翻訳するアセットの準備

多言語アセットとは、複数の言語のバイナリ、メタデータ、タグを含むアセットです。通常、アセットのバイナリ、メタデータ、タグに使用される言語は 1 つですが、多言語プロジェクト用に他の言語へと翻訳されます。

Adobe Experience Manager Assetsでは、多言語アセットがフォルダーに含まれ、各フォルダーには異なる言語のアセットが格納されます。

各言語のフォルダーは言語コピーと呼ばれます。言語コピーのルートフォルダー(言語ルート)が、言語コピー内のコンテンツの言語を識別します。例えば、 /content/dam/it​はイタリア語の言語コピー用のイタリア語言語ルートです。 ソースアセットの翻訳の実行時に適切な言語がターゲットになるように、言語コピーは、正しく設定された言語ルートを使用する必要があります。

最初にアセットを追加した言語コピーが言語プライマリです。言語プライマリは、他の言語に翻訳されるソースです。サンプルフォルダー階層にはいくつかの言語ルートが含まれています。

/content
    /- dam
        |- en
        |- fr
        |- de
        |- es
        |- it
        |- ja
        |- zh

翻訳するアセットを準備するには、次の手順を実行します。

  1. 言語プライマリの言語ルートを作成します。例えば、サンプルフォルダー階層の英語言語コピーの言語ルートは /content/dam/en です。言語ルートの作成の情報に従って言語ルートが正しく設定されていることを確認します。

  2. 言語プライマリにアセットを追加します。

  3. 言語コピーが必要な各ターゲット言語の言語ルートを作成します。

言語ルートの作成

言語ルートを作成するには、フォルダーを作成し、「名前」プロパティの値として ISO 言語コードを使用します。言語ルートを作成したら、言語ルート内の任意のレベルに言語コピーを作成できます。

例えば、サンプル階層のイタリア語言語コピーのルートページの「名前」プロパティは it になります。「名前」プロパティは、リポジトリー内の asset ノードの名前として使用されます。そのため、このプロパティによってアセットのパスが指定されます(https://[aem_server]:[port]/assets.html/content/dam/it/)。

  1. Assetsコンソールで「作成」をクリックし、メニューから「フォルダー」を選択します。

    フォルダーを作成

  2. 名前」フィールドに、国コードを<language-code>の形式で入力します。

    フォルダーへの言語コードの追加

  3. 作成」をクリックします。言語ルートはAssetsコンソールに作成されます。

言語ルートの表示

Experience Manager インターフェイスに ​は、内で作成された言語ルートのリストを表示する参照パネルが用意されて Assetsいます。

  1. Assetsコンソールで、言語コピーを作成する言語プライマリを選択します。

  2. 左側のレールから、「参照」オプションを選択して、参照ウィンドウを開きます。

    chlimage_1-122

  3. 参照パネルで、「言語コピー」をクリックします。 言語コピーパネルに、アセットの言語コピーが表示されます。

    言語コピー

このページ