SRP による UGC へのアクセス

SRP について

All AEM Communities components and features are built on the social component framework (SCF), which calls the SocialResourceProvider API to access all user generated content (UGC).

Before a community site is created, the storage resource provider (SRP) must be configured to select an implementation consistent with the underlying topology. SRPの実装は、次の3つのストレージオプションに基づいています。

  1. ASRP - Adobe オンデマンドストレージ
  2. MSRP - MongoDB
  3. JSRP - JCR

UGC のストレージについて

What is important to know about storage of UGC is, when a site is configured to use ASRP or MSRP, the actual UGC is not be stored in AEM's node store (JCR).

UGC をコピーして有用なメタデータを提供するノードが JCR 内に存在する場合がありますが、実際の UGC とこれらのノードを混同しないでください。

ストレージリソースプロバイダーの概要を参照してください。

ベストプラクティス

カスタムコンポーネントを開発する際、開発者は、現在どのトポロジを選択しているかに関係なく、将来新しいトポロジに移行する柔軟性を保ちながら、慎重にコーディングする必要があります。

JCR を使用できないことを想定する

JCR に固有のメソッドの使用は避ける必要があります。

使用するメソッドは次のとおりです。

  • Sling API(Sling リソース)

    • JCR ノードがあることを想定しないでください。
  • OSGi イベント

    • JCR イベントがあることを想定しないでください。
  • SocialResourceUtilities

  • SCFUtilities

使用を避けるメソッドは次のとおりです。

  • Node API
  • JCR イベント
  • ワークフローランチャー(JCR イベントを使用する)

検索コレクションを使用する

SRP ごとにネイティブなクエリー言語が異なる場合があります。It is recommended to use methods from the com.adobe.cq.social.ugc.api package to run the appropriate query language.

詳しくは、検索の基本事項を参照してください。

リソース

このページ