Adobe Sign の AEM Forms との統合

最終更新日: 2023-12-21

アダプティブフォームの新規作成または AEM Sites ページへのアダプティブフォームの追加には、最新の拡張可能なデータキャプチャコアコンポーネントを使用することをお勧めします。これらのコンポーネントは、アダプティブフォームの作成における大幅な進歩を表し、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現します。この記事では、基盤コンポーネントを使用してアダプティブフォームを作成する古い方法について説明します。

バージョン 記事リンク
AEM as a Cloud Service ここをクリックしてください
AEM 6.5 この記事

Adobe Sign により、アダプティブフォームの電子サインワークフローを有効にできます。電子サインを使用すると、法務、販売、給与、人事管理など、様々な分野におけるドキュメント処理ワークフローが改善されます。

Adobe Acrobat Sign とアダプティブフォームの一般的なシナリオでは、ユーザーがアダプティブフォームに入力してサービスを申し込みます。例えば、クレジットカードの申込フォームや住民サービスフォームなどです。ユーザーが申込フォームの入力、送信、署名を行うと、追加のアクションのためにサービスプロバイダーにそのフォームが送信されます。サービスプロバイダーは受信した申込フォームを確認し、Adobe Acrobat Sign を使用して申請を承認します。AEM Forms は、Adobe Acrobat Sign および Adobe Acrobat Sign Solutions for Government の両方をサポートしています。ライセンスと要件に応じて、次のいずれかのソリューションと AEM Forms を統合または接続できます。

AEM Forms と Adobe Acrobat Sign の接続

AEM FormsAdobe Acrobat Sign を接続するには、前提条件の節に一覧表示されているソフトウェアとアカウントを設定し、Adobe Sign をすべての AEM Forms オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスに接続します。

前提条件

Adobe Sign を AEM Forms に統合するには、以下のものが必要になります。

AEM Forms を使用して Adobe Sign を設定する

上記の前提条件の準備が完了したら、以下の手順により、オーサーインスタンス上の AEM Forms を使用して Adobe Sign を設定します。

  1. AEM Forms のオーサーインスタンスで、ツール ハンマー一般設定ブラウザー​に移動します。

  2. 次の日: 設定ブラウザー ページ、選択 作成.

  3. Adobe Analytics の 設定を作成 ダイアログ、指定する タイトル 設定の場合は、を有効にします。 クラウド設定​をクリックし、次を選択します。 作成. 設定コンテナが作成されます。

  4. ツール ハンマーCloud ServicesAdobe Sign に移動し、上記の手順で作成した設定コンテナを選択します。

    メモ

    手順 1~4 を実行して、設定コンテナを作成し、 Adobe Sign コンテナ内の設定、または既存の global フォルダー内 ツール ハンマー > Cloud Service > Adobe Sign. 新しい設定コンテナで設定を作成する場合、必ず 設定コンテナ フィールドに値を入力する必要があります。

    メモ

    Cloud Services 設定ページの URL が HTTPS で始まっていることを確認してください。「HTTPS」で始まっていない場合は、AEM Forms サーバーで SSL を有効にしてください。

  5. 設定ページで「作成」をタップして、AEM Forms 内に Adobe Sign の設定を作成します。

  6. Adobe Sign 設定を作成​ページの「一般」タブで、設定の​名前​を指定して「次へ」をタップします。必要に応じてタイトルを指定し、設定のサムネールを参照して選択することもできます。

  7. これで、ソリューションを選択​して、Adobe Acrobat Sign を選択できます。

    Adobe Acrobat Sign Solutions

  8. 現在のブラウザーウィンドウの URL をメモ帳にコピーし、パーツ/ui#/aem を URL から取得します。 この修正した URL は、後の手順で Adobe Acrobat Sign アプリケーションと AEM Forms を設定する際に必要です。「次へ」をタップします。

