関連アセット

Adobe Experience Manager Assets 関連アセット機能を使用して、組織のニーズに基づいて手動でアセットを関連付けることができます。例えば、ライセンスファイルを、類似のトピックのアセットまたは画像/ビデオに関連付けることができます。特定の共通属性を共有するアセットを関連付けることができます。この機能を使用して、アセット間にソース/派生関係を作成することもできます。例えば、INDD ファイルから生成した PDF ファイルがある場合、その PDF ファイルをソースの INDD ファイルに関連付けることができます。

この機能を使用すると、ベンダーや代理店と低解像度のPDFファイルやJPGファイルを共有し、高解像度のINDDファイルを要求に応じてのみ利用できるように柔軟に指定できます。

メモ

アセットに対する編集権限を持つユーザーのみ、アセットの関連付けと関連付け解除をおこなうことができます。

アセットの関連付け

  1. Experience Managerインターフェイスで、関連付けを行うアセットの​プロパティ​ページを開きます。

    アセットのプロパティページを開き、アセットを関連付けます。

    図: Assets アセットを関連付けるプロパティページ。

    または、リスト表示からアセットを選択します。

    chlimage_1-273

    コレクションからアセットを選択することもできます。

    chlimage_1-274

  2. 別のアセットを選択したアセットに関連付けるには、ツールバーの「関連付け 関連付け 」をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • アセットのソースファイルを関連付けるには、リストから「ソース」を選択します。
    • 派生ファイルを関連付けるには、リストから「派生」を選択します。
    • アセット間に双方向の関係を作成するには、リストから「その他」を選択します。
  4. アセットを選択​画面から、関連付けをおこなうアセットの場所に移動して、選択します。

    chlimage_1-277

  5. 確認」をクリックします。

  6. OK」をクリックしてダイアログを閉じます。 手順 3 で選択した関係に応じて、関連付けられたアセットが「関連」セクションの適切なカテゴリに表示されます。例えば、関連付けたアセットが現在のアセットのソースファイルの場合は、「ソース」に表示されます。

    chlimage_1-278

  7. アセットの関連付けを解除するには、ツールバーの「関連付けを解除 アセットの関連付けを解除 」をクリックします。

  8. 関係を削除​ダイアログで、関連付けを解除するアセットを選択し、「関連付けを解除」をクリックします。

    chlimage_1-280

  9. OK」をクリックしてダイアログを閉じます。 関係を削除したアセットは、「関連」セクションの関連付けられたアセットのリストから削除されます。

関連アセット機能を使用してアセット間にソース/派生関係を作成すると、翻訳ワークフローにも役立ちます。 派生アセットに対して翻訳ワークフローを実行すると、 Experience Manager Assetsはソースファイルが参照するアセットを自動的に取得し、翻訳用に組み込みます。 このようにして、ソースアセットに参照されているアセットが、ソースおよび派生アセットとともに翻訳されます。例えば、以下のように英語のコピーに派生アセットおよびそのソースファイルが含まれている場合を考えてみます。

chlimage_1-281

ソースファイルが別のアセットに関連付けられている場合、Experience Manager Assetsは参照されているアセットを取得し、翻訳用に組み込みます。

アセットのプロパティページに、翻訳に含める関連アセットのソースファイルが表示されます

図:翻訳に含める関連アセットのソースアセット。

  1. 新しい翻訳プロジェクトを作成の手順に従って、ソースフォルダー内のアセットをターゲット言語に翻訳します。例えば、この場合はアセットをフランス語に翻訳します。

  2. プロジェクトページで、翻訳フォルダーを開きます。

  3. プロジェクトタイルをクリックして、詳細ページを開きます。

    chlimage_1-284

  4. 翻訳ジョブカードの下の省略記号をクリックして、翻訳ステータスを表示します。

    chlimage_1-285

  5. アセットを選択し、ツールバーの「アセットで表示」をクリックして、アセットの翻訳ステータスを表示します。

    chlimage_1-286

  6. ソースに関連するアセットが翻訳されたかどうかを確認するには、ソースアセットをクリックします。

  7. ソースに関連付けられているアセットを選択し、「アセットで表示」をクリックします。 翻訳された関連アセットが表示されます。

このページ