技術要件

最終更新日: 2024-02-29

アドビは、このドキュメントの以下の情報に記載されているプラットフォームで、Adobe Experience Manager(AEM)をサポートしています。

プラットフォームに関連する問題については、プラットフォームのベンダーにお問い合わせください。

メモ

AEM をインストールするプラットフォームに応じて、ユーザー管理に関する一連の要件が異なる場合があります。

前提条件

Adobe Experience Manager をインストールするための最小要件

  • Java™ Platform, Standard Edition JDK または他のサポートされている Java™ 仮想マシンがインストールされていること
  • Experience Manager Quickstart ファイル(スタンドアロン JAR または web アプリケーションデプロイメント WAR)

最小サイズ要件

Adobe Experience Manager を実行するための最小要件:

  • 5 GB の空きディスク領域(インストールディレクトリ内)
  • 2 GB メモリ
メモ

詳しくは、「ハードウェアのサイズ設定のガイドライン」を参照してください。

サポートレベル

このドキュメントには、Adobe Experience Manager でサポートされるクライアントおよびサーバーのプラットフォームが一覧化されています。アドビでは、推奨設定とその他の設定の両方について、複数のレベルのサポートを提供しています。

サポートされる設定

アドビは以下の構成を推奨し、標準ソフトウェア保守契約の一環として完全なサポートを提供しています。

サポートレベル 説明
A:サポート対象 アドビはこの構成への完全なサポートと保守を提供します。この構成は、アドビの品質保証プロセスでカバーされます。
R:限定サポート お客様のプロジェクトを確実に成功させるために、アドビは特定の条件を満たす必要がある限定的なサポートプログラム内で、完全なサポートを提供します。R レベルのサポートでは、正式なお客様のリクエストとアドビの確認が必要です。詳しくは、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

サポートされていない設定

サポートレベル 説明
Z:サポート対象外 この設定はサポートされていません。アドビは、この設定が動作するかどうかに関する一切の表明をせず、この設定をサポートしません。

サポートされているプラットフォーム

Java™ 仮想マシン

このアプリケーションを実行するには、Java™ 仮想マシンを必要とし、Java™ デベロップメントキット(JDK)の配布で提供されます。

Adobe Experience Manager は、次のバージョンの Java™ 仮想マシンで動作します。

注意

Java™ ベンダーからのセキュリティ情報をトラックします。これにより、実稼動環境の安全性とセキュリティが確保されます。また、常に最新の Java™ アップデートをインストールしてください。

プラットフォーム サポートレベル リンク
Oracle Java™ SE 17 JDK Z:サポート対象外 [1]
Oracle Java™ SE 11 JDK - 64 ビット A:サポート対象 [1] ダウンロード
Oracle Java™ SE 10 JDK Z:サポート対象外 [1]
Oracle Java™ SE 9 JDK Z:サポート対象外 [1]
Oracle Java™ SE 8 JDK - 64 ビット A:サポート対象 [1] ダウンロード
IBM® J9 VM - ビルド 2.9、JRE 1.8.0 A:サポート対象 [2]
IBM® J9 VM - ビルド 2.8、JRE 1.8.0 A:サポート対象 [2]
Azul Zulu OpenJDK 11 - 64 ビット A:サポート対象 [3]
Azul Zulu OpenJDK 8 - 64 ビット A:サポート対象 [3]
  1. Oracle は Oracle Java™ SE 製品の「長期サポート」(LTS)モデルに移行しました。Java™ 9、Java™ 10、Java™ 12 は Oracle による非 LTS でのリリースです(Oracle Java™ SE サポートロードマップを参照)。実稼動環境に AEM をデプロイするために、アドビでは LTS リリース版の Java™ のみサポートします。パブリックアップデート終了後の LTS リリースのすべてのメンテナンスアップデートを含む Oracle Java™ SE JDK のサポートと配布が、アドビによって直接サポートされます。対象となるのは、Oracle Java™ SE テクノロジーを利用するすべての AEM ユーザーです。詳しくは、Adobe Experience Manager 用 Java™ サポートポリシーを参照してください。
    重要:Oracle Java™ 11 は、少なくとも 2026年9月までサポートされます。Oracle Java™ 17 のサポートは準備中です。

