イネーブルメントリソースのコンソール

AEM Communities のリソースコンソールは、イネーブルメントマネージャーが、イネーブルメントコミュニティサイトのリソースの作成、管理、メンバーへの割り当てをおこなう場所です。

要件

コミュニティサイトにイネーブルメントリソースを追加する前に、以下のものを含め、AEM インスタンスを適切に設定しておく必要があります。

  • SCORM
  • FFmpeg

詳しくは、有効化の設定を参照してください。

注意

コミュニティサイトの作成後に SCORM をインストールした場合は、SCORM をインストールする前に存在していたイネーブルメントリソースを作成し直す必要があります。

メモ

AEM 6.3と同等のCommunities機能パックAEM 6.2 FP3と[AEM 6.1 FP7](https://docs.adobe.com/content/docs/en/aem/6-1/deploy/communities.html#Latest Feature Pack)のリリースに伴い、有効化機能にMySQLデータベースが必要になくなりました。

用語

Resource

リソースはイネーブルメントコミュニティに欠かせないものです。彼らは、技能を向上させるために会員に割り当てられる資料です。

リソースの特性:

  • 次のタイプの場合があります。
    • 画像(JPG、PNG、GIF、BMP)
    • ビデオ(MP4)
    • Flash(SWF)
    • Document (PDF)
    • クイズ(SCORM)
  • は1つ以上の学習パスから参照できます。

学習パス

学習パスは、メンバーへの割り当てを容易にするために、複数のイネーブルメントリソースを論理的にグループ化したものです。

メンバーグループ

コミュニティサイトの作成時にサイトの URL に指定した名前が、様々な役割にふさわしい権限を持つサイト固有のユーザーグループを作成する際に使用されます。自動的に作成されたグループの先頭にはCommunity <site-name>が付きます。

そのようなユーザーグループの1つがCommunity <site-name> Membersグループで、発行環境に登録されているユーザーをコミュニティのメンバーとして識別します。 例については、チュートリアル有効化のためのAEM Communitiesの使用の手引きを参照してください。

エンゲージメントコミュニティでは、サイト訪問者が自己登録を行うか、ソーシャルログインを使用することを許可すると、その時点でメンバーグループに自動的に追加されます。

イネーブルメントコミュニティの場合は、サイトを非公開にすることを推奨します。非公開のサイトでは、管理者がユーザーをメンバーグループに追加する必要があります。

コミュニティサイトのイネーブルメントリソースへのアクセス

オーサー環境でリソースコンソールに移動するには、

  • グローバルナビゲーションから:ナビゲーション > コミュニティ > リソース

    有効化サイト

コミュニティサイトの選択

コミュニティリソースコンソールには、すべてのコミュニティサイトが表示されます。

リソースコンソールで特定のコミュニティサイトを選択すると、そのサイトに対してイネーブルメントリソースが作成されます。

特定のコミュニティサイトを選択した後は、既存のイネーブルメントリソースや学習パスにアクセスして管理や変更をおこなったり、新しいイネーブルメントリソースや学習パスを作成したりできます。

地域資源

検索

searchsite

イネーブルメントリソースまたは学習パスを検索するには、サイドパネル切り替えアイコンを選択します。選択すると、検索パネルがコンソールの左側に開き、検索用語を入力するためのテキストボックスが表示されます。

search-result

選択モード

複数のイネーブルメントリソースを選択するには、まず 1 つ目のカードにカーソルを合わせてチェックマークアイコンをクリックし、選択状態にします。選択したカードのうち、他のカードを選択すると、そのカードが選択グループに追加されます。 もう一度選択すると、カードの選択が解除されます。

selection-mode

リソースの作成

create-resource

コミュニティサイトに新しいイネーブルメントリソースを追加するには、

  • Createアイコンを選択します。
  • 表示されるサブメニューから、リソース​を選択します。

これにより、次の手順を実行するプロセスが開始されます。

  • リソースの説明(名前、カードの画像、テキスト)。
  • リソースの内容を選択する。
  • リソースの表紙画像を選択しています。
  • リソースの連絡先を識別しています。
  • メンバーへのリソースの割り当て。

