統合 Adobe Experience Manager Assets 対象 Adobe InDesign Server

Adobe Experience Manager Assets 使用する:

  • プロキシ:特定の処理タスクのロードを分配するために使用します。A proxy is an Experience Manager instance that communicates with a proxy worker to fulfil a specific task, and other Experience Manager instances to deliver the results.
  • プロキシワーカー:特定のタスクを定義し管理するために使用します。These can cover a wide variety of tasks; for example, using an InDesign Server to process files.

To fully upload files to Experience Manager Assets that you have created with Adobe InDesign a proxy is used. This uses a proxy worker to communicate with the Adobe InDesign Server, where scripts are run to extract metadata and generate various renditions for Experience Manager Assets. The proxy worker enables the two-way communication between the InDesign Server and the Experience Manager instances in a cloud configuration.

メモ

Adobe InDesign は、2つの異なるオファーとして提供されます。 印刷物やデジタル配布用のページレイアウトをデザインするのに使用するAdobe InDesign デスクトップアプリです。 Adobe InDesign Server では、自分が作成したものに基づいて、自動ドキュメントをプログラム的に作成でき InDesignます。 これは ExtendScript ・エンジンのインターフェースを提供するサービスとして機能します。スクリプトは、に似た形で記述され ExtendScriptてい JavaScriptます。 For information about InDesign scripts see https://www.adobe.com/devnet/indesign/documentation.html#idscripting.

How the extraction works

The Adobe InDesign Server can be integrated with Experience Manager Assets so that INDD files created with InDesign can be uploaded, renditions generated, all media extracted (for example, video) and stored as assets:

メモ

Previous versions of Experience Manager were able to extract XMP and the thumbnail, now all media can be extracted.

  1. Upload your INDD file to Experience Manager Assets.

  2. A framework sends command script(s) to the InDesign Server via SOAP (Simple Object Access Protocol).
    このコマンドスクリプトは、次のことを実行します。

    • INDD ファイルを取得します。

    • 実行 InDesign Server コマンド:

      • 構造、テキストおよびすべてのメディアファイルが抽出されます。
      • PDF と JPG のレンディションが生成されます。
      • HTML と IDML のレンディションが生成されます。
    • Post the resulting files back to Experience Manager Assets.

    メモ

    IDMLは、 InDesign ファイルのすべてのコンテンツをレンダリングするXMLベースの形式です。 It is stored as an compressed package using ZIP compression. 詳しくは、「 InDesign交換形式(INXおよびIDML)」を参照してください。

    注意

    If the InDesign Server is not installed or not configured, then you can still upload an INDD file into Experience Manager. ただし、この場合に生成されるレンディションは、PNG と JPEG に限定されます。HTML、IDML またはページのレンディションを生成することはできません。

  3. 抽出およびレンダリング生成後:

    • 構造が cq:Page(レンディションタイプ)に複製されます。
    • The extracted text and files are stored in Experience Manager Assets.
    • All renditions are stored in Experience Manager Assets, in the asset itself.

Experience Manager InDesign Server との統合

To integrate the InDesign Server for use with Experience Manager Assets and after configuring your proxy, you need to:

  1. InDesign Server をインストールします
  2. If required, configure the Experience Manager Assets Workflow.
    これは、デフォルト値がインスタンスに適さない場合にのみ必要です。
  3. InDesign Server のプロキシワーカーを設定します。

Install the InDesign Server

To install and start the InDesign Server for use with Experience Manager:

  1. Download and install the InDesign Server.

  2. If required, you can customize the configuration of your InDesign Server instance.

  3. コマンドラインから、サーバーを起動します。

    <*ids-installation-dir*>/InDesignServer.com -port 8080

    SOAP プラグインがポート 8080 でリスンする状態でサーバーが起動されます。すべてのログメッセージと出力がコマンドウィンドウに直接書き込まれます。

    メモ

    ファイルに出力メッセージを保存してリダイレクトを使用する場合は、例えば Windows の場合は次のように実行します。
    <ids-installation-dir>/InDesignServer.com -port 8080 > ~/temp/INDD-logfile.txt 2>&1

ワークフローの設定 Experience Manager Assets

Experience Manager Assets には、次の項目に特にいくつかのプロセス手順を持つ、事前設定済みのワークフロー DAM更新アセット​があり InDesignます。

This workflow is setup with default values that can be adapted for your setup on the various author instances (this is a standard workflow, so further information is available under Editing a Workflow). If you are using the default values (including the SOAP port), then no configuration is needed.

After the setup, uploading InDesign files into Experience Manager Assets (by any of the usual methods) triggers the workflow to process the asset and prepare the various renditions. Test your configuration by uploading an INDD file into Experience Manager Assets to confirm that you see the different renditions created by IDS under <*your_asset*>.indd/Renditions

Media extraction

このステップでは、INDD ファイルからのメディアの抽出を制御します。

カスタマイズするには、メディア抽出​ステップの「引数」タブを編集します。

メディア抽出の引数とスクリプトパス

メディア抽出の引数とスクリプトパス

  • ExtendScript図書館:これは、他のスクリプトで必要となる、単純なhttpのget/postメソッドライブラリです。

  • 拡張スクリプト:ここでは、異なるスクリプトの組み合わせを指定できます。 If you want your own scripts to be executed on the InDesign Server, save the scripts at /apps/settings/dam/indesign/scripts.

