コンポーネント

Adobe Experience Manager(AEM)には、すぐに使用できる様々なコンポーネントが付随しており、Web サイト作成者は包括的な機能を使用できます。これらの機能は、ページの編集時に使用でき、フィルタリングのために主な機能領域(コンポーネントグループと呼ばれます)でグループ化されています。

コンポーネントは、ページの編集時に使用できます。フィルター処理のために、コンポーネントは主要な機能領域(コンポーネントグループ)によってグループ化されます。

メモ

ここでは、標準の AEM インストールでそのまま使用できるコンポーネントについてのみ説明します。

インスタンスによっては、要件に合わせて明示的に開発されたカスタマイズコンポーネントが存在する場合があります。これらは、ここで説明するいくつかのコンポーネントと同じ名前の場合があります。

一般的な使用方法

コンポーネントは、ページの編集時にページエディターのサイドパネルの「コンポーネント」タブで使用できます。

コンポーネントを選択してページ上の必要な場所にドラッグできます。その後、次の機能を使用して編集できます。

ページへのコンポーネントの追加について詳しくは、ページのコンテンツの編集を参照してください。コンポーネントは、コンポーネントグループと呼ばれる様々なカテゴリに従って並べ替えられます。このようなコンポーネントグループの例を次に示します。

  • We.RetailWe.Retail 参照実装で使用するためにプロキシ設定されコアコンポーネントが含まれています。

  • We.Retail コマース:カートや商品グリッドなどのコマースコンポーネントが含まれています。

  • 一般:レイアウトコンテナやエクスペリエンスフラグメントが含まれています。

全コンポーネントの概要

コンポーネントコンソールでは、AEM のインストールから提供されるコンポーネントグループとコンポーネントの概要を確認できます。個々のコンポーネントとその使用方法に関する主な情報を確認できます。

コンポーネント - 主な領域

次のページには、コンポーネントに関する重要な追加情報へのリンクが記載されています。

  • コアコンポーネント - コアコンポーネントは柔軟かつ機能豊富なオーサリング機能を提供します。ページを作成するうえで不可欠なコンテンツタイプが用意されています。

  • コミュニティ - コンポーネントには、Web サイトのインタラクティブな機能(フォーラムやコメントなど)が用意されています。これらのコンポーネントの多くは、コミュニティサイトが作成されたときに含まれます。

  • eコマース - AEMのeコマース機能には、様々なコンポーネントも含まれています。実際の使用方法は、使用するコマースエンジンによって異なります。

コンポーネントの設定

作成者が標準インストールからアクセスできるコンポーネントに加えて、他の様々なコンポーネントも使用できます。

  • ページが最新の編集可能な推奨テンプレートに基づいている場合は、テンプレートを編集して、コンポーネントを有効/無効にしたり、特定のコンポーネントのパラメーターを編集したりできます。
  • ページが静的テンプレートに基づいている場合は、デザインモードを使用して、コンポーネントを有効/無効にしたり、特定のコンポーネントのパラメーターを編集したりできます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now