デジタルアセットの処理

Adobe Experience Manager Assets では、様々な方法でデジタルアセットを操作し、堅牢なアセット処理を行うことができます。デフォルトまたはカスタマイズされた処理方法を使用して、デジタルアセットに関するエンドツーエンドのビジネスプロセスの完結、監査とコンプライアンス、検出と配布、基本的な健全性を確保できます。必要なスケーラビリティを確保したりカスタマイズを実装しながら、アセット管理タスクを実行できます。

ワークフローについて

アセットを処理する際に、Experience Manager はワークフローを使用します。ワークフローは、ビジネスロジックやアクティビティを自動化するのに役立ちます。特定のタスクを実行するための詳細な手順はデフォルトで提供されており、開発者は独自のカスタム手順を作成できます。 これらの手順を論理的な順序で組み合わせて、ワークフローを作成できます。例えば、ワークフローを使用すると、アップロード先のフォルダーや画像の解像度などといった特定の条件に基づいて、アップロードされた画像に透かしを適用したりすることができます。ワークフローの例をさらに挙げれば、透かしの設定に加え、メタデータの追加、レンディションの作成、インテリジェントタグの追加を行い、データストアに公開するワークフローがあります。

Experience Manager で使用できるデフォルトのワークフロー

デフォルトでは、アップロードされたすべてのアセットは、DAM アセットの更新ワークフローを使用して処理されます。ワークフローは、アップロードされたアセットごとに実行され、レンディションの生成、メタデータの書き戻し、ページの抽出、メディアの抽出、トランスコードなど、基本的なアセット管理タスクを実行します。

デフォルトで使用可能な様々なワークフローモデルを確認するには、Experience Manager で​ツール/ワークフロー/モデル​の順にクリックして内容を参照してください。

デフォルトのワークフローの一例

図:Experience Manager で使用できるデフォルトのワークフローの一例

アセットを処理するためのワークフローの適用

ワークフローをデジタルアセットに適用する方法は、web サイトページに適用する場合と同様です。ワークフローの作成と使用について詳しくは、ワークフローの開始を参照してください。

デジタルアセットでワークフローを使用して、アセットのアクティベートや透かしの作成などをおこないます。アセットのワークフローの多くは自動的にオンになります。例えば、画像の編集後にレンディションを自動的に作成するワークフローは、自動的にオンになります。

メモ

アクティベーションのリクエストやアクティベーション解除のリクエストなど、クラシック UI で使用可能なワークフローがタッチ操作対応 UI で使用できない場合は、タッチ UI でワークフローモデルを使用可能にするを参照してください。

アセットへのワークフローの適用

ワークフローをアセットに適用するには、次の手順に従います。

  1. ワークフローを開始するアセットの場所に移動し、アセットをクリックしてアセットのページを開きます。メニューから「タイムライン」を選択し、タイムラインを表示します。

    timeline-1

  2. 下部にある「アクション」をクリックして、アセットで使用可能なアクションのリストを開きます。

  3. リストの「ワークフローを開始」をクリックします。

  4. ワークフローを開始​ダイアログで、リストからワークフローモデルを選択します。

  5. (オプション)ワークフローのインスタンスを参照するために使用できるワークフローのタイトルを指定します。

    ワークフローを選択しタイトルを入力して「開始」をクリックする

  6. 開始」をクリックしてから「続行」をクリックします。ワークフローの各ステップは、タイムラインにイベントとして表示されます。

    chlimage_1-256

複数のアセットへのワークフローの適用

  1. Assets コンソールから、ワークフローを開始するアセットの場所へ移動して、アセットを選択します。メニューから「タイムライン」を選択し、タイムラインを表示します。

    screen_shot_2019-03-06at123325pm

  2. 下部にある「アクション」(山形記号)をクリックします。

  3. ワークフローを開始」をクリックします。ワークフローを開始​ダイアログで、リストからワークフローモデルを選択します。

    ワークフローを開始

  4. (オプション)ワークフローインスタンスを参照するために使用するワークフローのタイトルを指定します。

  5. ダイアログで「開始」をクリックし、次に「確認」をクリックします。選択したすべてのアセットでワークフローが実行されます。

複数フォルダーへのワークフローの適用

ワークフローを複数のフォルダーに適用する手順は、複数のアセットに適用する手順と似ています。Assets インターフェイスでフォルダーを選択し、複数のアセットへのワークフローの適用の手順 2 から 7 までを実行します。

コレクションへのワークフローの適用

コレクションへのワークフローの適用を参照してください。

アセットを条件付きで処理するワークフローの自動開始

管理者は、事前に定義された条件に基づいてアセットを自動的に実行および処理するようにワークフローを設定できます。 この機能は、事業部門のユーザーやマーケティング担当者が特定のフォルダーにカスタムワークフローを作成する場合などに役立ちます。 具体的には、代理店の撮影したすべてのアセットに透かしを入れたり、フリーランサーがアップロードしたすべてのアセットに特定のレンディションを作成するよう処理したりできます。

ワークフローモデルの場合、ユーザーはワークフローを実行するワークフローランチャーを作成できます。 ワークフローランチャーは、コンテンツリポジトリの変更を監視し、事前に定義された条件が満たされた場合にワークフローを実行します。 管理者は、マーケティング担当者に対してワークフローの作成とランチャーの設定のためのアクセス権を提供できます。 ユーザーはデフォルトの DAM アセットの更新ワークフローを変更して、特定のアセットの処理に必要な追加の手順を追加できます。 ワークフローは、新しくアップロードされたすべてのアセットで実行されます。 特定のアセットに対する追加の手順の実行を制限するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • DAM アセットの更新ワークフローのコピーを作成し、特定のフォルダー階層で実行するように変更します。 この方法は、数個のフォルダーがある場合に役立ちます。
  • 追加の処理手順は、必要な数のフォルダーに条件付きで適用できるように OR 分岐を使用して追加できます。

ベストプラクティスと制限事項

  • ワークフローを設計する際には、あらゆる種類のレンディションに対するニーズを考慮します。レンディションが今後必要になることが予測されない場合は、ワークフローからレンディションの作成ステップを削除します。以後、レンディションは一括削除できません。Experience Manager を長時間使用した後、不要なレンディションで大量のストレージ領域が占有される場合があります。個々のアセットについては、ユーザーインターフェイスからレンディションを手動で削除できます。複数のアセットについては、特定のレンディションを削除するように Experience Manager をカスタマイズすることもできますし、アセットを削除して再びアップロードすることもできます。
  • デフォルトでは、DAM アセットの更新ワークフローに、サムネールと web レンディションを作成する手順が含まれています。 ワークフローからデフォルトのレンディションが削除されると、Assets のユーザーインターフェイスが適切にレンダリングされません。

このページ