コマース統合フレームワークを使用したAEMとサードパーティのコマース統合

非Adobeコマースソリューションの統合は、CIFの一般的なシナリオです。 様々なAPIやスキーマを持つサードパーティソリューションは、統合レイヤーを介して接続できます。

アーキテクチャ

全体的なアーキテクチャは次のとおりです。

AEM非Magento/サードパーティアーキテクチャの概要

この統合レイヤーの目的は、サードパーティのAPIとスキーマを、サポートされるAdobeコマースGraphQL APIとExperience Manager外のスキーマにマッピングすることです。 このカプセル化により、統合のロジックとシステムを、Experience Manager内のコードを変更することなく更新できます。

統合のソリューション要件

Experience Managerがデータをオンデマンドで取得するので、製品カタログのリアルタイムAPIが必要です。

ヒント

リアルタイムAPIが使用できない場合は、APIを使用した外部製品キャッシュを統合に使用する必要があります。 例:Magentoオープンソース

完全なGraphQLスキーマを実装する必要はありません。必要なユースケースを有効にするには、スキーマのオブジェクトだけを実装します。

バックエンドの使用例

CIFは、製品カタログへのリアルタイムアクセスおよびExperience Managerエクスペリエンス管理ツールを使用して製品を拡張します。 このシームレスな統合により、作成者は、必要に応じて、コンテンツのコンテキストを離れることなく、埋め込みUIを使用してコマースデータにアクセスできます。

これらのユースケースのロックを解除するには、製品カタログAPIの統合が必要です。

フロントエンドの使用例

AEM CIFコアコンポーネ ントは、CIFでサポートされているAdobeコマースAPIを使用してデータを取得し、交換します。コンポーネントを再利用するには、それぞれのAPIを実装する必要があります。

パフォーマンスに関する重要なクライアント側コンポーネントの推奨事項は、遅延を避けるために、サードパーティのソリューションと直接通信することです。

統合の開発

統合レイヤーにはAdobe I/O Runtimeを使用することをお勧めします。 サードパーティのCIFアドオンに含まれます。 マイクロサービスに似たアプローチと連携するので、簡単に複数のソリューションを統合するのに適しています。

参照実装は、コマースソリューションへの統合を構築するための出発点として最適です。 GraphQLをサポートしていますが、RESTなどの他のタイプのAPIと統合することもできます。

この統合レイヤーは、サードパーティのレイヤー(Mulesoftなど)が使用可能な場合や、統合がサードパーティのソリューションの上に構築される場合には必要ありません。

このページ