AEM 6.5 と Adobe Campaign Classic の統合

最終更新日: 2023-12-04

AEM を Adobe Campaign Classic(ACC)と統合すると、メール配信、コンテンツ、フォームを AEM で直接管理できます。ソリューション間の双方向通信を有効にするには、Adobe Campaign Classic と AEM の両方で設定が必要です。

この統合では、AEM と Adobe Campaign Classic を個別に使用することができます。マーケターは Adobe Campaign でキャンペーンを作成してターゲティングを使用できますが、コンテンツ作成者は並行して AEM でコンテンツのデザインに取り組むことができます。この統合により、AEM 内に作成されたキャンペーンのコンテンツとデザインを、Adobe Campaign でターゲットにして配信できるようになります。

情報

このドキュメントでは、Adobe Campaign と AEM 6.5 の統合方法について説明します。他の Campaign 統合については、AEM 6.5 と Adobe Campaign の統合のドキュメントを参照してください。

統合手順

AEMと Campaign の統合には、両方のソリューションでいくつかの手順が必要です。

  1. AEM 統合パッケージの Campaign へのインストール
  2. Campaign での AEM のオペレーターの作成
  3. AEM での Campaign 統合の設定
  4. AEM Externalizer の設定
  5. AEM での campaign-remote ユーザーの設定
  6. Campaign での AEM 外部アカウントの設定

このドキュメントでは、これらの各手順を詳しく説明します。

前提条件

  • Adobe Campaign Classic への管理者アクセス
    • 統合を実行するには、設定済みのデータベースを含む、動作中の Adobe Campaign Classic インスタンスが必要です。
    • Adobe Campaign Classicの設定方法と設定方法に関する追加の詳細が必要な場合は、 Adobe Campaign Classicのドキュメント 特に、『インストールと設定』ガイド。
  • AEM への管理者アクセス

Campaign への AEM 統合パッケージのインストール

The AEM統合 Adobe Campaignのパッケージには、AEMへの接続に必要ないくつかの標準設定が含まれています。

  1. 管理者は、クライアントコンソールを使用して Adobe Campaign インスタンスにログインします。

  2. ツール詳細パッケージをインポート…​を選択します。

    パッケージをインポート

  3. 標準パッケージをインストール」をクリックして、「次へ」をクリックします。

  4. AEM 統合​パッケージを確認します。

    標準パッケージのインストール

  5. 次へ」をクリックして「開始」をクリックし、インストールを開始します。

    インストールの進行状況

  6. インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

これで、統合パッケージがインストールされました。

Campaign への AEM オペレーターの作成

統合パッケージによって、AEM が Adobe Campaign への接続に使用する aemserver オペレーターが自動的に作成されます。このオペレーターのセキュリティゾーンを定義し、そのパスワードを設定します。

  1. クライアントコンソールを使用して、Adobe Campaign に管理者としてログインします。

  2. 選択 ツール > エクスプローラ をクリックします。

  3. エクスプローラーで、管理アクセス管理オペレーター​ノードに移動します。

  4. aemserver オペレーターを選択します。

  5. オペレーターの「編集」タブで「アクセス権」サブタブを選択し、「アクセスパラメーターを編集…」リンクをクリックします。

    セキュリティゾーンの設定

  6. 適切なセキュリティゾーンを選択し、必要に応じて信頼済み IP マスクを定義します。

  7. 保存」をクリックします。

  8. Adobe Campaign クライアントからログアウトします。

  9. Adobe Campaign サーバーのファイルシステムで、Campaign のインストール場所に移動し、serverConf.xml ファイルを管理者として編集します。このファイルは、通常、次の場所にあります。

    • C:\Program Files\Adobe\Adobe Campaign Classic v7\conf(Windows の場合)。
    • /usr/local/neolane/nl6/conf/eng (Linux の場合)。
  10. securityZone を検索し、AEM オペレーターのセキュリティゾーンに次のパラメーターが設定されていることを確認してください。

