フォルダーへの翻訳クラウドサービスの適用

Adobe Experience Manager 任意の翻訳プロバイダーからクラウドベースの翻訳サービスを利用して、必要に応じてアセットが翻訳されていることを確認できます。

翻訳クラウドサービスをアセットフォルダーに直接適用できるので、翻訳ワークフローの間もずっとアセットを利用できます。

翻訳サービスの適用

翻訳クラウドサービスをアセットフォルダーに直接適用すると、翻訳ワークフローの作成または変更時に翻訳サービスを設定する必要がなくなります。

  1. Assetsユーザーインターフェイスから、翻訳サービスを適用するフォルダーを選択します。

  2. ツールバーで、プロパティ​をクリックして​フォルダーのプロパティ​ページを表示します。

    chlimage_1-215

  3. クラウドサービス」タブに移動します。

  4. 「クラウドサービスの設定」リストから目的の翻訳プロバイダーを選択します。例えば、Microsoft の翻訳サービスを利用する場合は、「Microsoft Translator」を選択します。

    chlimage_1-216

  5. 翻訳プロバイダーのコネクタを選択します。

    chlimage_1-217

  6. ツールバーで[保存]をクリックし、[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。翻訳サービスがフォルダに適用されます。

カスタム翻訳コネクタの適用

翻訳ワークフローで使用する翻訳サービスにカスタムコネクタを適用する場合、カスタムコネクタを適用するには、まずパッケージマネージャーからコネクタをインストールします。次に、クラウドサービスコンソールからコネクタを設定します。コネクタを設定すると、翻訳サービスの適用で説明されている「クラウドサービス」タブのコネクタのリストに表示されるようになります。カスタムコネクタを適用し、翻訳ワークフローを実行すると、翻訳プロジェクトの「翻訳の概要」タイルの「プロバイダー」と「メソッド」という見出しの下にコネクタの詳細が表示されます。

  1. パッケージマネージャーからコネクタをインストールします。

  2. Experience Managerロゴをクリックし、ツール/導入/Cloud Services​に移動します。

  3. インストールしたコネクタを​クラウドサービス​ページの「サードパーティのサービス」の下で探します。

    chlimage_1-218

  4. 今すぐ設定」リンクをクリックして、設定を作成​ダイアログを開きます。

    chlimage_1-219

  5. コネクタのタイトルと名前を指定し、作成​をクリックします。 翻訳サービスの適用のステップ 5 で説明されている「クラウドサービス」タブのコネクタリストにカスタムコネクタが表示されます。

  6. カスタムコネクタを適用したら、翻訳プロジェクトの作成で説明されている翻訳ワークフローを実行します。プロジェクト​コンソールで、翻訳プロジェクトの「翻訳の概要」タイルに表示されているコネクタの詳細を確認します。

    chlimage_1-220

このページ