスクを役割に割り当ててから、 レビュー をクリックして、アップロードした製品画像のレビューを開始します。

    アセットのレビューを開始

  4. 製品画像を選択し、 承認 アイコンをクリックして承認済みとマークします。 画像を承認すると、承認済みのバナーが画像の上に表示されます。

    画像の承認

  5. クリック 完了. 承認済みの画像は、作成された空のアセットとリンクされます。

一部の製品を画像なしで除外することもできます。 後で、タスクに再度アクセスし、完了後にタスクを完了するようにマークできます。

Assets UI を使用してプロジェクトアセットに移動し、承認された画像を確認できます。

次のレベルをクリックすると、製品データ階層に従って製品が表示されます。

クリエイティブプロジェクトは、承認されたアセットと参照されている製品を関連付けます。アセットメタデータは、「AEM Asset メタデータ」セクションに表示される、アセットプロパティの「製品データ」タブの製品リファレンスと基本情報を使用して更新されます。

メモ

Adobe Analytics の 撮影した製品写真のワークフロー (コマース統合なし)承認済みの画像は製品と関連付けられません。

実稼動に移動タスク

このタスクにより、承認されたアセットが実稼動用フォルダーに移動し、使用できるようになります。

  1. プロジェクトフォルダの下で、 タスクカード をクリックして、ワークフローのタスク項目を表示します。

  2. を選択します。 実稼動に移動 タスクを実行し、 開く アイコンをクリックします。

    実稼動環境に移動

  3. 実稼動用フォルダーに移動する前に、撮影した写真の承認されたアセットを表示するには、実稼動に移動​タスクページのプロジェクトのサムネイルの下にある「承認されたアセットを表示」リンクをクリックします。

    実稼動タスクページに移動

  4. 実稼動用フォルダーのパスを「移動先」フィールドに入力します。

    パスに移動

  5. クリック 実稼動に移動. 確認メッセージを閉じます。アセットは前述のパスに移動され、スピンセットはフォルダー階層に基づいて、各製品の承認済みアセットに対して自動的に作成されます。

  6. 次をクリック: 完了 アイコンをクリックします。 最後のステップが完了とマークされると、ワークフローは完了します。

DAM アセットメタデータの表示

アセットを承認すると、そのアセットが対応する製品にリンクされます。承認されたアセットのプロパティページには、「製品データ」(リンクされた製品の情報)タブが追加されています。このタブには、製品の詳細、SKU 番号およびアセットにリンクしているその他の製品に関連する詳細が表示されます。次をクリック: 編集 アイコンをクリックして、アセットのプロパティを更新します。 製品に関する情報は、読み取り専用のままです。

表示されるリンクをクリックして、アセットが関連付けられている製品コンソールの各製品詳細ページに移動します。

撮影したプロジェクト写真ワークフローのカスタマイズ

次の項目をカスタマイズできます。 撮影したプロジェクト写真 ワークフローを作成できます。 これは、プロジェクト内の変数の値を設定するために実行する、役割に基づく任意のタスクです。 後で、設定された値を使用して判定をおこなうことができます。

  1. AEMのロゴをクリックし、 ツール > ワークフロー > モデル 開く ワークフローモデル ページに貼り付けます。

  2. を選択します。 撮影した製品写真(コマース統合) ワークフロー、または 撮影した製品写真 ワークフローとクリック 編集 ツールバーから、ワークフローを編集モードで開きます。

  3. サイドパネルを開き、 役割に基づくプロジェクトタスクを作成 ワークフローにドラッグします。

    役割に基づくプロジェクトタスクの作成

  4. 役割に基づくタスク​ステップを開きます。

  5. 次の日: タスク タブで、タスクリストに表示するタスクの名前を指定します。 タスクを役割に割り当て、デフォルトの優先度を設定し、説明を入力し、タスクが期限切れになる時間を指定することもできます。

    ワークフローステップの設定

  6. 次の日: Routing タブで、タスクのアクションを指定します。 複数のアクションを追加するには、 項目を追加 リンク。

    「ルーティング」タブ

  7. オプションを追加したら、「OK」をクリックして変更をステップに追加します。

  8. 戻る ワークフローモデル ウィンドウクリック 同期 をクリックして、ワークフロー全体の変更を保存します。 タップまたはクリック OK の場合、ステップではワークフローの変更は保存されません。 ワークフローの変更を保存するには、 同期.

  9. サイドパネルを開き、 ステップに移動 ワークフローにドラッグします。

  10. を開きます。 移動 タスクを実行し、 プロセス タブをクリックします。

  11. を選択します。 ターゲットステップ に移動して、 ルーティング式 は ECMA スクリプトです。 次のコードを スクリプト フィールド:

    function check() {
    
    if (workflowData.getMetaDataMap().get("lastTaskAction","") == "Reject All") {
    
    return true
    
    }
    
    // set copywriter user in metadata
    
    var previousId = workflowData.getMetaDataMap().get("lastTaskCompletedBy", "");
    
    workflowData.getMetaDataMap().put("copywriter", previousId);
    
    return false;
    
    }
    
    ヒント

    ワークフローステップでのスクリプティングについて詳しくは、 OR 分割のルールの定義.

    スクリプトに移動

  12. OK」をクリックします。

  13. クリック 同期 をクリックして、ワークフローを保存します。

新しいタスクが 実稼動タスクに移動 が完了し、所有者に割り当てられます。

のユーザー 所有者 役割は、タスクを完了し、コメントポップアップのリストから(ワークフローステップの設定で追加されたアクションのリストから)アクションを選択できます。

メモ

サーバーを起動すると、プロジェクトタスクリストのサーブレットが、/libs/cq/core/content/projects/tasktypesで定義される、タスクタイプと URL のマッピングをキャッシュします。その後、通常のオーバーレイを実行し、/apps/cq/core/content/projects/tasktypes の下に配置することによって、カスタムタスクタイプを追加できます。

このページ