リンクを使用したアセットの共有

Adobe Experience Manager Assets アセット、フォルダー、コレクションをURLとして組織のメンバーと、パートナーやベンダーを含む外部エンティティと共有できます。 Sharing assets through a link is a convenient way of making resources available to external parties without them having to first log in to Assets.

メモ

リンクとして共有するフォルダーまたはアセットのACLを編集権限が必要です。

ユーザーと共有するアセットの URL を生成するには、リンク共有ダイアログを使用します。/var/dam/share の場所への管理者特権または読み取り権限を持つユーザーが、共有されたリンクを表示することができます。

メモ

リンクをユーザーと共有する前に、Day CQ Mail Service が設定されていることを確認してください。Day CQ Mail Service を設定せずにリンクの共有を試行すると、エラーが発生します。

  1. In the Assets user interface, select the asset to share as a link.

  2. From the toolbar, click the Share Link share assets icon.

    リンクを共有」フィールドにアセットリンクが自動的に作成されます。このリンクをコピーしてユーザーと共有します。リンクのデフォルトの有効期間は 1 日です。

    「リンクを共有」と表示されたダイアログ

    図:アセットをリンクとして共有するためのダイアログ。

    または、この手順の 3~7 に進んで電子メールの受信者を追加し、リンクの有効期限を設定して、ダイアログから送信することもできます。

    メモ

    If you want to share links from your Experience Manager Author deployment to external entities, ensure that you only expose the following URLs (which are used for link sharing) for GET requests only. 作成者のセキュリティを確保するために、他のURLをブロックし Experience Manager ます。

    • http://[aem_server]:[port]/linkshare.html
    • http://[aem_server]:[port]/linksharepreview.html
    • http://[aem_server]:[port]/linkexpired.html
    メモ

    共有アセットが別の場所に移動されると、そのリンクは機能しなくなります。リンクを再作成し、ユーザーと再共有します。

  3. インター Experience Manager フェイスで、 ツール / 操作 / Webコンソールにアクセスします

  4. Day CQ Link Externalizerの設定を開き、「 Domains 」フィールドの次のプロパティを、「local」、「」、「」に関する値で変更しま author publishす。 For the local and author properties, provide the URL for the local and the author instance respectively. Both local and author properties have the same value if you run a single Experience Manager Author instance. For publish, provide the URL for the Experience Manager publish instance.

  5. リンク共有​ダイアログの電子メールアドレスボックスに、リンクを共有するユーザーの電子メール ID を入力します。このリンクを複数のユーザーと共有することもできます。

    ユーザーが組織内のメンバーの場合は、入力領域の下のリストに表示される電子メール ID の候補から、ユーザーの電子メール ID を選択します。外部ユーザーの場合は、完全な電子メール ID を入力してリストから選択します。

    ユーザーへの電子メールの送信を有効にするには、Day CQ Mail Service で SMTP サーバーの詳細を設定します。

    アセットへのリンクをリンク共有ダイアログから直接共有する

    図:リンクの共有ダイアログからアセットへのリンクを直接 共有します 。

    メモ

    If you enter an email ID of a user that is not a member of your organization, the words External User are prefixed with the email ID of the user.

  6. In the Subject field, enter a subject for the asset you want to share.

  7. In the Message field, enter an optional message.

  8. 有効期限」フィールドに、日付選択を使用してリンクの有効期限の日付と時間を指定します。デフォルトでは、有効期限日はリンクを共有した日から 1 週間後に設定されます。

    共有リンクの有効期限の設定

  9. ユーザーが元の画像をレンディションと共にダウンロードすることを許可するには、「元のファイルのダウンロードを許可」を選択します。

    メモ

    デフォルトでは、ユーザーはリンクとして共有されているアセットのレンディションのみをダウンロードできます。

  10. 共有」をクリックします。リンクが電子メールによってユーザーと共有されることを確認するメッセージが表示されます。

  11. 共有アセットを表示するには、ユーザーに送信する電子メール内のリンクをクリックします。 共有アセットが Adobe Marketing Cloud ページに表示されます。

    chlimage_1-260

    リスト表示に切り替えるには、ツールバーのレイアウトオプションをクリックします。

  12. アセットのプレビューを生成するには、共有アセットをクリックします。 To close the preview and return to the Marketing Cloud page, click Back in the toolbar. If you have shared a folder, click Parent Folder to return to the parent folder.

    chlimage_1-261

    メモ

    Experience Manager は、これらの MIME タイプ(JPG、PNG、GIF、BMP、INDD、PDF、および PPT)のアセットのプレビューの生成をサポートしています。他の MIME タイプのアセットのみをダウンロードできます。

  13. To download the shared asset, click Select from the toolbar, click the asset, and then click Download from the toolbar.

    chlimage_1-262

  14. リンクとして共有したアセットを表示するには、ユー Assets ザインターフェイスに移動し、ロ Experience Manager ゴをクリックします。 リストから「ナビゲーション」を選択して、ナビゲーションウィンドウを表示します。

  15. ナビゲーションウィンドウで、「共有リンク」を選択して共有アセットのリストを表示します。

  16. To un-share an asset, select it and click Unshare from the toolbar. 確認メッセージが次に表示されます。 アセットのエントリがリストから削除されます。

Day CQ 電子メールサービスの設定

  1. ホームページで、 Experience Manager ツール / 操作 / Webコンソールに移動します

  2. サービスのリストから、Day CQ Mail Service を探します。

  3. Click Edit beside the service, and configure the following parameters for Day CQ Mail Service with the details mentioned against their names:

    • SMTP server host name:電子メールサーバーのホスト名
    • SMTP server port:電子メールサーバーのポート
    • SMTP user:メールサーバーのユーザー名
    • SMTP password:電子メールサーバーのパスワード

    chlimage_1-263

  4. 保存」をクリックします。

最大データサイズの設定

When you download assets from the link shared using the Link Sharing feature, Experience Manager compresses the asset hierarchy from the repository and then returns the asset in a ZIP file. ただし、ZIP ファイルとして圧縮できるデータ量に制限がないと、膨大なデータが圧縮の対象となり、JVM のメモリ不足エラーの原因となります。この状況による潜在的な DoS 攻撃からシステムを保護するには、Configuration Manager で Day CQ DAM Adhoc Asset Share Proxy Servlet の「Max Content Size (uncompressed)」パラメーターを使用して、最大サイズを設定します。アセットの未圧縮時のサイズが設定値を超えていると、アセットのダウンロード要求は拒否されます。デフォルト値は 100 MB です。

  1. Click the Experience Manager logo and then go to Tools > Operations > Web Console.

  2. From the Web Console, locate the Day CQ DAM Adhoc Asset Share Proxy Servlet configuration.

  3. Day CQ DAM Adhoc Asset Share Proxy Servlet」設定を編集モードで開き、「Max Content Size (uncompressed)」パラメーターの値を変更します。

    chlimage_1-264

  4. 変更内容を保存します。

ベストプラクティスとトラブルシューティング

  • 名前に空白を含むアセットフォルダーまたはコレクションは共有されない場合があります。
  • If users cannot download the shared assets, check with your Experience Manager administrator what the download limits are.
  • If you cannot send email with links to shared assets or if the other users cannot receive your email, check with your Experience Manager administrator if the email service is configured or not.
  • リンク共有機能を使用してアセットを共有できない場合は、適切な権限を持っていることを確認してください。アセットの共有を参照してください。

このページ