Dynamic Media を操作する

Dynamic Media は、マーチャンダイジングおよびマーケティング用のリッチなビジュアルアセットをオンデマンドで配信するもので、これらのアセットは、Web、モバイルおよびソーシャルサイトでの利用に合わせて自動的に拡大縮小されます。Dynamic Media は、一連のプライマリソースアセットを使用し、パフォーマンスが最適化されスケーラビリティに優れたグローバルネットワーク経由で、複数のリッチコンテンツのバリエーションをリアルタイムで生成および配信します。

Dynamic Media は、ズーム、360 度スピン、ビデオなどのインタラクティブな視聴エクスペリエンスを提供します。Dynamic Media は Adobe Experience Manager デジタルアセット管理(AEM Assets)ソリューションのワークフローを独自に取り込むことで、デジタルキャンペーン管理プロセスを簡素化および効率化します。

クラシック UI では Dynamic Media を操作できません。タッチ操作向け UI について説明している Dynamic Media の操作を参照してください。

メモ

Dynamic Media を使用している場合は、自動アップロードを同時に行うことはできません。Dynamic Media Classic を Adobe Experience Manager に統合している場合は、自動アップロードを実行できます。詳しくは、Dynamic Media を有効にするを参照してください。Dynamic Media はデフォルトでは無効になっています。

このページ