コミュニティグループコンソール

コミュニティサイトのテンプレート構造グループ機能が含まれている場合、グループコンソールからコミュニティグループの作成にアクセスできます。

  • AEM Communitiesは、他のグループ内のグループのネストをサポートします。 グループのネストは、新しいグループ🔗の構造にグループ機能が含まれている場合に可能です。
  • オーサー環境の場合のみ、サイト作成ウィザードと同様のグループ作成ウィザードがあります。
  • メンバーがパブリッシュ環境でグループを作成できるかどうかは、コミュニティサイト構造またはコミュニティグループ構造にグループ機能を追加する際に設定できます。

含まれる3つのグループテンプレートのうち、Reference Groupテンプレートのみがその構造にグループ機能を含みます。

コミュニティグループの様々な側面を次に示します。

  • 作成:新しいグループは、オーサーインスタンス上でもオプションでパブリッシュインスタンス上でも作成できます。
  • コントロール:グループは、開くか秘密にすることができます。
  • ネスト:グループには、0個以上のグループを含めることができます。
メモ

このグループコンソールは、コミュニティサイトコンソールからのみアクセスでき、メンバーグループを管理するメンバーグループコンソールと混同しないでください。

メンバーグループは、パブリッシュ環境に登録されたユーザーグループであり、トンネルサービスを使用してオーサー環境からアクセスします。

グループ作成

グループコンソールにアクセスするには:

  • オーサー環境で、管理者権限でログインします。

  • グローバルナビゲーションから:コミュニティ > サイト

  • 既存のコミュニティサイトフォルダを選択して開きます。

  • フォルダー内のコミュニティサイトのインスタンスを選択します。

    • コミュニティサイトの構造には、グループ機能を含める必要があります。
    • これらのスクリーンショットは、パブリッシュでグループを作成した後のスタートガイドのチュートリアルです。

    create-group

  • グループフォルダー​を選択して、開きます。

    開いたら、オーサーまたはパブリッシュで作成されたすべての既存のグループが表示されます。

    このグループコンソールから、新しいグループを作成できます。

    create-new-group

  • グループを作成」ボタンを選択します。

手順 1:コミュニティグループテンプレート

多言語コミュニティグループ

  • コミュニティグループのタイトル

    グループの表示タイトル。
    タイトルは、グループのパブリッシュされたサイトに表示されます。

  • コミュニティグループの説明

    グループの説明です。

  • コミュニティグループのルート

    グループのルートパス。
    デフォルトのルートは親サイトですが、ルートはWebサイト内の任意の場所に移動できます。 変更することはお勧めしません。

  • その他の利用可能なコミュニティグループの言語 メニュー

    ドロップダウンを使用して、使用可能なコミュニティグループの言語を選択します。 このメニューには、親コミュニティサイトを作成できる言語がすべて表示されます。この中から言語を選択することで、1 回の手順で複数のロケールにグループを作成できます。指定した複数の言語で、それぞれのコミュニティサイトのグループコンソールに同じグループが作成されます。

  • コミュニティグループ名

    URLに表示されるグループのルートページの名前。

    • グループの作成後は簡単に変更できないので、名前を再確認します。

    • ベースURLはCommunity Group Nameの下に表示されます。

    • 有効なURLに「.html」を追加する

      例:https://localhost:4502/content/sites/mysight/en/mygroup.html

  • コミュニティグループテンプレ ートメニュー

    ドロップダウンを使用して、使用可能なコミュニティグループテンプレートを選択します。

手順 2:デザイン

コミュニティグループのテーマ

communitygrouptheme

このフレームワークでは、レスポンシブで柔軟なサイトデザインを実現できるよう、Twitter Bootstrap を使用しています。プリロードされた多数のBootstrapテーマの1つを選択して、選択したコミュニティグループテンプレートのスタイルを設定するか、Bootstrapテーマをアップロードできます。

選択すると、テーマは不透明な青色のチェックマークでオーバーレイされます。

親サイトのテーマとは異なるテーマを選択することもできます。

コミュニティサイトがパブリッシュされた後、プロパティを編集して、別のテーマを選択できます。

コミュニティグループブランディング

community-group-branding

コミュニティサイトブランディングとは、各ページ上部にヘッダーとして表示される画像のことです。他のサイトページとは異なるグループのバナーを表示できます。

画像の幅は、予想されるブラウザー内でのページの表示に合わせます。画像の高さは 120 ピクセルにします。

画像を選択するときは、次の点に注意してください。

  • 画像の高さは、画像の上端から120ピクセルに切り抜かれます

  • 画像はブラウザーウィンドウの左端に固定されます

  • 画像の幅が以下の場合、画像のサイズは変更されません。

    • ブラウザーの幅より小さい場合、画像は水平方向に繰り返されます。
    • ブラウザーの幅より大きい場合、画像は切り抜かれたように見えます。

手順 3:設定

モデレート

コミュニティグループメンバーの役割の選択

コミュニティグループのモデレーター

デフォルトで、親コミュニティサイトのモデレーターリストが継承されます。

グループに固有のモデレーターを追加できます。 (パブリッシュ環境から)メンバーを検索し、モデレーターとして追加する

グループ管理者

デフォルトでは、親コミュニティサイト管理者もグループの管理者です。

ただし、独立したグループ管理者を割り当てることは可能です。 グループ管理者は、グループを管理し(G1など)、G1の下にネストされたサブグループを作成できます。 さらに、サブグループに異なる管理者を割り当てることができます。

