電子メールの設定

AEM Communities では次の用途のために電子メールを使用します。:

電子メール機能には SMTP サーバーと SMTP ユーザーの指定が必要なので、この機能はデフォルトでは使用できません。

注意

通知および購読用の電子メールは、プライマリパブリッシャーにのみ設定する必要があります。

デフォルトの電子メールサービス設定

デフォルトの電子メールサービスは、通知と購読の両方に必要です。

これは、電子メール通知の設定のドキュメントに基づいていますが、フィールド"From" addressは必須ではなく​**​のままにしておく必要がある点が異なります。

例(入力されている値は例としてのみ使用されています):

email-config

  • SMTPサーバーのホスト名

    (必須) 使用するSMTPサーバー。

  • SMTPサーバーポート

    (必須) SMTPサーバーポートは25以上にする必要があります。

  • SMTPユーザー

    (必須) SMTPユーザー。

  • SMTPパスワード

    (必須) SMTPユーザーのパスワード。

  • 「差出人」アドレス

    空のままにする

  • SMTP use SSL

    オンにすると、はセキュリティで保護されたEメールを送信します。 ポートが465に設定されているか、SMTPサーバーの必要に応じて設定されていることを確認します。

  • Eメールのデバッグ

    オンにすると、SMTPサーバー操作のログが有効になります。

AEM Communities の電子メール設定

デフォルトのメールサービスを設定すると、リリースに含まれるAEM Communities Email Reply Configuration OSGi設定の2つの既存のインスタンスが機能します。

電子メールによる返信を許可する際、購読用のインスタンスはさらに設定をおこなう必要があります。

  1. 🔗 Eメールインスタンス:

    通知の場合は、返信Eメールをサポートせず、変更しないでください。

  2. Subscriptions- emailinstance:

    返信電子メールからの投稿の作成を完全に有効にするには、設定が必要です。

Communities の電子メール設定インスタンスに接続するには:

email-reply-config

通知用の設定

AEM Communities Email Reply Configuration OSGi設定の「名前」電子メールのインスタンスは通知機能です。 この機能には、電子メールの返信は含まれません。

この設定は変更しないでください。

  • AEM Communities Email Reply Configurationを探します。

  • 編集アイコンを選択します。

  • 名前​がemailであることを確認します。

  • Create post from reply email​がuncheckedであることを確認します。

configure-email-reply

購読用の設定

コミュニティ購読の場合、メンバーが電子メールに返信することによりコンテンツを投稿する機能を有効にしたり無効にしたりできます。

  • AEM Communities Email Reply Configurationを探します。

  • 編集アイコンを選択します。

  • 名前​がsubscriptions-emailであることを確認します。

    configure-email-subscription

  • Name

    (必須) subscriptions-email. 編集しない。

  • 返信メールから投稿を作成

    オンにすると、購読Eメールの受信者は返信を送信してコンテンツを投稿できます。 初期設定はオンです。

  • ヘッダーへの追跡IDの追加

    デフォルトは Reply-To です。

  • 件名の最大長

    トラッカーIDが件名行に追加される場合、これは件名の最大長です(トラッキングされるIDを除く)。この長さを超えると、件名はトリミングされます。 トラッカー ID 情報が失われないように、可能な限り小さい値を設定する必要があります。初期設定は 200 です。

  • 「返信先」の電子メールアドレス

    「返信先」の電子メールアドレスとして使用されるアドレス。 デフォルトは no-reply@example.com です。

  • Reply-to-Delimiter

    トラッカーIDが返信先ヘッダーに追加された場合は、この区切り文字が使用されます。 初期設定は+(プラス記号)です。

  • 件名内のトラッカーIDプレフィックス

    トラッカーIDが件名行に追加される場合は、このプレフィックスが使用されます。 デフォルトは post# です。

  • メッセージ本文のトラッカーIDプレフィックス

    トラッカーIDがメッセージ本文に追加される場合は、このプレフィックスが使用されます。 デフォルトは Please do not remove this: です。

  • HTMLで電子メールを送信:オンにすると、Eメールのコンテンツタイプがに設定されま "text/html;charset=utf-8"す。初期設定はオンです。

  • デフォルトのユーザー名

    この名前は、名前を持つユーザーには使用されません。 デフォルトは no-reply@example.com です。

  • テンプレートのルートパス

    このルートパスに保存されているテンプレートを使用して電子メールが作成されます. デフォルトは /etc/community/templates/subscriptions-email です。

ポーリングインポーターの設定

電子メールがリポジトリに取り込まれるように、ポーリングインポーターを設定し、そのプロパティをリポジトリで手動で設定する必要があります。

新しいポーリングインポーターの追加

  • 管理者権限を持つプライマリパブリッシャーにログインし、ポーリングインポーターコンソールを参照します。

    例: http://localhost:4503/etc/importers/polling.html

  • 追加​を選択します。

    polling-importer

  • (必須) プルダウンして選択しま POP3 (over SSL)す。

  • URL

    (必須) 送信メールサーバー。(例:pop.gmail.com:995/INBOX?username=community-emailgmail.com&password=**​**)。

  • パスに読み込み*

    (必須) フォルダーを参 /content/usergenerated/mailFolder/postEmails
    照して「 postEmailsOK」を選択し、に設 定します

  • 更新間隔 (単位:秒)

    (オプション) デフォルトのメールサービス用に設定されたメールサーバーには、更新間隔の値に関する要件がある場合があります。例えば、Gmail では間隔を 300 にする必要がある場合があります。

  • ログイン

    (オプション)

  • パスワード

    (オプション)

  • OK」を選択します。

新しいポーリングインポーターのプロトコルの調整

新しいポーリング設定を保存したら、プロトコルをPOP3からemailreplyに変更するために、購読Eメールインポーターのプロパティをさらに変更する必要があります。

CRXDE Lite を使用して、次の手順を実行します。

  • 管理者権限を持つプライマリパブリッシャーにログインし、https://<server>:<port>/crx/de/index.jsp#/etc/importers/pollingを参照します。

  • 新しく作成した設定を選択し、次のプロパティを変更します。

    • feedType:次で置 pop3semailreply
    • ソース:ソースのプロトコルをに置き換 pop3s:// える emailreply://

polling-protocol

赤い三角は、変更したプロパティを示します。変更内容を保存してください。

  • すべて保存」を選択します。

このページ