ページ分析データの表示

ページ分析データを使用すると、ページコンテンツの効果を測定できます。

コンソールに表示できる分析結果

spad-01

ページ分析データはサイトコンソールのリスト表示に表示されます。ページがリスト形式で表示されているとき、デフォルトでは次の列が表示されます。

  • ページ表示
  • 個別訪問者数
  • ページ滞在時間

各列には現在のレポート期間の値が表示され、前回のレポート期間と比較して値が増加したか減少したかも示されます。表示されるデータは 12 時間ごとに更新されます。

メモ

更新期間を変更するには、読み込み間隔を設定します。

  1. Sites コンソールを開きます(例:https://localhost:4502/sites.html/content)。

  2. ツールバーの右端(右上隅)で、アイコンをクリックまたはタップして、「リスト表示」(表示されるアイコンは、現在の表示によって異なる)を選択します。

  3. もう一度、ツールバーの右端(右上隅)で、アイコンをクリックまたはタップして、「設定を表示」を選択します。列を構成​ダイアログが開きます。必要な変更を加えて、「更新」で確定します。

    spad-02

レポート期間の選択

サイトコンソールに表示される分析データのレポート期間を次の中から選択します。

  • 過去 30 日間のデータ
  • 過去 90 日間のデータ
  • 今年のデータ

現在のレポート期間が Sites コンソールのツールバー(上部のツールバーの右側)に表示されます。ドロップダウンを使用して、必要なレポート期間を選択します。

aa-05

利用できるデータ列の設定

analytics-administrators ユーザーグループのメンバーは、作成者が追加の分析列を確認できるようにサイトコンソールを設定できます。

メモ

ページのツリーに異なる Adobe Analytics のクラウド設定に関連付けられている子ページがある場合は、そのページで利用できるデータ列を設定できません。

  1. リストビューで、ビューセレクター(ツールバーの右側)を使用し、「表示設定」、「カスタム Analytics データを追加」の順に選択します。

    spad-03

  2. Sites コンソールで作成者に表示する指標を選択し、「追加」をクリックします。

    表示される列は Adobe Analytics から取得されます。

    aa-16

Sites からコンテンツインサイトを開く

Sites コンソールから「コンテンツインサイト」を開き、ページの効果をさらに分析できます。

  1. サイトコンソールで、コンテンツインサイトを表示するページを選択します。

  2. ツールバーで、分析と推奨表示アイコンをクリックします。

ページエディターに表示できる分析結果(Activity Map)

注意

Adobe Analytics API 内のセキュリティの変更により、AEM に含まれているバージョンの Activity Map は使用できなくなりました。

Adobe Analytics で提供される ActivityMap プラグインを今すぐ使用する必要があります。

このページ