したがって、ユーザU1は、グループG1の管理者であり、ネストされたグループG2の正規ユーザである。

メンバーシップ

メンバーシップ設定によって、コミュニティグループをセキュリティ保護する 3 つの方法のうち 1 つを選択できます。

community-group-membership

  • オプションのメンバーシップ

    選択した場合、コミュニティグループはパブリックグループになります。 サイトメンバーは、グループに明示的に参加することなく、グループに参加したり投稿したりできます。 デフォルトで選択されています。

  • 必要なメンバーシップ

    選択した場合、コミュニティグループはオープングループになります。 コミュニティサイトのメンバーは、グループのコンテンツを表示できますが、コンテンツを投稿するにはグループに参加する必要があります。 メンバーは、パブリッシュ環境でJoinボタンを選択して参加します。 初期設定では選択されていません。

  • 制限されたメンバーシップ

    選択した場合、コミュニティグループは秘密グループになります。 コミュニティメンバーは明示的に招待する必要があります。 招待されたメンバーが検索ボックスに入力されます。 メンバーは、後でメンバーコンソールとグループコンソールをオーサー環境で追加できます。 初期設定では選択されていません。

サムネイル

community-group-thumbnail

サムネイルは、オーサーおよびパブリッシュのグループに対して表示される画像です。

グループ画像の最適なサイズは、サポートされている画像形式(JPG や PNG など)の 170 x 90 ピクセルです。

画像を追加しない場合は、デフォルトの画像が表示されます。

thumbnail-image

手順 4:グループの作成

community-create-group

調整が必要な場合は、「戻る」ボタンを使用して調整します。

​を作成」を選択して起動すると、グループの作成プロセスを中断できません。

処理が完了すると、新しいサブコミュニティサイト(グループ)のカードがコミュニティサイトグループコンソールに表示されます。このコンソールから、作成者がページコンテンツを追加したり、管理者がサイトのプロパティを変更したりできます。

コミュニティグループの作成

メモ

それぞれのコミュニティサイトのコミュニティグループコンソールに、手順 1:コミュニティグループテンプレートの「追加の使用可能なコミュニティグループの言語」で指定したすべての言語でグループが作成されます。

オーサーグループコンテンツ

open-site

グループのページコンテンツは、他のAEMページと同じツールを使用してオーサリングできます。 グループをオーサリング用に開くには、グループカードの上にマウスポインターを置くと表示される「サイトを開く」アイコンを選択します。

グループのプロパティの変更

コミュニティグループの作成プロセスで指定された既存のサブコミュニティサイトのプロパティは、グループカードの上にマウスポインターを置くと表示される「サイトを編集」アイコンを選択して変更できます。

サイトを編集

以下のプロパティの詳細は、グループ作成で説明した内容と同じです。ネストされたグループは、パブリッシュ環境で作成した場合でもオーサー環境で作成した場合でも、変更できます。

community-group-basic

基本事項の変更

基本パネルでは、次のものを変更できます。

  • コミュニティグループのタイトル
  • コミュニティグループの説明

コミュニティグループ名は変更できません。

別のコミュニティグループテンプレートを選択しても、テンプレートとサイトの間に関係は残っていないので、既存のコミュニティグループサイトに影響が及ぶことはありません。

その一方で、サブコミュニティの構造は変更できます。

構造の変更

構造パネルでは、オーサー環境またはパブリッシュ環境でサブコミュニティを作成するときに選択したコミュニティグループテンプレートから最初に作成した構造を変更できます。パネルから、次のことが可能です。

  • 追加のコミュニティ機能をサイト構造にドラッグ&ドロップします。

  • サイト構造内のコミュニティ機能のインスタンスで、次の操作を実行します。

    • Gear icon
      表示タイトル、URL、権限を持つメンバーグループなどの設 定を編集します

    • Trashcan icon
      サイト構造から関数を削除(削除)します。

    • Grid icon
      サイトのトップレベルナビゲーションバーに表示される機能の順序を変更します。

注意

表示タイトルは副作用なく変更できますが、コミュニティサイトに属するコミュニティ機能のURL名を編集することはお勧めしません。

例えば、URL の名前を変更しても、既存の UGC は移動されません。そのため、UGC が「失われる」ことになります。

注意

グループ関数は、**​を​の最初の関数にし、サイト構造内で唯一の​関数にしないでください。

他の機能(ページ機能など)を含め、その機能を 1 番目にリストする必要があります。

例:サブコミュニティ(グループ)構造へのカレンダー機能の追加

community-group-add-calendar

デザインの変更

デザインパネルでは、次のものを変更できます。

設定の変更

設定パネルでは、コミュニティのモデレーターを追加できます。

メンバーシップの変更

メンバーシップパネルは情報提供のみを目的としています。設定されたグループメンバーシップの種類は、オプション、必須、制限のいずれでも変更できません。

サムネイルの変更

サムネイルパネルでは、コミュニティグループを表す画像をアップロードできます。この画像は、パブリッシュ環境でサイト訪問者に表示され、オーサー環境のコミュニティサイトのグループコンソールにも表示されます。

グループの公開

publish-site

コミュニティグループを新しく作成または変更した後、Publish Siteアイコンを選択して、グループを公開(アクティブ化)できます。

グループが正常に公開されると、メッセージが表示されます。

グループ公開済み

注意

親コミュニティサイトおよび親グループが既に公開されている必要があります。

コミュニティサイトおよびネストされたグループは、階層の上から下の順に公開される必要があります。

グループの削除

削除アイコン

コミュニティグループコンソール内のグループを削除するには、グループを削除アイコンを選択します。このアイコンは、グループにマウスポインターを置くと表示されます。

グループを削除すると、グループに関連付けられているアイテムはすべて削除されます。例えば、グループのコンテンツはすべて永久に削除され、ユーザーメンバーシップはシステムから削除されます。

このページ