  2. IBM® JRE は、WebSphere® Application Server と共に使用する場合にのみサポートされます。

  3. Azul Zulu OpenJDK LTS バージョンは、バージョン 6.5 SP9 以降のオンプレミスの AEM デプロイメントでサポートされます。Azul Zulu JDK LTS バージョンのサポートと配布は、アドビのお客様が Azul から直接ライセンスを取得する必要があります。

ストレージと永続性

Adobe Experience Manager のリポジトリをデプロイするには、様々なオプションがあります。次のリストに、サポートされるテクノロジーとストレージのオプションを示します。

プラットフォーム 説明 サポートレベル
TAR ファイルを使用したファイルシステム [1] リポジトリ A:サポート対象
データストアを使用したファイルシステム [1] バイナリ A:サポート対象
ファイルシステムの TAR ファイルへのバイナリの格納 [1] バイナリ Z:実稼動環境ではサポートされていません
Amazon S3 バイナリ A:サポート対象
Microsoft® Azure Blob Storage バイナリ A:サポート対象
MongoDB Enterprise 6.0 リポジトリ A:サポート対象 [3, 4]
MongoDB Enterprise 5.0 リポジトリ A:サポート対象 [3, 4]
MongoDB Enterprise 4.4 リポジトリ A:サポート対象 [2, 3, 4, 7]
MongoDB Enterprise 4.2 リポジトリ A:サポート対象 [2, 3, 4, 7]
MongoDB Enterprise 4.0 リポジトリ Z:サポート対象外
MongoDB Enterprise 3.6 リポジトリ Z:サポート対象外
MongoDB Enterprise 3.4 リポジトリ Z:サポート対象外
IBM® DB2® 10.5 リポジトリと Forms データベース R:制限サポート [5]
Oracle Database 12c(12.1.x) リポジトリと Forms データベース R:制限サポート
Microsoft® SQL Server 2016 Forms データベース A:サポート対象
Apache Lucene(Quickstart 組み込み) 検索サービス A:サポート対象
Apache Solr 検索サービス A:サポート対象
  1. 「ファイルシステム」には、POSIX に準拠したブロックストレージが含まれます。ネットワークストレージテクノロジーが含まれます。ファイルシステムのパフォーマンスは異なり、全体的なパフォーマンスに影響を与える場合があることに注意してください。ネットワーク/リモートファイルシステムを使用してテスト AEM を読み込みます。
  2. MongoDB Enterprise バージョン 4.2 および 4.4 には、最低でも AEM 6.5 SP9 が必要です。
  3. MongoDB Sharding は AEM ではサポートしていません。
  4. MongoDB Storage Engine WiredTiger のみがサポートされています。
  5. AEM Forms のアップグレードのお客様に対してサポートされます。新規インストールの場合はサポートされていません。
  6. AEM Formsのみに適用:
    • oracleデータベース 12c のサポートを削除し、Oracleデータベース 19c のサポートを追加しました。
    • Microsoft® SQL Server 2016 のサポートが削除され、Microsoft® SQL Server 2019 のサポートが追加されました。
  7. AEM Formsではサポートされていません。
メモ

AEM Communities の機能について詳しくは、Communities のデプロイを参照してください。

メモ

MongoDB はサードパーティのソフトウェアで、AEM ライセンスパッケージには含まれていません。詳しくは、MongoDB ライセンスポリシーのページを参照してください。

MongoDB を使用した AEM のデプロイメントを最大限に活用するには、プロフェッショナルサポートを受けられるように MongoDB Enterprise バージョンのライセンスを取得することをお勧めします。詳しくは、「推奨されるデプロイメント」を参照してください。

ライセンスには、標準レプリカセットが含まれています。このセットは、1 つのプライマリインスタンスと 2 つのセカンダリインスタンスで構成され、オーサーデプロイメントまたはパブリッシュデプロイメントのどちらかに使用できます。

MongoDB でオーサーとパブリッシュの両方を実行したい場合は、2 つのライセンスを個別に購入する必要があります。

アドビカスタマーケアは、MongoDB を AEM で利用することに関連する問題の絞り込みを支援いたします。

詳しくは、MongoDB for Adobe Experience Manager のページを参照してください。

メモ

サポートされる上記のリレーショナルデータベースはサードパーティのソフトウェアであり、AEM ライセンスパッケージには含まれていません。

サポートされているリレーショナルデータベースで AEM 6.5 を実行するには、データベースベンダーとの個別のサポート契約が必要です。アドビカスタマーケアは、リレーショナルデータベースを AEM 6.5 で利用することに関連する問題の絞り込みを支援いたします。