リソースがコース(学習パス)に含まれている場合は、メンバーを学習パスに割り当てる必要があります。有効化リソースの作成後に割り当てを追加できます。

1 基本情報

resource-basicinfo

  • 画像を追加

    オプション)メンバーの割り当てページとリソースコンソールに表示される、有効化リソースのカードに表示する画像。 イメージは、サーバーのローカルファイルシステムから選択されます。 画像が指定されない場合、アップロードされたリソースのサムネールが生成されます。

    注意:推奨される画像サイズは、480 x 480ピクセルではありません。カードのレスポンシブデザインがブラウザーの様々なサイズに対応するので、表示サイズは220 X 165ピクセルから400 x 165ピクセルに変わります。

  • サイト名

    (readonly)リソースを追加するコミュニティサイト。

  • リソース名

    必須)リソースの表示名。 有効なノード名が表示名から作成されます。

  • タグ

    オプション)イネーブルメントリソースを1つ以上のカタログに関連付ける1つ以上のタグを選択できます。 実施可能リソースのタグ付けを参照してください。

  • カタログに表示

    オフの場合、有効化リソースはどのカタログにも表示されません。 オンにすると、イネーブルメントリソースがすべてのカタログに表示されます。ただし、事前にフィルタリングされている場合と、メンバーが UI からフィルタリングした場合は除きます。初期設定はオフです。

  • 説明

    オプション)有効化リソースに表示する説明。

  • 小さなアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 カタログ内など、パブリッシュ環境でリソースを表すサムネイル画像です。

  • 大きなアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 リソースのメインページなど、パブリッシュ環境でリソースを表す大きな画像です。

  • コンテンツフラグメントアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 パブリッシュ環境で参照できるコンテンツフラグメント。ただし、初期設定では使用されません。

  • 次へ」を選択します。

2 コンテンツの追加

resource-addcontent

複数のイネーブルメントリソースを選択できるように見えますが、選択できるのは 1 つだけです。

右上隅の'+' iconを選択して、ソースを識別してリソースを選択するプロセスを開始します。

アップロード・リソース

  • ローカルファイルからアップロード

    ローカルファイルシステムからアップロードする場合、ネイティブのファイルブラウザを使用してファイルを選択し、アップロードします。 サポートされるファイルタイプは、SCORM.zip(HTML5またはSWF)、MP4ビデオ、SWF、PDFおよび画像タイプ(JPG、PNG、GIF、BMP)です。 ファイル名がアセットの名前になり、アセットライブラリに追加されます。

  • アセットライブラリを参照

    アセットライブラリから選択します。 選択できるのは、コミュニティサイト内で表示できるものに限られます。

  • 外部 URL を追加

    学習コンテンツへのリンクを入力します。

    表示されたダイアログに以下を入力します。

    • タイトル

      有効化リソースのアセットの名前です。

    • URL

      アセットのURL。

  • Adobe Connect URL を追加

    Adobe Connectセッションへのリンクを入力します。

    表示されたダイアログに以下を入力します。

    • タイトル

      有効化リソースのアセットの名前です。

    • URL

      Adobe Connect セッションの URL です。

  • 外部リソースを定義

    材料を表示する場所を入力します。 成功ステータスとスコアの値は手動で入力します(レポートを参照)。 アップロードされた表紙画像は、追加情報を提供するために使用できます。

    表示されたダイアログに以下を入力します。

    • タイトル

      有効化リソースのアセットの名前です。

    • 場所

      教室などの物理的なサイトの場所。

追加されたビデオリソースの例

add-video

  • リソースのカバー画像

    表紙画像は、有効化リソースが最初に表示されたときに表示される画像です。 例えば、ビデオリソースがまだ再生されていない場合に表紙画像が表示されます。 カスタム画像がアップロードされない場合は、デフォルトの画像が表示されます。 ビデオリソースの場合、サムネールを生成できますが、アップロードされた場合にのみ生成できます。ビデオがURLとして参照される場合には生成されません。 場所のリソースの場合、画像を使用して追加情報を提供できます。

