ユーザーデータからフォーム送信メタデータへの情報の追加

最終更新日: 2023-12-21

アダプティブフォームの新規作成または AEM Sites ページへのアダプティブフォームの追加には、最新の拡張可能なデータキャプチャコアコンポーネントを使用することをお勧めします。これらのコンポーネントは、アダプティブフォームの作成における大幅な進歩を表し、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現します。この記事では、基盤コンポーネントを使用してアダプティブフォームを作成する古い方法について説明します。

フォームの要素に入力された値を使用して、ドラフトまたはフォーム送信のメタデータフィールドを計算できます。メタデータを使用すると、ユーザーデータに基づいてコンテンツをフィルタリングできます。例えば、ユーザーがフォームの名前フィールドに John Doe と入力するとします。この情報を使用してメタデータを計算することにより、この送信をイニシャル JD の下に分類できます。

ユーザーが入力した値でメタデータフィールドを計算するには、メタデータにフォームの要素を追加します。この要素にユーザーが値を入力すると、スクリプトはその値を使用して情報を計算します。この情報はメタデータに追加されます。要素をメタデータフィールドとして追加する場合は、そのキーを指定します。キーはメタデータのフィールドとして追加され、それに対して、計算された情報がログに記録されます。

例えば、健康保険会社がフォームを公開するとします。このフォームのフィールドで、エンドユーザーの年齢を取得します。顧客は、複数のユーザーがフォームを送信した後、特定の年齢範囲内のすべての送信を確認したいと考えています。 しかしそのままでは相応の手間がかかります。なぜならフォームの数が増加するほどデータは複雑化するからです。メタデータを追加すると、手間を軽減することができます。検索が最も簡単になるように、エンドユーザーが入力したプロパティやデータを最上位レベルに保存するように、フォーム作成者が設定できます。 追加のメタデータは、作成者が設定したとおりに、メタデータノードの最上位レベルに保存される、ユーザーが入力した情報です。

別の例として、メール ID と電話番号を取得するフォームを考えてみましょう。ユーザーがフォームに匿名でアクセスしてからフォームを破棄した場合、メール ID と電話番号が自動保存されるようにフォームを設定できます。このフォームは自動保存され、電話番号とメール ID はドラフトのメタデータノードに保存されます。この設定のユースケースとして、リード管理ダッシュボードがあります。

メタデータへのフォーム要素の追加

フォーム要素をメタデータに追加するには、次の手順を実行します。

  1. アダプティブフォームを編集モードで開きます。
    フォームを編集モードで開くには、フォームマネージャーでフォームを選択し、「 開く.

  2. 編集モードで、コンポーネントを選択し、「 」を選択します。 フィールドレベル > アダプティブフォームコンテナ​を選択し、 cmppr.

  3. サイドバーで、「メタデータ」をクリックします。

  4. 「メタデータ」セクションで、「追加」をクリックします。

  5. 「メタデータ」タブの「値」フィールドを使用して、スクリプトを追加します。追加したスクリプトは、フォーム上の要素からデータを収集し、メタデータに入力される値を計算します。

    例えば、入力された年齢が 21 才以上の場合はメタデータに true を記録し、21 才未満の場合は false を記録します。「メタデータ」タブで次のスクリプトを入力します。

    (agebox.value >= 21) ? true : false

    メタデータスクリプト

    「メタデータ」タブで入力されたスクリプト

  6. OK」をクリックします。

メタデータフィールドとして選択された要素にユーザーがデータを入力すると、計算された情報がメタデータに記録されます。メタデータは、メタデータを保存するように設定したリポジトリーで表示できます。

フォーム送信メタデータの表示:

上記の例では、メタデータは CRX リポジトリーに保存されます。メタデータは次のようになります。

メタデータ

メタデータにチェックボックス要素を追加すると、選択された値がコンマで区切られた文字列として保存されます。例えば、フォームにチェックボックスコンポーネントを追加し、その名前を checkbox1 として指定します。チェックボックスコンポーネントのプロパティで、値 0、1、および 2 に対して、運転免許、社会保障番号、パスポートの各項目を追加します。

チェックボックスに入力された複数の値の保存

アダプティブフォームコンテナを選択し、フォームのプロパティで cb1 を保存するメタデータキー checkbox1.value を追加して、フォームを発行します。顧客はフォームへの記入時に、チェックボックスフィールドで「パスポート」オプションと「社会保障番号」オプションを選択します。値 1 と 2 が送信メタデータの cb1 フィールドに「1, 2」として保存されます。

チェックボックスフィールドで選択された複数の値のメタデータへの入力

メモ

上記の例は学習目的のみで紹介しています。メタデータの検索は、AEM Forms 実装で設定した適切な場所で行ってください。

このページ