  9. Adobe Analytics の 設定 タブ、

    • OAuth URL フィールドには、Adobe Signデータベースシャードを含むデフォルトの URL が含まれます。 URL の形式は次の通りです。

      https://<shard>/public/oauth/v2

      例:
      https://secure.na1.echosign.com/public/oauth/v2

    • トークン URL にアクセス フィールドには、Adobe Signデータベースシャードを含むデフォルトの URL が含まれます。 URL の形式は次の通りです。

      https://<shard>/oauth/v2/token

      例:
      https://api.na1.echosign.com/oauth/v2/token

    各パラメーターの意味は次のとおりです。

    na1 は、デフォルトのデータベースシャードを参照します。データベースシャードの値を更新することができます。​ Adobe Acrobat Sign クラウド設定で、正しいシャードをポイントしていることを確認します。

    メモ
    • Adobe Acrobat Sign 設定を作成​ページを開いたままにします。閉じないでください。 クライアント ID および​クライアント秘密鍵​は、以降の手順で説明するように、Adobe Acrobat Sign アプリケーションの OAuth 設定を行った後に取得できます。
    • Adobe Signアカウントにログインした後、に移動します。 Acrobat Sign API > API 情報 > REST API メソッドのドキュメント > OAuth アクセストークン Adobe Sign OAuth URL およびアクセストークン URL に関連する情報にアクセスする。
  10. 以下の手順に従って、Adobe Sign アプリケーションの OAuth 設定を指定します。

    1. ブラウザーウィンドウを開き、Adobe Sign 開発者アカウントにサインインします。
    2. AEM用に設定されたアプリケーションを選択します。 Formsをクリックし、次を選択します。 アプリケーションの OAuth を設定.
    3. クライアント ID および​クライアント秘密鍵​をメモ帳に追加します。
    4. 上記の手順でコピーした HTTPS URL を「リダイレクト URL」ボックスに追加します。
    5. Adobe Sign アプリケーションに対して以下の OAuth 設定を有効にして、「保存」をクリックします。
    • agreement_read
    • agreement_write
    • agreement_send
    • widget_write
    • workflow_read

    Adobe Sign アプリケーション用に OAuth 設定を構成してキーを取得するための詳しい手順については、開発者用ドキュメントのアプリケーション用に OAuth 設定を構成するを参照してください。

    OAuth 設定

  11. Adobe Sign 設定を作成​ページに戻ります。「設定」タブで、「クライアント ID」(アプリケーション ID とも言われます)と「クライアント秘密鍵」の値を指定します。AEM Forms 用に作成した Adobe Sign アプリケーションのクライアント ID とクライアント秘密鍵を使用します。

  12. 添付ファイルにも Adobe Sign を有効にする」オプションを選択すると、アダプティブフォームに添付されているファイルが、署名用に送信された対応する Adobe Sign ドキュメントに添付されます。

  13. 選択 Adobe Signに接続. 資格情報の入力画面が表示されたら、Adobe Sign アプリケーションの作成時に使用したユーザー名とパスワードを入力します。

    Adobe Acrobat Sign クラウド設定成功

  14. 作成」をタップして、Adobe Sign 設定を作成します。

  15. AEM web コンソールを開きます。URL は https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr です。

  16. Forms 共通設定サービスを開きます。

  17. 許可」フィールドで、「すべてのユーザー - すべてのユーザーに(匿名かログインしているかによらず)添付ファイルのプレビューとフォームの検証と署名を許可」を​選択​して「保存」をクリックします。​オーサーインスタンスが Adobe Sign を使用するように設定されます。

  18. 設定を公開します。

  19. レプリケーションを使用して、対応する公開インスタンスに同一の構成を作成します。

これで Adobe Sign が AEM Forms に統合され、アダプティブフォームで使用できるようになりました。アダプティブフォームで Adobe Sign サービスを使用するには、上記のとおりアダプティブフォームのプロパティで作成した設定コンテナを指定します。

メモ

Adobe Sign Sandbox を設定するには、 Adobe Sign.