    カバー画像の推奨サイズは640 x 360ピクセルです。

  • 次へ」を選択します。

3 設定

resource-settings

メモ

学習パスで参照されるイネーブルメントリソースに学習者を直接登録することはできません。学習者は学習パスに登録する必要があります。

メンバーがリソースとそのリソースを参照する学習パスの両方に登録されている場合、そのメンバーの割り当てには、単体のリソースと学習パス内のリソースの両方が表示されます。

  • ソーシャルの設定

    これらの設定は、学習者がイネーブルメントリソースに関する入力を提供できるかどうかを制御します。 モデレート設定は、親コミュニティサイトの設定です。

    • コメントを許可

      このオプションを選択すると、メンバーはリソースにコメントを付けることができます。 初期設定はオンです。

    • 評価を許可

      このオプションを選択すると、メンバーはリソースの評価を許可されます。 初期設定はオンです。

    • 匿名アクセスを許可

      このオプションを選択すると、コミュニティサイトで匿名アクセスも許可されている場合、匿名サイト訪問者はカタログ内の表示を許可されます。 初期設定はオフです。

  • 期限

    (オプション) 割り当てを完了する日付を選択できます。

  • リソース作成者

    (オプション) 有効化リソースの作成者。プルダウンメニューを使用して、メンバーグループのメンバーの中から選択します。

  • リソース連絡先(&A);

    (必須) 有効化リソースに関して、会員が連絡を取れる担当者。プルダウンメニューを使用して、メンバーグループのメンバーの中から選択します。

  • リソースエキスパート

    (オプション) 有効化リソースに関する専門知識を持つメンバーが連絡を取れる担当者。プルダウンメニューを使用してメンバーグループのメンバーの中から選択します。

4 割り当て

リソース割り当て

  • 割り当て先を追加

    プルダウン・メニューを使用して、メンバーから選択します。 — 学習者として登録するユーザーとユーザー・グループ(太字で表示)を選択します。 メンバーがコミュニティサイトにサインインすると、登録されているイネーブルメントリソース(および学習パス)が割り当てページに表示されます。

  • 作成」を選択します。

    resourceinfo

イネーブルメントリソースが正常に作成されると、リソースコンソールに戻ります。新しく作成されたリソースが選択状態になっています。このコンソールから、リソースを管理できます。

学習パスの作成

add-learning-path

新しい学習パスをコミュニティサイトに追加するには、

  • Createアイコンを選択します
  • 表示されるサブメニューから、「学習パス」を選択します。

これにより、次の手順を実行するプロセスが開始されます。

  • 学習パスを特定する。
  • 学習者に対して学習パスを表すカード画像を提供する。
  • 学習パスに含めるイネーブルメントリソースの参照。
  • オプションで、リソースを順序付けます。
  • 必要に応じて、前提条件の学習パスを識別します。
  • 学習パスの連絡先の識別。
  • メンバーを登録しています。

学習パスに含まれるイネーブルメントリソースについては、リソースごとではなく、学習パスの単位で割り当てをおこなう必要があります。

基本情報

learningpath-basic

  • 画像を追加

    オプション)メンバーの割り当てページとリソースコンソールの学習パスのカードに表示する画像。 イメージは、サーバーのローカルファイルシステムから選択されます。 画像が指定されない場合、アップロードされたリソースのサムネールが生成されます。

    注意:480 x 480ピクセルではなくなったので、推奨される画像サイズにしてください。カードのレスポンシブデザインがブラウザーの様々なサイズに対応するので、表示サイズは220 X 165ピクセルから400 x 165ピクセルに変わります。

