複合アセットと複数ページアセットの管理

Adobe Experience Manager Assets アップロードしたファイルに、リポジトリ内に既に存在するアセットへの参照が含まれているかどうかを識別できます。 この機能は、サポート対象のファイル形式でのみ使用できます。If the uploaded asset contains any references to Experience Manager assets, a bidirectional link is created between the uploaded and referenced assets.

Besides eliminating redundancy, referencing the assets in Adobe Creative Cloud applications enhances collaboration and increases the efficiency and productivity of users.

Experience Manager Assets は、双方向参照をサポートします。 参照元のアセットは、アップロードされたファイルのアセットの詳細ページで確認できます。また、参照元のアセットのアセットの詳細ページに、参照元のファイルを表示することもできます。

参照は、参照元のアセットのパス、ドキュメント ID およびインスタンス ID に基づいて解決されます。

デジタ追加ルアセット Adobe Illustrator

You can reference existing digital assets from within an Adobe Illustrator file.

  1. Experience Manager スクトップアプリケーションを使用して、デジタルアセットをローカルファイルシステムに取得します。 参照するアセットのファイルシステムの場所に移動します。

  2. Drag the asset from the local folder to the Illustrator file.

  3. Save the Illustrator file to the mounted drive, or upload to the Experience Manager repository.

  4. ワークフローが完了したら、そのアセットのアセットの詳細ページに移動します。The references to existing digital assets are listed under Dependencies in the References column.

    chlimage_1-84

  5. 依存関係」に表示される参照元のアセットは、現在のファイルとは異なるファイルからも参照できます。参照先のファイルのリストを表示するには、「依存関係」にあるアセットをクリックします。

    chlimage_1-85

  6. Click View Properties from the toolbar. In the Properties page, the list of files that reference the current asset appear under the References column in the Basic tab.

    アセットの詳細の「参照」列のExperience Managerアセットの参照を表示する

    図:アセットの詳細内のアセット参照。

デジタ追加ルアセット Adobe InDesign

To reference digital assets from within an InDesign file, either drag assets to the InDesign file or export the InDesign file as a ZIP archive.

Referenced assets already exist in Experience Manager Assets. You can extract subassets by configuring InDesign Server. Embedded assets in an InDesign file are extracted as subassets.

メモ

If the InDesign Server is proxied, InDesign files have their preview embedded within their XMP metadata. この場合、サムネールの抽出は明示的には必要ありません。However, if the InDesign Server is not proxied, thumbnails must be explicitly extracted for InDesign files.

アセットをドラッグして参照を作成

This procedure is similar to add digital assets as references in Adobe Illustrator.

ZIP ファイルに書き出してアセットの参照を作成

  1. Perform the steps in Create workflow models to create a new workflow.
  2. Use the Package feature of Adobe InDesign to export the document. Adobe InDesign ではドキュメントおよびリンクされたアセットを 1 つのパッケージとして書き出すことができます。In this case, the exported folder contains a Links folder that contains sub-assets in the InDesign file.
  3. Create a ZIP file and upload it to the Experience Manager repository.
  4. Start the Unarchiver workflow.
  5. ワークフローが完了すると、Linksフォルダー内の参照は自動的にサブアセットとして参照されます。 To view a list of referred assets, navigate to the asset details page of the InDesign asset and close the Rail.

デジタ追加ルアセット Adobe Photoshop

  1. デスクトップ Experience Manager アプリを使用してアクセス Experience Manager Assetsします。 ローカルファイルシステム上のアセットをダウンロードして表示します。 の「リンクを 配置 」機能を使用 Adobe Photoshopします。 デスクトップアプリでのア セットの配置を参照してください

    chlimage_1-87

  2. Save in Photoshop file to the mounted drive or or upload to the Experience Manager repository.

  3. After the workflow completes, the references to existing Experience Manager assets are listed in the asset details page.

    参照元のアセットを表示するには、アセットの詳細ページでパネルを閉じます。

  4. 参照元のアセットには、参照元のアセットのリストも含まれています。参照元のアセットのリストを表示するには、アセットの詳細ページに移動して、パネルを閉じます。

メモ

複合アセット内のアセットも、ドキュメント ID とインスタンス ID に基づいて参照できます。This functionality is available with Adobe Illustrator and Adobe Photoshop versions only. For others, referencing is done on the basis of relative path of linked assets in the main compound asset as done in earlier versions of Experience Manager.

