Commerce Integration Framework(CIF)アドオンの主な変更点

このドキュメントでは、主にCIF Classic(クイックスタート)とCIFオープンソースと呼ばれる、Commerce Integration Framework(CIF)アドオンと古いCIFバージョンの重要な違いについて説明します。

インストールと更新

AEM CIFアドオンパッケージがインストールされ、AEM Package Managerで更新されます。

以前のCIFバージョン

  • CIF Classic:インストールは不要で、CIFはクイックスタートの一部でした。 CIFの更新は、通常のAEMまたはサービスパックの更新に含まれていました
  • CIFオープンソース:GitHubを使用したインストール。 更新は、手動更新/メンテナンス作業の一部でした。

エンドポイントの設定

エンドポイントはOSGiコンソールを介して設定されます。

以前のCIFバージョン

  • CIF Classic:AEMのOSGi設定を使用
  • CIFオープンソース:CIF設定ブラウザーを使用

CIF Veniaプロジェクトのデプロイメント

プロジェクトはGitHub AEMガイド — CIF Veniaプロジェクトで入手でき、AEMパッケージマネージャーを介してデプロイされます。

以前のCIFバージョン

  • CIF Classic:AEMパッケージのインストールを使用

製品カタログデータ

製品カタログデータは、必要なGraphQL APIをサポートする外部エンドポイントへのリアルタイム呼び出しを通じて、オンデマンドでリクエストされます。 これらのAPIは、任意の日付でのライブデータまたはステージングデータへのアクセスをサポートします。 レプリケーションは不要。

以前のCIFバージョン

  • CIF Classic:ライブおよびステージングされた製品データは、完全または差分の製品読み込みを通じてAEMオーサー上のJCRに読み込まれ、保持されます。 ライブ製品データがAEMパブリッシュにレプリケートされます。

AEMレンダリングを使用した製品カタログエクスペリエンス

AEMは、製品やカテゴリに割り当てられたAEMカタログテンプレートを使用して、製品カタログのエクスペリエンスをその場でレンダリングします。 レプリケーションは不要。

以前のCIFバージョン

  • CIF Classic:AEMオーサーは、カタログのブループリントツールを使用して、各カテゴリ/製品のAEMページを作成します。 これらのページはAEMパブリッシュにレプリケートされます。
メモ

AEM Managed ServiceまたはAEM On-PremiseでのCIFの使用方法に関する追加ドキュメントについては、Commerce Integration Frameworkを参照してください。

このページ