  • サイト名

    読み取り専用)リソースを追加するコミュニティサイト。

  • 学習パス名

    必須)学習パスの表示名。 有効なノード名が表示名から作成されます。

  • タグ

    オプション)1つ以上のタグを選択して、学習パスを1つ以上のカタログに関連付けることができます。 実施可能リソースのタグ付けを参照してください。

  • カタログに表示

    選択しない場合、学習パスはどのカタログにも表示されません。 オンにすると、学習パスがすべてのカタログに表示されます。ただし、事前にフィルタリングされている場合と、メンバーが UI からフィルタリングした場合は除きます。カタログに学習パスを表示すると、そのカタログに含まれるすべてのリソースに対して間接的にREADアクセス権が付与されます。 初期設定はオフです。

  • 説明

    オプション)有効化リソースに表示する説明。

  • 小さなアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 カタログ内など、パブリッシュ環境でリソースを表すサムネイル画像です。

  • 大きなアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 リソースのメインページなど、パブリッシュ環境でリソースを表す大きな画像です。

  • コンテンツフラグメントアセット

    オプション)AEM Assetsから選択。 パブリッシュ環境で参照できるコンテンツフラグメント。ただし、初期設定では使用されません。

  • 次へ」を選択します。

前提条件を追加

学習パスの前提条件

  • 前提条件の学習パス

    オプション)公開された他の学習パスを選択した場合、学習者がこの学習パスを選択する前に、パスを完了する必要があります。

  • 次へ」を選択します。

リソースを追加

learningpath-addresource

  • 学習パスの順序を適用

    オプション)「オン」に設定した場合、イネーブルメントリソースが追加される順序は、学習者が学習パスを進むために必要な順序です。 初期設定はオフです。

  • リソース

    現在のコミュニティサイト用に作成された​発行済み​イネーブルメントリソースの中から1つ以上のリソースが選択されました。

メモ

学習パスと同じレベルのリソースのみを選択できます。例えば、グループ内に作成された学習パスには、グループレベルのリソースのみを使用できます。コミュニティサイト内に作成された学習パスには、そのサイト内のリソースを追加できます。

  • 次へ」を選択します。

設定

learnpath-settings1

  • 登録を追加

    プルダウンメニューを使用して、コミュニティサイトのメンバーグループのメンバーであるメンバーおよびメンバーグループ(太字で表示)から選択します。 学習パスを最初に作成する際に、割り当てを追加する必要はありません。 学習パスのプロパティを変更して、後で学習者を追加できます。

  • 学習パス(連絡先);

    (必須) 学習パスに関して会員が連絡を取れる人。プルダウンメニューを使用して、コミュニティサイトのメンバーグループのメンバーの中から選択します。

  • 作成」を選択します。

メモ

学習パスにより参照されているイネーブルメントリソースに、同じ割り当て先(学習者)を登録する必要はありません(該当する場合)。

メンバーがイネーブルメントリソースとそのリソースを参照する学習パスの両方に登録されている場合、そのメンバーの割り当てには、単体のリソースと学習パス内のリソースの両方が表示されます。

リソースの管理

単一の有効化リソースを管理するには:

  • リソース​コンソールから、リソースを含むコミュニティサイトを選択します。
  • リソースを選択します。

選択したイネーブルメントリソースに対し、以下を実行できます。

  • プロパティの表示(デフォルト)
  • プロパティの編集
  • 削除
  • 公開
  • 非公開

新しいバージョンのイネーブルメントリソースをアップロードする際は、新しいリソースを作成したうえで、古いバージョンのリソースからメンバーを登録解除して新しいバージョンのリソースに登録することを推奨します。

リソースの編集

編集リソース

鉛筆アイコンを選択すると、イネーブルメントリソースを作成したときと同じ手順が表示されるので、ここで設定を変更できます。

「設定」の手順の割り当て先だけを変更する場合は、変更して保存すると、変更が公開されます。その他の変更が行われた場合は、保存後にリソースを明示的に発行する必要があります。