    • allowHTTP="true"
    • sessionTokenOnly="true"
    • allowUserPassword="true"
  11. ファイルを保存します。

  12. セキュリティゾーンが config-<server name>.xml ファイルの各設定によって上書きされないようにしてください。

    • 設定ファイルに別のセキュリティゾーン設定が含まれている場合は、allowUserPassword 属性を true に変更します。
  13. Adobe Campaign Classic のサーバーポートを変更する場合は、8080 を目的のポートに置き換えます。

    注意

    デフォルトでは、オペレーターのセキュリティゾーンは設定されていません。AEM を Adobe Campaign に接続するには、前の手順で説明したようにゾーンを選択する必要があります。

    セキュリティの問題を回避するために、AEM 専用のセキュリティゾーンを作成することを強くお勧めします。このトピックについて詳しくは、 Adobe Campaign Classicドキュメント。

  14. Campaign クライアントで、aemserver オペレーターに戻り、「一般」タブを選択します。

  15. パスワードをリセット…」リンクをクリックします。

  16. パスワードを指定し、今後使用するために安全な場所に保存します。

  17. OK」をクリックし、aemserver オペレーターのパスワードを保存します。

AEM で Campaign 統合を設定

AEM uses キャンペーンで既に設定済みのオペレーター Campaign と通信するには

  1. AEM オーサリングインスタンスに管理者としてログインします。

  2. グローバルナビゲーションサイドレールから、ツールクラウドサービス従来のクラウドサービスAdobe Campaign を選択し、「今すぐ設定」をクリックします。

    Adobe Campaign の設定

  3. ダイアログで、タイトル​を入力して Campaign サービス設定を作成し、「作成」をクリックします。

    Campaign の設定ダイアログ

  4. 設定を編集するための新しいウィンドウとダイアログが開きます。必要な情報を入力します。

    AEM での Adobe Campaign の設定

  5. Adobe Campaign に接続」を選択して接続を確認し、「OK」をクリックします。

AEM が Adobe Campaign と通信できるようになりました。

メモ

Adobe Campaign サーバーがインターネット経由で到達可能であることを確認してください。AEMはプライベートネットワークにアクセスできません。

AEM パブリッシュインスタンスへのレプリケーションを設定

キャンペーンのコンテンツは、コンテンツ作成者が AEM オーサリングインスタンスで作成します。このインスタンスは通常、組織内でしか使用できません。画像やアセットなどのコンテンツをキャンペーンの受信者がアクセスできるようにするには、そのコンテンツを公開する必要があります。

レプリケーションエージェントは、AEM オーサーインスタンスからパブリッシュインスタンスにコンテンツを公開する役割を持ち、このエージェントが正しく機能するには統合環境に対して設定されている必要があります。また、この手順は、あるオーサーインスタンス設定をパブリッシュインスタンスにレプリケートするためにも必要です。

AEM オーサーインスタンスからパブリッシュインスタンスへのレプリケーションを設定するには、次の手順を実行します。

  1. AEM オーサリングインスタンスに管理者としてログインします。

  2. グローバルナビゲーションサイドレールで、「 」を選択します。 ツール > 導入 > レプリケーション > 作成者のエージェント​を選択し、次に デフォルトエージェント(パブリッシュ).

    レプリケーションエージェントの設定

  3. 編集」をクリックして、「トランスポート」タブを選択します。

  4. デフォルトの localhost 値を AEM パブリッシュインスタンスの IP アドレスに置き換えて、「URI」フィールドを設定します。

    「トランスポート」タブ

  5. クリック OK をクリックして、エージェント設定の変更を保存します。

AEM パブリッシュインスタンスへのレプリケーションを設定したので、キャンペーン受信者がコンテンツにアクセスできるようになりました。

メモ

レプリケーション URL を使用せずに、公開 URL を使用する場合は、OSGi を介して、以下の設定で公開 URL を設定することができます

グローバルナビゲーションサイドパネルで、ツール運用Web コンソールOSGi 設定 を選択し、AEM Campaign の統合 - 設定​を検索します。設定を編集し、「公開 URLcom.day.cq.mcm.campaign.impl.IntegrationConfigImpl#aem.mcm.campaign.publicUrl)」フィールドを変更します。