現在、ほとんどのリレーショナルデータベースは、AEM 6.5 のレベル R でサポートされています。ここでは、上記のレベル R の説明に記載されているサポート基準とサポートプログラムが提供されます。

サーブレットエンジン / アプリケーションサーバー

Adobe Experience Manager は、スタンドアロンサーバー(Quickstart JAR ファイル)として、またはサードパーティのアプリケーションサーバー内の web アプリケーション(WAR ファイル)として実行できます。

サーブレット API の必要な最小バージョンは Servlet 3.1 です

Platform サポートレベル
Quickstart 組み込みサーブレットエンジン(Jetty 9.4) A:サポート対象
Oracle WebLogic Server 12.2(12cR2) Z:サポート対象外
IBM® WebSphere® Application Server Continuous Delivery(LibertyProfile)(Web Profile 7.0 および IBM® JRE 1.8) R:新規契約向けの制限サポート [2]
IBM® WebSphere® Application Server 9.0 および IBM® JRE 1.8 R:新規契約向けの制限サポート [1] [2]
Apache Tomcat 8.5.x R:新規契約向けの制限サポート [2]
JBoss® EAP 7.2.x と JBoss® Application Server Z:サポート対象外
JBoss® EAP 7.1.4 と JBoss® Application Server R:新規契約向けの制限サポート [1] [2]
JBoss® EAP 7.0.x と JBoss® Application Server Z:サポート対象外
  1. AEM Forms を使用したデプロイメントに推奨されます。
  2. アプリケーションサーバーで AEM 6.5 デプロイメントを開始すると、制限付きサポートに移行します。既存のお客様は AEM 6.5 にアップグレードして、引き続きアプリケーションサーバーを使用することができます。新規のお客様には、前述のレベル R の説明にあるサポート基準とサポートプログラムが適用されます。
  3. 適用可能なAEM Formsのみ:
    • JBoss® EAP 7.1.4 のサポートを削除し、JBoss® EAP 7.4.10 のサポートを追加しました。

サーバーオペレーティングシステム

Adobe Experience Manager は、実稼動環境では次のサーバープラットフォームで動作します。

プラットフォーム サポートレベル
Linux®(Red Hat® ディストリビューションに基づく) A:サポート対象 [1] [3]
Linux®、Debian ディストリビューションベース(Ubuntu を含む) A:サポート対象 [1] [2]
Linux®、SUSE® ディストリビューションベース A:サポート対象 [1]
Microsoft® Windows Server 2019 [4] R:新規契約向けの制限サポート [5]
Microsoft® Windows Server 2016 [4] R:新規契約向けの制限サポート [5]
Microsoft® Windows Server 2012 R2 Z:サポート対象外
Oracle Solaris™ 11 Z:サポート対象外
IBM® AIX® 7.2 Z:サポート対象外
  1. Linux® Kernel 2.6、3. x、4. x および 5. x には Red Hat® ディストリビューションの派生 OS(Red Hat® Enterprise Linux®、CentOS、Oracle Linux®、Amazon Linux® など)が含まれます。AEM Forms のアドオン機能は、CentOS 7、Red Hat® Enterprise Linux® 7、Red Hat® Enterprise Linux® 8 および Red Hat® Enterprise Linux® 9 でのみサポートされています。

  2. AEM Forms は Ubuntu 20.04 LTS でサポートされています。

  3. Adobe Managed Services でサポートされている Linux® ディストリビューション。

    メモ

    Linux ベースのサーバー(OSGI および JEE スタック)の場合、AEM Formsアドオンには次のようなランタイム依存関係が必要です。

    • glibc.x86_64 (2.17-196)
    • libX11.x86_64 (1.6.7-4)
    • zlib.x86-64 (1.2.7-17)
    • libxcb.x86_64 (1.13-1.el7)
    • libXau.x86_64 (1.0.8-2.1.el7)
  4. Microsoft® Windows 版の実稼働デプロイメントは、お客様が 6.5 にアップグレードする場合と、実稼動以外の用途に使用する場合にサポートされています。AEM Sites および AEM Assets の新規デプロイメントは、お客様の依頼に応じて提供されます。