AEM Forms と Adobe Acrobat Sign Solutions for Government を接続

AEM Forms と Adobe Acrobat Sign Solutions for Government の接続は、複数の手順で構成されます。以下が含まれます。

  • AEM インスタンスのリダイレクト URL の作成
  • リダイレクト URL とスコープを Adobe Sign Solutions for Government チームと共有
  • Adobe Sign チームからの資格情報の受信
  • 受け取った資格情報を使用して AEM Forms を Adobe Acrobat Sign Solutions for Government と接続

adobe-acrobat-sign-govt-workflow

事前準備

AEM Forms と Adobe Acrobat Sign Solutions の接続を開始する前に、

AEM forms と Adobe Acrobat Sign Solutions for Government の接続

AEM インスタンスのリダイレクト URL の作成

  1. AEM Forms のインスタンスで、ツール ハンマー一般設定ブラウザー​に移動します。

  2. 次の日: 設定ブラウザー ページ、選択 作成.

  3. Adobe Analytics の 設定を作成 ダイアログ、指定する タイトル 設定の場合は、を有効にします。 クラウド設定​をクリックし、次を選択します。 作成. これにより、設定コンテナが作成されます。コンテナ/フォルダー名にスペースが含まれていないことを確認します。

  4. ツール ハンマークラウドサービスAdobe Acrobat Sign に移動し、上記の手順で作成した設定コンテナを開きます。アダプティブフォームを作成する際に、設定コンテナ​フィールドにコンテナ名を指定します。

  5. 設定ページで、「 」を選択します。 作成 を作成します。 Adobe Acrobat Sign AEM Formsでの設定

  6. 現在のブラウザーウィンドウの URL を、URL からメモ帳にコピーします。この URL は、re-direct URL と呼ばれます。次の節では、re-direct URLScopes を Adobe Sign チームと共有し、資格情報(クライアント ID とクライアント秘密鍵)をリクエストします。

メモ
  • re-direct URL には、トップレベルドメインを含める必要があります。例:https://adobe.com/libs/adobesign/cloudservices/adobesign/createcloudconfigwizard/cloudservices.html/conf/global
  • ローカル URL を re-direct URL として使用しないでください。例:https://localhost:4502/libs/adobesign/cloudservices/adobesign/createcloudconfigwizard/cloudservices.html/conf/global

Adobe Sign チームとのリダイレクト URL とスコープの共有および資格情報の受信

Adobe Acrobat Sign for Government Solutions チームは、AEM Forms と Adobe Acrobat Sign Solutions for Government を接続するための資格情報(クライアント ID とクライアント秘密鍵)を生成するために、Adobe Acrobat Sign アプリケーション(下記)で re-direct URL と特定のスコープを有効にする必要があります。

前の節の最後の手順で作成してメモした scopes(下記)と re-direct URL を、Adobe Acrobat Sign Solutions for Government の担当者である Adobe Professional Services チームメンバーと共有します。

スコープ

  • agreement_read
  • agreement_write
  • agreement_send
  • widget_read
  • widget_write
  • workflow_read
  • offline_access

担当者が資格情報を生成し、共有します。次の節では、資格情報(クライアント ID とクライアントの秘密鍵)を使用して、AEM Forms を Adobe Acrobat Sign Solutions for Government に接続します。

受け取った資格情報を使用して、AEM Forms を Adobe Acrobat Sign Solutions for Government に接続する

  1. ブラウザーで re-direct URL を開きます。「AEM インスタンスにリダイレクト URL を作成」セクションの最後の手順で re-direct URL を作成し、書き留めました。

  2. Adobe Analytics の 一般 タブ Adobe Sign設定を作成 ページで、 名前 を選択します。 次へ. 必要に応じて​タイトル​を指定し、設定の​サムネ―ル​を参照して選択することもできます。「次へ」をクリックします。

  3. Adobe Sign 設定を作成​ページの「設定」タブの、「ソリューションを選択」オプションで、Adobe Acrobat Sign Solutions for Government を選択します。

    政府向け Adobe Acrobat Sign ソリューション

  4. Adobe Analytics の 電子メール 「 」フィールドで、Adobe Acrobat Sign Solutions for Government アカウントに関連付けられた電子メールアドレスを指定します。

  5. Adobe Analytics の 設定 タブ、

    • OAuth URL フィールドには、Adobe Signデータベースシャードを含むデフォルトの URL が含まれます。 URL の形式は次の通りです。

      https://<shard>/api/gateway/adobesignauthservice/api/v1/authorize

      例:
      https://secure.na1.adobesign.us/api/gateway/adobesignauthservice/api/v1/authorize

