Assetsのベストプラクティス

Adobe Experience Manager Assets は、コンテンツベロシティを通じてビジネス目標の達成に貢献する、高品質のデジタルマーケティングエクスペリエンスを実現するうえできわめて重要な役割を果たします。Experience Manager Assets内で大量のアセットを扱う場合、またはビデオやDynamic Mediaなど多数のアセットを定期的/定期的にアップロードする場合は、デジタルアセット管理体験の最適化がシステムの効率性に不可欠です。

組織に対するAssetsの配置方法とアセット取り込み、レンディションの生成、メタデータの抽出に使用する機能に応じて、異なる領域のベストプラクティスを特定して固定することで、読み込み中のシステムの安定性とパフォーマンスが大幅に向上します。

ニーズに対応するエンタープライズアセット管理システムを構築、管理するためのプロセスとツールについては、次のガイドを参照してください。

  • アセットのパフォーマンス調整ガイド:このガイドには、運用開始後でも、お客様のシステムを最大限に活用できるように、導入の任意の時点で実行できる一連のベストプラクティスが含まれています。
  • アセットサイズ変更ガイド:Assetsの実装の予測を作成する場合、資産ストレージ、CPU、メモリ、I/O、ネットワークのスループットの面で十分なリソースを確保することが重要です。 これらのアイテムのサイジングには、システムに読み込まれたアセットの数を理解しておく必要があります。このガイドには、Assetsの導入に必要なインフラストラクチャとリソースを見積もるための効率的な指標を決定するのに役立つ、ベストプラクティス、およびサイジングツールが含まれています。
  • アセット移行ガイド:既存のシステムのアセットをアセットに移行する場合は、移行プロセスを合理化するためのいくつかの手順を検討してください。 移行ガイドには、アセットをExperience Managerに段階的に取り込むために実行するタスクに関するベストプラクティスが含まれています。 これには、メタデータの適用、レンディションの生成、パブリッシュインスタンスへのアセットのアクティベートなどが含まれています。
  • アセットネットワークに関する考慮事項ドキュメント:Experience Managerデプロイメントを処理する場合、ネットワークのパフォーマンスを理解し、チェックポイントを特定し、期待されるユーザーエクスペリエンスを記述するには、ネットワークトポロジを理解することが重要です。 Assetsネットワークに関する考慮事項のドキュメントでは、アセットのデプロイメントを設計する際のネットワークに関する考慮事項を説明します。
  • アセット監視ガイド:Experience Managerデプロイメントを展開した後は、特定のタスクとシステム全般を監視し、システムの整合性と運用の効率性を確保する必要があります。 この監視ガイドには、システムの様々な側面を監視するためのベストプラクティスが記載されています。
  • Experience Managerデスクトップアプリのベストプラクティス: Experience Manager デスクトップアプリは、デジタルアセット管理(DAM)ソリューションをデスクトップにリンクするので、 Experience Manager Webユーザーインターフェイスで使用可能なファイルをデスクトップ上で直接開くことができます。デスクトップアプリケーションの使いやすいワークフローは、デスクトップのオペレーティングシステムから提供されるネットワーク共有テクノロジーにより有効化されます。このガイドでは、主な機能とExperience Managerデスクトップアプリの推奨使用方法を説明します。
  • Experience ManagerとCreative Cloudの統合のベストプラクティス:デプロイメントは、複数の方法で Experience Manager 統合 Creative Cloud できます。ベストプラクティスに従って統合ワークフローおよびアセット転送ワークフローを効率化すると、効率を最大化することができます。このガイドには、AssetsとAdobe Creative Cloudの統合に関するベストプラクティスが含まれています。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now