  5. AEM Forms は、Microsoft® Window Server でサポートされていますが、サポートレベル R 制限はありません。

  6. AEM Formsは、Microsoft® Windows Server 2016 のサポートを削除しました。

メモ

AEM Forms 6.5 をインストールする場合は、次の 32 ビット版の Microsoft® Visual C++ 再頒布可能パッケージがインストールされていることを確認してください。

  • Microsoft® Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ
  • Microsoft® Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
  • Microsoft® Visual C++ 2012 再頒布可能パッケージ
  • Microsoft® Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージ
  • Microsoft® Visual C++ 2019(VC14.28 以降)再頒布可能パッケージ

仮想/クラウドコンピューティング環境

Adobe Experience Manager は、クラウドコンピューティング環境上の仮想マシンで動作する場合にサポートされます。これらの環境には、このページに記載されている技術要件およびアドビの標準サポート条件に従って動作する Microsoft® Azure や Amazon Web Services(AWS)が含まれています。

クラウドネイティブな環境の場合は、AEM 製品ラインの最新オファー、Adobe Experience Manager as a Cloud Service をご確認ください。詳しくは、Adobe Experience Manager as a Cloud Service ドキュメントを参照してください。

アドビは、AEM を Azure または AWS にデプロイするための Adobe Managed Services も提供しています。Adobe Managed Services を使用することで、これらのクラウドコンピューティング環境での AEM のデプロイと運用の経験とスキルを持つエキスパートのサポートを活用できます。Adobe Managed Services に関するドキュメントを参照してください。

AEM を Azure や AWS にデプロイするその他のあらゆる場合、またはその他のクラウドコンピューティング環境にデプロイする場合、アドビによるサポートは、仮想コンピューティング環境に対して提供されます。この仮想環境は、このページに記載されている技術仕様に従って動作する必要があります。これらのクラウド環境のいずれかで動作している AEM に関して報告された問題は、クラウドコンピューティング環境に固有のクラウドサービスとは無関係に再現できる必要があります。つまり、このページに記載されている技術要件の一部として Cloud Service がサポートされていない限り ( 例:Azure Blob ストレージやAWS S3)。

Adobe Managed Services の外部で Azure または AWS に AEM をデプロイする場合のレコメンデーションは、クラウドプロバイダーと直接共同作業することです。または、選択したクラウド環境での AEM のデプロイをサポートしているアドビパートナーと協力することをお勧めします。選択したクラウドプロバイダーまたはパートナーは、アーキテクチャのサイズ仕様、設計および実装を担当し、顧客独自のパフォーマンス、負荷、スケーラビリティおよびセキュリティの要件が満たされるように支援します。

Dispatcher プラットフォーム(web サーバー)

Dispatcher は、キャッシュおよびロードバランシングコンポーネントです。最新バージョンの Dispatcher をダウンロードします。Experience Manager 6.5 ではバージョン 4.3.2 以降の Dispatcher が必要です。

Dispatcher バージョン 4.3.2 での使用では、次の web サーバーがサポートされています。

Platform サポートレベル
Apache httpd 2.4.x [1,2] A:サポート対象
Microsoft® IIS 10(Internet Information Server) A:サポート対象
Microsoft® IIS 8.5(Internet Information Server) Z:サポート対象外
  1. Apache httpd のソースコードをベースとして構築された web サーバーは、ベースとした httpd のバージョンと同じサポートを備えています。これらに当てはまるか不明の場合は、アドビに問い合わせて、それぞれのサーバー製品に関するサポートレベルを確認してください。以下の場合に該当します。

    1. HTTP サーバーは、公式の Apache ソース配布のみを使用して構築されています。
    2. HTTP サーバーは、HTTP サーバーが実行されているオペレーティングシステムの一部として配信されました。例:IBM® HTTP Server、Oracle HTTP Server
  2. Dispatcher は、Windows オペレーティングシステム用の Apache 2.4.x では使用できません。

サポートされているクライアントプラットフォーム

オーサリングユーザーインターフェイスでサポートされているブラウザー

Adobe Experience Manager のユーザーインターフェイスは、次のクライアントプラットフォームで使用できます。すべてのブラウザーは、デフォルトのプラグインとアドオンのセットを使用してテストされます。

