Correspondence Management Solution の設定

最終更新日: 2023-11-01

VersionRestoreManagerImpl のオーサーインスタンス URL の定義

オーサーインスタンスのバージョンを復元するオーサーインスタンスの URL を定義するには、次の手順を実行します。

  1. https://:<PublishHost>:<PublishPort>/lc/system/console/configMgr に移動します。OSGi Management Console のユーザー資格情報を使ってログインします。デフォルトの資格情報は、admin/admin です。

  2. com.adobe.livecycle.content.activate.impl.VersionRestoreManagerImpl.name」設定の横にある「編集」アイコンをクリックします。

  3. VersionRestoreManager Author URL」フィールドで、オーサーインスタンス VersionRestoreManager の URL を指定します。

    URL 文字列:

    https://<hostname>:<port>:/libs/fd/fdm/content/crud/lc.content.remote.activate.VersionRestoreManager

    メモ

    ロードバランサーの前に複数のオーサーインスタンス(クラスター化)がある場合は、「VersionRestoreManager Author URL」フィールドにその URL を指定します。

  4. 保存」をクリックします。

ActivationManagerImpl のパブリッシュインスタンス URL の定義(パブリックインスタンスアクティベーションマネージャー)

パブリックインスタンスアクティベーションマネージャーのパブリッシュインスタンス URL を定義できるようにするには、次の手順に従います。

  1. https://:<authorHost>:<authorPort>/lc/system/console/configMgr に移動します。OSGi Management Console のユーザー資格情報を使ってログインします。デフォルトの資格情報は、admin/admin です。

  2. を検索して、 編集 横のアイコン com.adobe.livecycle.content.activate.impl.ActivationManagerImpl.name 設定。

  3. Adobe Analytics の ActivationManager 公開 URL 「 」フィールドで、パブリッシュインスタンスの ActivationManager にアクセスするための URL を指定します。 次の URL を指定できます。

    • ロードバランサー URL (推奨):ロードバランサー URL を指定します。パブリッシュファーム(複数の非クラスターパブリッシュインスタンス)の前にロードバランサーとして機能する Web サーバーがある場合は、

    • パブリッシュインスタンス URL:任意のパブリッシュインスタンス URL を指定します。1 つのパブリッシュインスタンスがある場合、またはパブリッシュファームを前面に配置している Web サーバーが、制限によりオーサー環境からアクセスできない場合です。 指定したパブリッシュインスタンスが停止した場合は、オーサー側で対処するフォールバックメカニズムがあります。

    • URL 文字列

      https://<hostname>:<port>:/libs/fd/fdm/content/crud/lc.content.remote.activate.activationManager

  4. 保存」をクリックします。

Correspondence Management の設定について詳しくは、 Correspondence Management 設定プロパティ.

このページ