Dynamic Media 画像プリセットの適用

画像プリセットを使用すると、異なるサイズや異なる形式の画像、または動的に生成された他の画像プロパティを設定した画像を動的に配信できます。画像を書き出すときにプリセットを選択できます。また、この操作によって、管理者が指定した仕様に合わせて画像が再フォーマットされます。

さらに、レスポンシブな画像プリセットを選択することもできます(画像プリセットを選択した後に「RESS」ボタンを使用して指定します)。

ここでは、画像プリセットの使用方法を説明します。画像プリセットの作成と設定は管理者がおこなうことができます

メモ

スマートイメージングは、既存の画像プリセットで機能し、配信の直前にインテリジェンスを使用して、ブラウザーまたはネットワークの接続速度に基づいて画像のファイルサイズをさらに低減します。詳しくは、スマートイメージングを参照してください。

作成者は画像をプレビューするときに、いつでも画像プリセットを適用できます。

メモ

ダイナミックメディア —Scene7モードでは、画像プリセットは画像アセットに対してのみサポートされています。

Dynamic Media 画像プリセットを適用するには

  1. Open the asset and in the left rail, tap the drop-down menu, then tap Renditions.

    メモ
    • 静的レンディションはウィンドウの上半分に表示されます。動的レンディションは下半分に表示されます。動的レンディションのみの場合は、URL を使用して画像を表示できます。「URL」ボタンは、動的レンディションを選択した場合にのみ表示されます。「RESS」ボタンは、レスポンシブ画像プリセットを選択した場合にのみ表示されます。

    • アセットの詳細表示で「レンディション」を選択すると、多数のレンディションがシステムによって表示されます。表示されるプリセットの数を増やすことができます。表示される画像プリセット数の引き上げを参照してください。

    chlimage_1-208

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 動的レンディションを選択して画像プリセットをプレビューします。
    • URL」、「埋め込み」または「RESS」をタップして、ポップアップを表示します。
    メモ

    アセット​​画像プリセットがまだ公開されていない場合、「URL」ボタン(または該当する場合は「URL」ボタンと「RESS」ボタン)は使用できません。

    また、Dynamic Media S7 サーバーでは画像プリセットが自動的に公開されることにも注意してください。

このページ