製品データと関連するAEMコンテンツの強化

マーケターが Adobe Experience Manager の関連コンテンツを使用して製品データをエンリッチメントする方法について説明します。アセット、エクスペリエンスフラグメント、AEM内のコンテンツフラグメントなどのコンテンツを、コマース製品に関連付けることができます。 関連付けを行ったら、これらのコンテンツタイプを製品ページやカテゴリページ内のプレースホルダーに動的に挿入できます。これにより、画像やビデオなどの追加コンテンツを含んだ特定の製品ページのターゲットをマーケターが設定できる様々な可能性が開かれます。

デジタルアセット

デジタルアセットは、1 つ以上の製品 SKU に関連付けることができます。 関連付けると、SKU に基づくキーワード検索でデジタルアセットを検出できます。 また、関連製品を含むページを編集する際に、アセットが関連コンテンツとして自動的に表示されるので、次のデジタルエクスペリエンスをより簡単に作成できます

エクスペリエンスフラグメント

エクスペリエンスフラグメントは、Adobe Experience Managerの機能で、マーケターが 非構造化 再利用可能なコンテンツ。 エクスペリエンスフラグメントは、製品 SKU またはカタログ ID に関連付けることができます。 関連付けると、ページに表示される製品に基づいて、関連するフラグメントを簡単に見つけることができます。 エクスペリエンスフラグメントは、プレースホルダーと関連付けを使用して、製品カタログページに動的に含めることもできます。

コンテンツフラグメント

コンテンツフラグメントは、Adobe Experience Managerの機能で、マーケターが作成できます 構造化 再利用可能なコンテンツ。 コンテンツフラグメントは、製品 SKU またはカタログ ID に関連付けることができます。 関連付けると、ページに表示される製品に基づいて、関連するフラグメントを簡単に見つけることができます。 また、プレースホルダーと関連付けを使用して、コンテンツフラグメントを製品カタログページに動的に含めることもできます。

また、特定の製品セットやカテゴリセットに合わせてテンプレート全体をカスタマイズすることもできます。詳しくは、複数のカテゴリページと製品ページの作成を参照してください。

このページ