AEM Externalizer の設定

Externalizer は リソースパスを外部および絶対 URL に変換する AEMの OSGi サービスです。この URL は、AEM が Campaign で使用できるコンテンツを提供するために必要です。Campaign の統合が機能するように設定します。

  1. AEM オーサリングインスタンスに管理者としてログインします。

  2. グローバルナビゲーションサイドパネルで、ツール運用Web コンソールOSGi 設定​を選択し、Day CQ Link Externalizer​を検索します。

  3. デフォルトでは、「ドメイン」フィールドの最新エントリは、公開インスタンスを対象としています。 デフォルトの URL から URL を変更 http://localhost:4503 公開されているパブリッシュインスタンスに追加します。

    Externalizer の設定

  4. 保存」をクリックします。

Externalizer が設定され、Adobe Campaign がコンテンツにアクセスできるようになりました。

メモ

パブリッシュインスタンスは、Adobe Campaign サーバーからアクセス可能である必要があります。localhost:4503 または Adobe Campaign が到達できない別のサーバーを指している場合、AEM からの画像は Adobe Campaign コンソールに表示されません。

AEM での campaign-remote ユーザーを設定

Campaign が AEM と通信するには、AEM で campaign-remote ユーザーのパスワードを設定する必要があります。

  1. AEM に管理者としてログインします。
  2. メインナビゲーションコンソールで、 ツール をクリックします。
  3. 次に、セキュリティユーザー​をクリックして、ユーザー管理コンソールを開きます。
  4. campaign-remote ユーザーを見つけます。
  5. campaign-remote ユーザーを選択し、「プロパティ」をクリックしてユーザーを編集します。
  6. ユーザー設定を編集​ウィンドウで、「パスワードを変更」をクリックします。
  7. ユーザーの新しいパスワードを入力し、今後の使用のために安全な場所にパスワードをメモします。
  8. 保存」をクリックして、パスワードの変更を保存します。
  9. 保存して閉じる」をクリックして、変更を campaign-remote ユーザーに保存します。

Campaign で AEM 外部アカウントを設定

AEM 統合​パッケージを Campaign にインストールする際に、AEM 用の外部アカウントが作成されます。 この外部アカウントを設定すると、Adobe Campaign は AEM に接続でき、ソリューション間の双方向通信が可能になります。

  1. クライアントコンソールを使用して、Adobe Campaign に管理者としてログインします。

  2. 選択 ツール > エクスプローラ をクリックします。

  3. エクスプローラーで、管理プラットフォーム外部アカウント​ノードに移動します。

    外部アカウント

  4. 外部 AEM アカウントを見つけます。 デフォルトでは、次の値が設定されています。

    • タイプ - AEM
    • ラベル - AEM Instance
    • 内部名 - aemInstance
  5. このアカウントの「一般」タブで、campaign-remote ユーザーパスワードの設定手順で定義したユーザー情報を入力します。

    • サーバー - AEM オーサーサーバーのアドレス
      • AEM オーサーサーバーは、Adobe Campaign Classic サーバーインスタンスからアクセスできる必要があります。
      • サーバーアドレスは、末尾がスラッシュで​終わらない​ようにします。
    • アカウント - デフォルトでは、これはcampaign-remote ユーザーのパスワード設定手順で AEM に設定した campaign-remote ユーザーです。
    • パスワード - このパスワードは、campaign-remote ユーザーのパスワード設定手順で AEM に設定した campaign-remote ユーザーと同じです。
  6. 有効」チェックボックスを選択します。

  7. 保存」をクリックします。

Adobe Campaign は AEM と通信できるようになりました。

次のステップ

Adobe Campaign Classic と AEM の両方が設定されたので、統合は完了です。

Adobe Experience Manager でニュースレターを作成する方法については、このドキュメントの続きで説明します。

このページ