Adobe Experience Managerでの3Dアセットのプレビュー

Adobe Experience Manager では、オーサリングプロセスの一環として、3D アセットのアップロード、配信、インタラクティブプレビューをサポートしています。

Experience Manager のアセットの詳細ページから、インタラクティブ 3D ビューアを使用できます。このビューアには、3D アセットをオービット、ズームおよびパンできるインタラクティブなカメラコントロールのコレクションが含まれます。

Experience Manager でサポートされる 3D プレビューの形式

インタラクティブ 3D プレビューでは、次のファイル形式をサポートしています。

3D ファイル拡張子 ファイル形式 MIME タイプ 備考
GLB バイナリ GL 伝送 model/gltf-binary
GLTF GL 伝送形式 model/gltf+json 下記の​備考​を参照。
OBJ WaveFront 3D オブジェクトファイル application/x-tgif
STL ステレオリソグラフィ application/vnd.ms-pki.stl
DN Adobe Dimension model/x-adobe-dn 取り込みのみサポート。プレビューは使用できません。
USDZ 汎用シーン記述 Zip アーカイブ model/vnd.usdz+zip 取り込みのみサポート。プレビューは使用できません。
メモ

gLTF モデルのプレビューでマテリアルがレンダリングされない場合は、次のように、マテリアルに適切に名前を付け、モデルと同じルートフォルダー内の textures フォルダーにマテリアルを格納してください。

Asset(フォルダー)
model.gltf
model.bin
textures(フォルダー)
material_0_baseColor.jpeg
material_0_normal.jpeg

Experience Manager で 3D アセットをプレビューする際のパフォーマンスに関する考慮事項

アセットの詳細表示ページで 3D アセットを開くときにかかる時間は、帯域幅、画像の複雑さ、サーバーの待ち時間など、いくつかの要因によって異なります。

さらに、カメラをインタラクティブに操作する際に、ワークステーション、ノート型コンピューター、モバイルタッチデバイスなどのクライアントコンピューターの性能を考慮することも重要です。グラフィック性能に優れ、ある程度パワフルなシステムなら、インタラクティブな 3D 表示をよりスムーズで満足なものにすることができます。

Experience Manager で 3D アセットをプレビューするには:

  1. 3D アセットが Experience Manager にアップロードされていることを確認します。3Dプレビューでサポートされる形式およびアセットのアップロードを参照してください。

  2. Experience Managerの​ナビゲーション​ページで、アセット/ファイル​を選択します。

    ナビゲーションページ

  3. ページの右上隅付近にある「表示」ドロップダウンリストで「カード表示」を選択し、プレビューする3Dアセットに移動します。

    3D カードの選択
    カード表示で、プレビューする3Dアセットのカードを選択します。

  4. 3Dアセットのカードを選択します。

    インタラクティブ 3D プレビュー
    アセット詳細表示ページでの 3D アセットのインタラクティブプレビュー

  5. 3D アセットのアセット詳細表示ページで、次のいずれかの操作を行います。

    表示 説明 マウス操作 タッチスクリーン操作
    カメラを回転 3D シーンとオブジェクトの周囲でビューを周回させます。 左クリックしながらドラッグします。 1 本指で押しながらドラッグします。
    カメラをパン ビューを左、右、上、下にパンします。 右クリックしながらドラッグします。 2 本指で押しながらドラッグします。
    カメラをズーム 3D シーンの領域の内外に移動します。 ホイールをスクロールします。 2 本指でピンチします。
    カメラを中心に戻す カメラを中心の位置に戻し、3D シーンのオブジェクトに合わせます。 ダブルクリックします。 ダブルタップします。
    リセット ページの右下隅付近にあるリセットアイコンを選択して、視野のターゲットポイントを3Dアセットの中心に戻します。 リセットを使用しても、アセット全体を表示したり、適切な表示サイズで表示するために、カメラを近づけたり遠ざけたりできます。
    全画面表示モード 全画面表示モードに入るには、ページの右下隅にある全画面表示アイコンを選択します。
  6. 作業が完了したら、ページの右上隅付近にある「閉じる」を選択します。

このページ