AEM のユーザーインターフェイスは、大きめの画面(通常はノートブックまたはデスクトップコンピューター)およびタブレットフォームファクター(Apple iPad、Microsoft® Surface など)に向けて最適化されています。電話のフォームファクターはサポートされていません。

メモ

リリースサイクルの短いブラウザーのサポート:

Mozilla Firefox、Google Chrome、Microsoft® Edge のリリースは、数か月ごとにアップデートされます。アドビは、これらのブラウザーの今後のバージョンで以下に示すサポートレベルを維持するために、Adobe Experience Manager のアップデートの提供に取り組んでいます。

ブラウザー UI のサポート
クラシック UI のサポート
Google Chrome(エバーグリーン) A:サポート対象 A:サポート対象
Microsoft® Edge(エバーグリーン) A:サポート対象 A:サポート対象
Microsoft® Internet Explorer 11 Z:サポート対象外 Z:サポート対象外
Mozilla Firefox(エバーグリーン) A:サポート対象 A:サポート対象
Mozilla Firefox 最新 ESR [1] A:サポート対象 A:サポート対象
macOS の Apple Safari(エバーグリーン) A:サポート対象 A:サポート対象
macOS の Apple Safari 11 x Z:サポート対象外 Z:サポート対象外
Apple Safari(iOS 12.x) A:サポート対象 [2] Z:サポート対象外
Apple Safari(iOS 11.x) Z:サポート対象外 Z:サポート対象外
  1. Firefox の拡張サポートリリース。詳しくは、mozilla.org を参照してください。
  2. Apple iPad のサポート

Web サイトでサポートされているブラウザー

一般に、AEM Sites でレンダリングされる web サイトのブラウザーサポートは、AEM ページテンプレートの実装、設計およびコンポーネントの出力に依存するので、これらの部分を実装する当事者の管理下にあります。

WebDAV クライアント

Microsoft® Windows 7+

Microsoft® Windows 7 以降で、SSL で保護されていない AEM インスタンスに正常に接続するには、セキュリティで保護されていないネットワークを介したベーシック認証を Windows で有効にする必要があります。Web クライアントの Windows レジストリを次のように変更する必要があります。

  1. 以下のレジストリサブキーを探します。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  2. 2 つ以上の値を使用して、このサブキーに BasicAuthLevel レジストリのエントリを追加します。

プラットフォームに関するその他の注意事項

このセクションでは、Adobe Experience Manager とそのアドオンの実行に関する特別な注意事項と詳細情報を説明します。

IPv4 と IPv6

Adobe Experience Manager(インスタンス、Dispatcher)のすべての要素は、IPv4 と IPv6 の両方のネットワークにインストールできます。

特別な設定が不要なので、操作はシームレスです。必要に応じて、ネットワークの種類に適した形式を使用して、IP アドレスを指定します。

IP アドレスを指定する必要がある場合は、次から(必要に応じて)選択できます。

  • IPv6 アドレス。 例:https://[ab12::34c5:6d7:8e90:1234]:4502

  • IPv4 アドレス。 例:https://123.1.1.4:4502

  • サーバー名。 例:https://www.yourserver.com:4502

  • デフォルトの localhost は、IPv4 と IPv6 の両方のネットワークインストール用に変換されます。例:https://localhost:4502

AEM Dynamic Media アドオンの要件

AEM Dynamic Media はデフォルトで無効になっています。Dynamic Media の有効化についてはこちらを参照してください。

Dynamic Media を有効にする場合は、以下の追加の技術要件が適用されます。

メモ

これらのシステム要件は、Dynamic Media - ハイブリッドモードを使用する場合に​のみ​適用されます。Dynamic Media - ハイブリッドモードには画像サーバーが組み込まれており、特定のオペレーティングシステムでのみ認定されています。

Dynamic Media - Scene7 モード(dynamicmedia_scene7 実行モード)で Dynamic Media を実行する場合は、追加のシステム要件はありません。AEM と同じシステム要件が適用されます。Dynamic Media - Scene7 モードのアーキテクチャでは、AEM に埋め込まれたサービスではなく、クラウドベースの画像サービスを使用します。