    • トークン URL にアクセス フィールドには、Adobe Signデータベースシャードを含むデフォルトの URL が含まれます。 URL の形式は次の通りです。

      https://<shard>/api/gateway/adobesignauthservice/api/v1/token

      例:
      https://secure.na1.adobesign.us/api/gateway/adobesignauthservice/api/v1/token

    各パラメーターの意味は次のとおりです。

    na1 は、デフォルトのデータベースシャードを参照します。データベースシャードの値を更新することができます。​ Adobe Acrobat Sign クラウド設定で、正しいシャードをポイントしていることを確認します。

    メモ
    • Adobe Signアカウントにログインした後、に移動します。 Acrobat Sign API > API 情報 > REST API メソッドのドキュメント > OAuth アクセストークン Adobe Sign oAuth URL およびアクセストークン URL に関連する情報にアクセスする。
  6. 前の節で、Adobe Acrobat Sign for Government Solution 担当者([Adobe Professional Services チームメンバー])が共有した資格情報を [クライアント ID と​クライアントの秘密鍵] として使用します。

  7. 添付ファイルの Adobe Acrobat Sign を有効にする」オプションを選択すると、アダプティブフォームに添付されているファイルが、署名用に送信された対応する Adobe Acrobat Sign ドキュメントに添付されます。

  8. 選択 Adobe Signに接続. 資格情報の入力画面が表示されたら、Adobe Acrobat Sign アプリケーションの作成時に使用したユーザー名とパスワードを入力します。Adobe Acrobat Sign for Government Solutions へのアクセスを確認するメッセージが表示されたら、「アクセスを許可」をクリックします。資格情報が正しく、AEM Forms が Adobe Acrobat Sign 開発者アカウントにアクセスできるようにした場合は、次のような成功メッセージが表示されます。

    Adobe Acrobat Sign クラウド設定成功

    資格情報の入力画面が表示されたら、Adobe Acrobat Sign アプリケーションの作成時に使用したユーザー名とパスワードを入力します。your account へのアクセスを確認するメッセージが表示されたら、「アクセスを許可」をクリックします。

  9. 選択 作成 をクリックして設定を作成します。

  10. AEM web コンソールを開きます。URL は https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr です。

  11. Forms 共通設定サービスを開きます。

  12. 許可」フィールドで、「すべてのユーザー - すべてのユーザーに(匿名かログインしているかによらず)添付ファイルのプレビューとフォームの検証と署名を許可」を​選択​して「保存」をクリックします。​オーサーインスタンスが Adobe Sign を使用するように設定されます。

  13. 設定を公開します。

  14. レプリケーションを使用して、対応する公開インスタンスに同一の構成を作成します。

これで、アダプティブフォームまたは AEM ワークフローで Adobe Acrobat Sign のフィールドの追加を使用できます。Adobe Acrobat Sign 用に有効化するすべてのアダプティブフォームに、Cloud Service の設定に使用する設定コンテナを追加してください。設定コンテナは、アダプティブフォームのプロパティから指定できます。

Adobe Sign スケジューラーを設定して署名ステータスを同期する

Adobe Sign が有効になっているアダプティブフォームは、すべての署名者がフォームに署名するまで送信されません。Adobe Sign Scheduler サービスは、デフォルトで、署名者からの応答を 24 時間ごとにチェック(ポーリング)するように設定されています。このデフォルトの間隔は、ご利用の環境に合わせて変更できます。デフォルトの間隔を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者の資格情報を使用して AEM Forms サーバーにログインし、ツール操作Web コンソール​に移動します。

    ブラウザーウィンドウで、以下の URL に移動することもできます。
    https://[localhost]:'port'/system/console/configMgr

  2. Adobe Sign 設定サービス」オプションを探して選択します。「ステータス更新スケジューラーの式」フィールドで Cron 式を指定して「保存」をクリックします。例えば、毎日午前 0 時に設定サービスを実行するには、ステータス更新スケジューラー式​フィールドに 0 0 0 1/1 * ? * を指定します。

これで、Adobe Sign のステータスを同期するデフォルトの間隔が変更されました。

このページ