サブアセットの作成

複数ページ形式のサポートされているアセット(PDFファイル、AIファイル、 Microsoft PowerPoint ファイル、 Apple Keynote ファイル)の場合、元のアセットの個々のページに対応するサブアセットを Adobe InDesignExperience Manager 生成できます。 これらのサブアセットは 親アセットにリンクされ、複数ページの表示が容易になります 。 その他の目的の場合、サブアセットは、では通常のアセットと同様に扱われ Experience Managerます。

サブアセットの生成はデフォルトでは無効になっています。サブアセットの生成を有効にするには、次の手順に従います。

  1. Log into Experience Manager as an administrator. ツール / ワークフロー / ​モデルにアクセスします。
  2. DAM Update Asset workflow」を選択し、「 編集」をクリックします。
  3. サイドパネルを 切り替え 」をクリックし、「サブアセットを 作成」ステップを見つけます。 ワークフロー追加への手順です。 「同期」をクリックします。

サブアセットを生成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 新しいアセット:DAMアセットの更新 ワークフローは、アップロード先の新しいアセットに対して実行されExperience Managerます。 サブアセットは、新しい複数ページのアセット用に自動生成されます。

  • 既存の複数ページアセット:次のいずれかの手順に従って、手動で DAMアセットの更新 ワークフローを実行します。

    • アセットを選択し、 タイムラインをクリックして 、左側のパネルを開きます。 Alternately, use the keyboard shortcut alt + 3. 「 開始ワークフロー」をクリックし、「 DAM Update Asset」を選択して「 開始」をクリックし、「 続行」をクリックします。
    • アセットを選択し、ツールバーで 作成 / ワークフロー をクリックします。 ポップアップダイアログから「 DAM Update Asset workflow」を選択し、「 開始」をクリックし、「 続行」をクリックします。

特にMicrosoft Wordドキュメントの場合は、 DAM Parse Wordドキュメント ・ワークフローを実行します。 Microsoft Wordドキュメントのコンテンツから cq:Page コンポーネントを生成します。 このドキュメントから抽出された画像は cq:Page コンポーネントから参照されます。これらの画像は、サブアセットの生成が無効な場合も抽出されます。

サブアセットの表示

サブアセットは、サブアセットが生成され、選択した複数ページのアセットで使用できる場合にのみ表示されます。 生成されたサブアセットを表示するには、複数ページのアセットを開きます。 ページの左上の領域で、「 オプション」をクリックして左側のパネルを開き 、リストの「 サブアセット 」をクリックします。 リストから「 サブアセット 」を選択した場合。 Alternately, use the keyboard shortcut alt + 5.

複数ページのアセットの表示サブアセット

複数ページファイルのページの表示

のページビューア機能を使用して、PDF、INDD、PPT、PPTX、AIファイルなどの複数ページのファイルを表示でき Experience Manager Assetsます。 複数ページのアセットを開き、ページの左上隅にある「 表示ページ 」をクリックします。 ページビューアが開き、アセットのページが表示されます。また、各ページを参照およびズームするためのコントロールが表示されます。

複数ページのアセットの表示とページの確認

例えば、 InDesignを使用してページを抽出でき InDesign Serverます。 If the previews of pages are saved during InDesign file creation, then InDesign Server is not required for page extraction.

次のオプションは、ツールバー、左側のナビゲーションバーおよびページビューアコントロールで使用できます。

  • デスクトップアクション :デスクトップアプリを使用して、特定のサブアセットを開いたり、表示したりし Experience Manager ます。 Desktop Appを使用する場合は、Desktop Actions (デスクトップアクション )を Experience Manager 設定する方法を参照してください。

  • 「プロパティ 」オプションを選択すると、特定のサブアセットの プロパティページが開きます。

  • 注釈 」オプションを使用すると、特定のサブアセットに注釈を付けることができます。 別のサブアセットで使用する注釈は、親アセットを表示用に開いたときに収集され、一緒に表示されます。

  • 「ページの概要 」オプションを選択すると、すべてのサブアセットが同時に表示されます。

  • 左側のパネルを開くには 、左側のパネルで「 オプション」をクリックした後の左側のパネルでタイムライン アクティビティを選択すると、ファイルのタイムラインストリームが表示されます。

Best practices and limitation

  • サブアセットの生成は、どの Experience Manager 展開でもリソースを大量に消費する可能性があります。 複雑なアセットがアップロードされたときにサブアセットを生成する場合は、DAMアセットの更新ワークフローで手順を追加します。 サブアセットをオンデマンドで生成する場合は、サブアセットを生成するための別のワークフローを作成します。 専用ワークフローを使用すると、DAM Update Assetワークフローの他の手順をスキップして、計算リソースを保存できます。

このページ