管理コンソール

最終更新日: 2024-01-08

デフォルトでは、管理コンソールを介してクラシック UI に切り替える機能は無効になっています。 したがって、特定のコンソールアイコンにマウスを合わせると表示されるポップアップアイコン(クラシック UI にアクセスできる)は表示されなくなりました。

各コンソールのクラシック UI バージョンは /libs/cq/core/content/nav にあり、個別に再有効化できます。それぞれのクラシック UI を有効にすれば、コンソールアイコンの上にマウスを移動したときに、「クラシック UI」オプションが再度ポップアップするようになります。

この例では、サイトコンソールのクラシック UI を再度有効にします。

  1. CRXDE Liteを使用して、クラシック UI を再度有効にするAdmin Consoleに対応するノードを探します。 目的のノードは次の場所にあります。

    /libs/cq/core/content/nav

    例:

    https://localhost:4502/crx/de/index.jsp#/libs/cq/core/content/nav

  2. クラシック UI を再有効化するコンソールのノードを選択します。この例では、サイトコンソールのクラシック UI を再度有効にします。

    /libs/cq/core/content/nav/sites

  3. オーバーレイノード」オプションを使用してオーバーレイを作成します。次に例を示します。

    • パス: /apps/cq/core/content/nav/sites
    • オーバーレイの場所: /apps/
    • ノードタイプを一致させる:アクティブ(チェックボックスをオン)
  4. オーバーレイノードに次のブールプロパティを追加します。

    enableDesktopOnly = {Boolean}true

  5. The クラシック UI オプションは、Admin Consoleのポップオーバーオプションとして再び使用できます。

    クラシック UI ポップオーバーオプション

クラシック UI バージョンへのアクセスを再有効化する各コンソールに対して、これらの手順を繰り返します。

このページ