ページ編集時のキーボードショートカット

AEM 全体で様々なキーボードショートカットを利用できます。キーボードショートカットは、ページの編集時や、コンソールの使用に適用されます。

メモ

次の表では、ショートカット​列のキーの組み合わせに対して、CtrlキーとCommandキーの両方がmacOSで機能します。

メモ

デスクトップデバイスでの複数選択:

  • Windows:Ctrl キーを押しながら必要なコンポーネントをクリックします。
  • Mac:Cmd キーを押しながら必要なコンポーネントをクリックします。

キーボードショートカットの編集

場所 ショートカット 説明
編集モード Ctrl-z 最後におこなった変更操作を取り消す.
Ctrl-y 最後におこなった変更操作をやり直す.
Shift-Click 複数の段落を選択する.
Ctrl-Click 複数の段落を選択する.
Ctrl-C 選択した段落をコピーします。
Ctrl-X 選択した段落をカットします。
注意:
カットされた段落は、新しい位置に貼り付けられるまでは非表示になります。
Ctrl-V クリップボードから段落を貼り付けます。
Alt-Ctrl-V 参照として貼り付けます。
Super-Del (fn-delete) 選択した段落を削除します。
Cmd-Backspace 選択した段落を削除します。
Alt-right-click デフォルト(ブラウザー)のコンテキストメニューを強制的に表示します。
注意:AEM のコンテキストメニューはクラシック UI にのみ表示されます。
Ctrl-Alt-c ClientContext を表示します。
リッチテキストエディター
Ctrl-B
太字
Ctrl-I
斜体
Ctrl-U
下線
コンテンツファインダー - 検索ボックス down-arrow 候補リストをトリガーします。入力された文字数が少なく、リストが自動的にトリガーされない場合に必要です(自動的なトリガーは、2 文字以上入力したときに実行されます)。
right-arrow
(候補のパスに対して)
項目を選択し、選択したパスの候補をトリガーします。
left-arrow
(候補のパスに対して)
項目を選択し、その祖先(親の兄弟など)の候補をトリガーします。
Enter
(候補のパスに対して)
項目を選択し、検索をトリガーします。
Esc 候補レイヤーを閉じます。
コンテンツファインダー
Alt+drag

アセットをドラッグして宛先にドロップします。

ドロップアクションによって、宛先のアセットが置き換わるのではなく、新しい段落が生成されます。

コンソールの使用時には、デスクトップユーザー向けの様々なキーボードショートカットも利用できます。

開発用のキーボードショートカット

ページエディターの使用時には、デスクトップ開発者向けの追加のキーボードショートカットを利用できます。

場所 ショートカット 説明
編集モード URLに次のサフィックスを設定します。
?debugClientLibs=true
次を使用します。
Ctrl-Shift-U
ページ読み込みのタイミングの統計を確認します。

このページ