ハードウェア

Linux® と Windows の両方に適用されるハードウェア要件は次のとおりです。

  • 4 コア以上の Intel Xeon® または AMD® Opteron CPU
  • 16 GB 以上の RAM

Linux®

Linux® で Dynamic Media を使用する場合は、次の必要条件を満たす必要があります。

  • 最新の修正パッチが適用された RedHat® Enterprise 7 または CentOS 7 以降
  • 64 ビットオペレーティングシステム
  • スワップ無効(推奨)
  • SELinux 無効(後述の注意を参照)
メモ

LC_CTYPE(ロケール)が en_US.UTF-8 以外に設定されている場合、Dynamic Media は機能しません。その値を確認するには、コマンドプロンプトで「locale」と入力します。そのように設定しない場合は、AEM を実行する前に「export LC_CTYPE=」と入力して、LC_CTYPE 環境変数を空の文字列に設定します。

メモ

SELinux の無効化: SELinux がオンの場合、画像サービングは機能しません。このオプションはデフォルトで有効です。この問題を修正するには、 /etc/selinux/config ファイルを開き、SELinux 値を次の値から変更します。

SELINUX=enforcingを、SELINUX=disabled に変更

メモ

NUMA アーキテクチャ: AMD64 および Intel® EM64Tを搭載したプロセッサを搭載したシステムは、通常、NUMA(Non-Uniform Memory Architecture)プラットフォームとして設定されます。つまり、カーネルは、単一のメモリノードを構築するのではなく、ブート時に複数のメモリノードを構築します。

複数のノード構成体を使用すると、他のノードが消費される前に、1 つまたは複数のノードでメモリが枯渇する可能性があります。メモリが枯渇した場合、使用可能なメモリがあっても、カーネルはプロセス(画像サーバーやプラットフォームサーバーなど)を強制終了する可能性があります。

そのため、そうしたシステムを実行する場合は、numa=off 起動オプションを使用して NUMA をオフにし、カーネルがこれらのプロセスを強制終了するのを避けるようにすることをお勧めします。

メモ

サーバーホスト名を解決する必要があります。​サーバーのホスト名が IP アドレスに解決できることを確認します。解決できない場合は、完全修飾ホスト名と IP アドレスを /etc/hosts に次のように追加してください。

<ip address> <fully qualified hostname>

Windows

  • Microsoft® Windows Server 2016
  • 物理メモリ(RAM)の少なくとも 2 倍の容量に等しいスワップ領域

Windows で Dynamic Media を使用するには、x64 および x86 用の Microsoft® Visual Studio 2010、2013 および 2015 の再頒布可能パッケージをインストールします。

Windows x64 の場合:

Windows x86 の場合:

macOS

  • 10.9.x 以降
  • 体験版およびデモ版のみサポート

AEM Forms PDF Generator の要件

PDF Generator のソフトウェアサポート

製品

PDF への変換でサポートされる形式

Acrobat 2020 Classic トラック 最新バージョン XPS、画像形式(BMP、GIF、JPEG、JPG、TIF、TIFF、PNG、JPF、JPX、JP2、J2K、J2C、JPC)、HTML、HTM、DWG、DXF、DWF
Acrobat 2017 Classic トラック 最新バージョン(非推奨) XPS、画像形式(BMP、GIF、JPEG、JPG、TIF、TIFF、PNG、JPF、JPX、JP2、J2K、J2C、JPC)、HTML、HTM、DWG、DXF、DWF
Microsoft® Office 2019 DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、RTF、TXT
Microsoft® Office 2016 (非推奨) DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、RTF、TXT
WordPerfect 2020
WP、WPD
Microsoft® Office Visio 2016(非推奨)
VSD、VSDX
Microsoft® Publisher 2019
PUB
Microsoft® Publisher 2016(非推奨)
PUB
Microsoft® Project 2016(非推奨)
MPP
OpenOffice 4.1.10 ODT、ODP、ODS、ODG、ODF、SXW、SXI、SXC、SXD、XLS、XLSX、DOC、DOCX、PPT、PPTX、画像形式(BMP、GIF、JPEG、JPG、TIF、TIFF、PNG、JPF、JPX 、JP2、J2K、J2C、JPC)、HTML、HTM、RTF、TXT
OpenOffice 4.1.2 (非推奨) ODT、ODP、ODS、ODG、ODF、SXW、SXI、SXC、SXD、XLS、XLSX、DOC、DOCX、PPT、PPTX、画像形式(BMP、GIF、JPEG、JPG、TIF、TIFF、PNG、JPF、JPX 、JP2、J2K、J2C、JPC)、HTML、HTM、RTF、TXT
メモ

