イネーブルメント機能の設定

概要

イネーブルメント機能では、イネーブルメントコミュニティを作成できます。

  • この機能を実稼動環境で使用するには、追加のライセンスが必要です。

イネーブルメント機能を使用するには、次の必要があります。

以下をインストールします。

  • SCORM

    Sharable Content Object Reference Model(SCORM)とは、e ラーニングの標準規格および仕様です。コンテンツを転送可能な ZIP ファイルにパッケージ化する方法も定義しています。

  • MySQL

    MySQL は、主に、イネーブルメントリソースの SCORM 追跡データおよびレポートデータや、ビデオの再生状況の追跡用テーブルを格納するために使用されるリレーショナルデータベースです。イネーブルメント機能パックで SCORM を使用するには、MySQL JDBC ドライバが必要です。

  • FFmpeg

    FFmpeg はオーディオとビデオの変換およびストリーミングのためのソリューションです。インストールすると、ビデオアセットの適切なトランスコーディングに使用できます。イネーブルメントコミュニティでは、オーサー環境で、アップロードしたリソースのメタデータを取得したり、リソースの一覧に表示するサムネイルを生成するときに FFmpeg を使用します。

以下をセットアップします。

  • コミュニティマネージャー

    イネーブルメントコミュニティの場合、Community Enablement ManagersユーザーグループのメンバーのみがCommunity Site Enablement Managerの役割を割り当てることができます。この役割には、パブリッシュ環境でのコンテンツの作成、割り当て、メンバー管理の権限が含まれます。

オプションで以下を設定します。

  • Adobe Analytics

    Adobe Analytics と統合することで、包括的なレポート機能が追加され、また Analytics に Video Heartbeat を追加できます。

  • Dispatcher

設定手順

イネーブルコミュニティに必要な手順を以下に示します。

各手順は、必要な詳細が記されたドキュメントにリンクしています。

すべてのオーサー/パブリッシュインスタンスで、次の手順を実行します。

  1. MySQL用のJDBCドライバーのインストール

    Webコンソール(バンドル)を使用します。http://localhost:4502/system/console/bundles

    SCORMパッケージをインストールする​前に​をインストールします。

  2. SCORMパッケージのインストール

    パッケージマネージャーを使用:http://localhost:4502/crx/packmgr/

任意のサーバーで、次の手順を実行します。

  1. MySQL、MySQL Workbenchのインストール

  2. MySQLデータベースのインストール

    オーサーインスタンスからダウンロードしたSQLスクリプトの実行

    MySQL Workbenchの使用

オーサーインスタンスをホストしている同じサーバーで、次の手順を実行します。

  1. FFmpeg のインストール

すべてのオーサー/パブリッシュインスタンスで、次の手順を実行します。

  1. JDBC接続プールの設定

    Webコンソール(configMgr)を使用:http://localhost:4502/system/console/configMgr

  2. SCORMエンジンサービスの設定

    Webコンソール(configMgr)を使用:http://localhost:4502/system/console/configMgr

  3. CSRFフィルターの設定

    Webコンソール(configMgr)を使用:http://localhost:4502/system/console/configMgr

オーサーインスタンスで、次の手順を実行します。

  1. オプションAnalyticsサービスの設定

    ツール/デプロイメント/Cloud Servicesコンソールを使用します。http://localhost:4502/etc/cloudservices/sitecatalyst.html

  2. FFmpegの設定

    ワークフロー/モデルコンソールの使用

  3. トンネルサービスの有効化

    Webコンソール(configMgr)を使用:http://localhost:4502/system/console/configMgr

  4. コミュニティ管理者の作成

    オーサー環境では、クラシックUIセキュリティコンソールを使用します。http://localhost:4502/useradmin

    パス= /home/users/communityを持つユーザーの作成

    • 次のグループにメンバーを追加します:

      • コミュニティイネーブルメントマネージャー
      • コミュニティ管理者

Dispatcher

デプロイメントにAEM Dispatcherが含まれている場合、イネーブルメント機能を正しく動作させるには、clientheaderセクションとfilterセクションを変更する必要があります。 コミュニティのための Dispatcher の設定を参照してください。

このページ