コレクション、スニペット、スニペットテンプレートのマルチテナント機能

マルチテナント機能を使用すると、組織のプレフィックスと組織IDに基づいてCRX内のコンテンツを区別し、他の組織のユーザーによるコンテンツへの不正アクセスを防ぐことができます。

Adobe Experience Manager Assets は、各組織のデータを異なるパスに格納します。各組織固有のパスは、組織のプレフィックスと組織IDで識別されます
異なるタイプのアセットがCRXに保存される従来の場所に含まれます。

例えば、Demoという名前のフォルダーを作成した場合、Experience Managerアセットは通常、../content/dam/Demoにフォルダーを保存します。 マルチテナント機能を有効にすると、../content/dam/<organization prefix>/<organization id>Demoにデータを保存できるようになりました。

例えば、Assets(オンデマンド)のAdobe Marketing Cloudユーザーがaodpremium組織に割り当てられている場合は、マルチテナント機能を使用して../content/dam/<mac>/<aodpremium>Demoパスを設定し、そのコンテンツを区別できます。 この例では、 macは組織のプレフィックス、 aodpremiumは組織IDです。

ユーザーの組織とIDに基づいて、この修飾パスはAssetsインターフェイスと、分離を強制する移動およびスニペット作成ウィザードを含む様々なウィザードに表示されます。

マルチテナント機能を使用すると、次のタイプのアセットとコンポーネントを区別できます。

  • コレクション
  • 公開コレクション
  • カタログ(ページの追加/選択ウィザードを含む)
  • テンプレート
  • スニペットテンプレート
  • Lightbox

このページ