PDF Generator は、サポート対象のオペレーティングシステムとアプリケーションの英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版のみをサポートしています。

さらに、次の点に注意してください。

  • PDF Generator で変換を実行するには、32 ビット版の Acrobat 2020 Classic トラックバージョン 20.004.30006 または Acrobat 2017 バージョン 17.011.30078 が必要です。
  • PDF Generator の OpenOffice 向け変換機能は、Windows と Linux® でのみサポートされています。
  • PDF Generator では、32 ビットリテール版の Microsoft® Office Professional Plus および Windows オペレーティングシステムでの変換に必要な、その他のソフトウェアのみサポートしています。
  • PDF Generator は、Linux® オペレーティングシステム上の 32 ビット版および 64 ビット版の OpenOffice をサポートしています。
  • PDF Generator は Microsoft® Office 365 をサポートしていません。
  • OCR PDF、Optimize PDF、Export PDF の各機能は、Windows でのみサポートされます。
  • Acrobat のバージョンは、PDF Generator 機能を有効にするために AEM Forms にバンドルされています。バンドルされたバージョンには、AEM Forms PDF Generator で使用するために、AEM Forms のライセンス期間中に AEM Forms でのみプログラムでアクセスする必要があります。詳しくは、デプロイメント(オンプレミスまたは Managed Services)に応じた AEM Forms 製品説明を参照してください。
  • PDF Generator サービスでは Microsoft® Windows 10 をサポートしていません。
  • PDF Generator は、Microsoft® Visio 2019 を使用してファイルを変換できません。Microsoft® Visio 2016 を引き続き使用して、.VSD ファイルや .VSDX ファイルを変換できます。
  • PDF Generator は、Microsoft® Project 2019 を使用してファイルを変換できません。Microsoft® Project 2016 を引き続き使用して .VSD ファイルや .VSDX ファイルを変換できます。

AEM Forms Designer の要件

  • Microsoft® Windows® 2016 Server、Microsoft® Windows® 2019 Server、Microsoft® Windows® 10 または Windows® 11
  • 1 GHz 以上の高速プロセッサー(PAE、NX、および SSE2 に対応)
  • 1 GB の RAM(32 ビット OS の場合)または 2 GB の RAM(64 ビット OS の場合)
  • 16 GB のディスク空き容量(32 ビット OS の場合)または 20 GB のディスク空き容量(64 ビット OS の場合)
  • グラフィックメモリ - 128 MB の GPU(256 MB 推奨)
  • 2.35 GB のハードディスク空き容量
  • 1024 x 768 ピクセル以上のモニター解像度
  • ビデオハードウェアアクセラレーション(オプション)
  • Acrobat Pro DC、Acrobat Standard DC または Adobe Acrobat Reader DC
  • Designer をインストールするための管理者権限。
  • Microsoft Visual C++ 2019 (VC 14.28 以降) 32 ビット版AEM Forms Designer の 32 ビット版ランタイム
  • Microsoft Visual C++ 2019(VC 14.28 以降)64 ビットAEM Forms Designer 用 64 ビットランタイム(OSGI と JEE スタックの両方)

AEM Forms Designer のインストールと設定

AEM Assets XMPメタデータの書き戻しの要件

XMP の書き戻しは、次のプラットフォームおよびファイル形式でサポートされ、有効になります。

  • オペレーティングシステム:

  • ファイル形式:JPEG、PNG、TIFF、PDF、INDD、AI、EPS

AEM Assetsが Linux®でメタデータの多いアセットを処理するための要件

XMPFilesProcessor プロセスを実行するには、ライブラリ GLIBC_2.14 が必要です。GLIBC_2.14 を含む Linux®カーネルを使用します。例えば、Linux®カーネルバージョン 3.1.x です。PSDファイルなど、大量のメタデータを含むアセットの処理パフォーマンスが向上します。 以前のバージョンの GLIBC を使用するとエラーが発生し、com.day.cq.dam.core.impl.handler.xmp.NCommXMPHandler Failed to read XMP で始まるメッセージがログに記録されます。

このページ