集計の基本事項

Tallyは抽象クラスで、メンバーが特定の製品やサービスをどのように評価するかに関する標準的なフィードバック収集方法を提供します。 匿名フィードバックはサポートされていません。 サイト訪問者は、登録してサインインし、参加してフィードバックを変更する必要があります。 サインインする必要があるとモデレートが容易になり、複数の投稿を防ぎ、フィードバックの価値を高めることができます。

抽象集計クラスを拡張することによってカスタム集計コンポーネントを作成できます。

「いいね!」の設定は、肯定的な意見を単純な形式で表す集計実装です。

投票は、肯定的な意見または否定的な意見を単純な形式で表す集計実装です。

評価は、肯定的な意見から否定的な意見まで幅広い意見を星制度で表す集計実装です。

AEM 6.1以降、pollコンポーネントは使用できなくなります。

レビュー は、 コメントと 評価を組み合わせたSCFコンポーネントです

クライアント側の基本事項

サーバー側の基本事項

投稿された集計(UGC)へのアクセス

UGC は、標準モデレート方法のいずれかを使用してモデレートする必要があります。ユーザー生成コンテンツのモデレートを参照してください。

AEM 6.1 Communities 以降では、UGC の共通ストアを使用する際に、選択されたストレージオプション(ASRP、MSRP、JSRP など)に関係なく、プログラムによって UGC にアクセスする必要があります。

リポジトリ内の UGC の場所と形式は予告なく変更されることがあります

次のページを参照してください。

このページ