e コマースの概要

AEM の汎用 e コマースは、標準インストールの一部として提供され、e コマースフレームワークのすべての機能を含みます。

アドビでは、2 つのバージョンの Commerce 統合フレームワークを提供しています。

CIF オンプレミス CIF クラウド
サポートされている AEM バージョン AEM オンプレミスまたは AMS 6.x AEM AMS 6.4 および 6.5
バックエンド - AEM, Java
— モノリシック統合、ビルド前のマッピング(テンプレート)
- JCRリポジトリ
-Magento
- JavaとJavaScript
- JCRリポジトリにコマースデータが保存されていません。
フロントエンド AEM サーバー側によってページをレンダリング 混在型ページアプリケーション(ハイブリッドレンダリング)
製品カタログ — 製品インポーター、エディター、AEMでのキャッシュ
- AEMまたはプロキシページを含む通常のカタログ
— 製品のインポートなし
— 汎用テンプレート
— コネクタ経由のオンデマンドデータ
スケーラビリティ — 数百万個までの製品をサポート可能(使用事例によって異なります)
— ディスパッチャーでのキャッシュ
— ボリュームに制限がない
— ディスパッチャーまたはCDNのキャッシュ
標準化されたデータモデル いいえ あり。Magento GraphQL スキーマ
入手方法 はい:
- SAPCommerce Cloud(AEM 6.4とHybris 5 (デフォルト)をサポートするように更新)、Hybris 4
- SalesforceCommerce Cloud(AEM 6.4をサポートするようにオープンソースのコネクタ)との互換性を維持
あり。GitHub 経由のオープンソース。
Magento Commerce(Magento 2.3.2(デフォルト)をサポート、Magento 2.3.1 と互換性あり)
用途 限定的な使用例:小さい静的なカタログの読み込みが必要な場合 ほとんどの使用例で好ましいソリューション

その他の実装のデプロイ

AEMとMagentoについては、Commerce Integration Frameworkを使用したAEMとMagentoの統合🔗を参照してください。

メモ

e コマースの実装の概念および管理について詳しくは、e コマースの管理を参照してください。

eコマース機能の拡張について詳しくは、eコマースの開発を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now