リソースの削除

delete-resource

ごみ箱アイコンを選択すると、有効化リソースは確認後Deletedになります。

公開

publish-resource

学習者が割り当てられたイネーブルメントリソースを確認できるようにするには、以下の手順でリソースを公開する必要があります。

  • Publishにワールドアイコンを選択します。
  • ポップアップ表示されるダイアログで、「公開」を再度選択します。
  • 閉じる」を選択します。

ダイアログに「アクションは待機中です」と表示されても、通常はすぐに公開されます。

非公開

非公開

イネーブルメントリソースを削除せずに一時的にパブリッシュ環境のメンバーにアクセス不能にするには、ワールドアイコンを使用してリソースをUnpublishします。

レポート

リソースレポート

「レポート」アイコンを選択すると、学習者がパブリッシュ環境で割り当てられたイネーブルメントリソースに接したときに生成されるレポートにアクセスできます。レポートはリソースの種類によって異なります。

すべての学習パスについて、リソースまたは学習者(User Report)に基づいてレポートを表示できます。

learningpath-info

このレポートは、現在のイネーブルメントリソースまたは学習パスに関するものです。提供されるレポートの深さは、Adobe Analyticsがコミュニティサイトに対してライセンスされ、有効になっているかどうかによって異なります。 タイムラインビューアのアクションデバイスによるアクションの各レポートは、ポーリング間隔に基づいて、Adobe Analyticsからインポートされます。

どのイネーブルメントリソースでも、Adobe Analytics が有効かどうかに関係なく、担当者ステータスおよび評価に関するレポートと、レポートサマリテーブルを利用できます。

リソースレポート

タイムライン

Analytics のタイムラインレポートには、このイネーブルメントリソースで以下のイベントが発生した時刻が表示されます。

  • 表示

    表示は、学習者がリソースの詳細ページを訪問したときに発生します。

  • 再生

    再生とは、ビデオの再生やPDFの開き方など、すべての学習者がリソースを操作する場合です。

  • Ratings

    評価は、学習者がリソースに星評価を割り当てたときです。

  • コメント

    コメントは、alLearnerがコメントを追加したときです。

縦軸はイベント数です。

横軸はカレンダー時間です。

Adobe Analytics が必要です。

Viewer Engagement

Analytics のビューアエンゲージメントレポート(ビデオリソース用)には、リソースを表示した学習者の数が表示されます。また、学習者が最後まで再生しなかった場合は、再生をやめた時点が表示されます。

縦軸はこのリソースを表示した学習者の数です。

横軸はこのリソースの期間です。

Marketing Cloud 組織 ID が必要です。

デバイス別のアクション

Analytics のデバイス別のアクションレポート(ビデオリソース用)には、デスクトップとモバイルから再生された閲覧数の割合が表示されます。

Marketing Cloud 組織 ID が必要です。

担当者ステータス

担当者ステータスレポートには、以下の分類に該当する学習者の数が表示されます。

  • 未開始
  • 処理中
  • 完了

評価

評価レポートには、イネーブルメントリソースを評価した学習者の数が表示されます。それぞれの星評価の数に加え、評価の合計数と平均評価の概要が表示されます。

レポートサマリ

有効化リソースの場合、「レポートサマリ」は表です。

  • リソースに対して何らかの操作を行った各学習者
    • 彼らの地位
    • リソースが割り当てられたかどうか
      • カタログ内でリソースを見つけるのとは対照的に
      • 投稿されたコメント数
      • 与えられた評価(ある場合)

学習パスのリソースレポートの場合、レポートサマリには以下の内容が表示されます。

  • 学習パスに含まれる各リソース
    • 公開ステータス
    • 表示数
    • 再生回数
    • 平均評価
    • 形式
    • サイズ
    • コミュニティサイト名

学習パスのユーザーレポートの場合、レポートサマリは表になります。

  • 学習パスに割り当てられている各学習者:
    • 完了したリソースの数。
    • 彼らの地位。

Show / hide columnsセレクターを使用して列を選択することで、テーブルの表示を調整できます。

CSV 形式でのレポートのダウンロード

コンソール上部のボタンを使用して、「レポートの概要」テーブルを CSV 形式でダウンロードできます。

  • 有効化リソースの場合:Download Resource Report as CSVボタン。
  • 学習パスの場合:Download Learning Path Report as CSVボタン。

一部の列だけを表示するよう選択している場合でも、「レポートの概要」テーブルのすべての列がダウンロードされます。

このページ