スクリプトについて詳しくは、 Adobe InDesignInDesign開発者ドキュメントを参照してください

注意

ExtendScript ライブラリは変更しないでください。このライブラリは Sling との通信に必要になる HTTP 機能を提供するものです。This setting specifies the library to be send to the InDesign Server for use there.

The ThumbnailExport.jsx script run by the Media Extraction workflow step generates a thumbnail rendition in JPG format. This rendition is used by the Process Thumbnails workflow step to generate the static renditions required by Experience Manager.

サムネールを処理ワークフローステップは、異なるサイズの静的レンディションを生成するように設定できます。Ensure that you do not remove the defaults, because they are required by the Experience Manager Assets interface. 最後に、「画像プレビューのレンディションを削除」ワークフローの手順で、JPGサムネールのレンディションが不要になったので削除されます。

Page extraction

This creates an Experience Manager page from the extracted elements. 抽出ハンドラーが、レンディション(現時点では HTML または IDML)からデータを抽出するために使用されます。このデータを元に、PageBuilder を使用してページが作成されます。

カスタマイズするには、ページ抽出​ステップの「引数」タブを編集します。

chlimage_1-96

  • ページ抽出ハンドラ:ポップアップリストから、使用するハンドラーを選択します。 抽出ハンドラーは、関連する RenditionPickerExtractionHandler API を参照)によって選択された特定のレンディションに対して動作します。In a standard Experience Manager installation the following is available:

    • IDML Export Extraction Handle: Operates on the IDML rendition generated in the MediaExtract step.
  • ページ名:結果のページに割り当てる名前を指定します。空白の場合、名前は「page」(「page」が既に存在する場合は派生)になります。

  • ページタイトル:結果のページに割り当てるタイトルを指定します。

  • Page Root Path:結果のページのルート位置へのパス。空白のままにすると、アセットのレンディションを保持するノードが使用されます。

  • ページテンプレート:結果のページの生成時に使用するテンプレートです。

  • ページデザイン:結果のページを生成するときに使用するページデザインです。

次のプロキシワーカーを設定 InDesign Server

メモ

ワーカーは、プロキシインスタンス上にあります。

  1. 「ツール」コンソールの左側のウィンドウで、「クラウドサービス設定」を展開します。次に、「クラウドプロキシ設定」を展開します。

  2. IDS ワーカー」をダブルクリックし、開いて設定します。

  3. 編集」をクリックして設定ダイアログを開き、必要な設定を定義します。

    proxy_idsworkerconfig

    • IDS Pool:との通信に使用するSOAPエンドポイント InDesign Server。アイテムの追加、削除、および注文は必須にすることができます。
  4. 「OK」をクリックして保存します。

If the InDesign Server and Experience Manager run on different hosts or either or both these applications do not run on default ports, configure Day CQ Link Externalizer to set the host name, port, and content path for the InDesign Server.

  1. Access the Web Console at https://[aem_server]:[port]/system/console/configMgr.

  2. Locate the configuration Day CQ Link Externalizer, and click Edit to open it.

  3. Specify the host name and context path for the Adobe InDesign Server and click Save.

    chlimage_1-97

次の並列ジョブ処理を有効にする InDesign Server

IDS の並列ジョブ処理を有効にすることができます。処理可能な並列ジョブ(x)の最大数を決定 InDesign Server します。

  • On a single multiprocessor machine, the maximum number of parallel jobs (x) that an InDesign Server can process is one less than the number of processors running IDS.
  • 複数のマシンで IDS を実行する場合は、すべてのマシンで使用可能なプロセッサーの総数を把握して、そこからマシン総数を減算する必要があります。

IDS 並列ジョブ数を設定するには:

  1. Felix Console の「Configurations」タブを開きます。次に URL の例を挙げます。 https://[aem_server]:[port]/system/console/configMgr.

  2. Select the IDS processing queue under Apache Sling Job Queue Configuration.

  3. 次のように設定します。

    • Type - Parallel
    • Maximum Parallel Jobs - <*x*>(上で計算した値)
  4. これらの変更を保存します。

  5. AdobeCS6以降でマルチセッションサポートを有効にするには、「 enable.multisession.name com.day.cq.dam.ids.impl.IDSJobProcessor.name 設定」の下にあるチェックボックスをオンにします。

  6. IDS ワーカー設定に SOAP エンドポイントを追加して、x 個の IDS ワーカーから成るプールを作成します。

    If there are multiple machines running InDesign Server, add SOAP endpoints (number of processors per machine -1) for each machine.

メモ

ワーカーのプールを使用する場合、IDSワーカーのブロックリストを有効にできます。

To do so, enable the enable.retry.name checkbox, under the com.day.cq.dam.ids.impl.IDSJobProcessor.name configuration, which enables IDS job retrials.

Also, under the com.day.cq.dam.ids.impl.IDSPoolImpl.name configuration, set a positive value for max.errors.to.blacklist parameter which determines number of job retrials before barring an IDS from the job handlers list.

By default, after the configurable (retry.interval.to.whitelist.name) time in minutes the IDS worker is revalidated. ワーカーがオンラインである場合は、ブロックリストから削除されます。

10.0以降のサポート InDesign Server を有効にする

For InDesign Server 10.0 or higher, perform the following steps to enable multi-session support.

  1. Open Configuration Manager from your Experience Manager Assets instance https://[aem_server]:[port]/system/console/configMgr.
  2. 設定 com.day.cq.dam.ids.impl.IDSJobProcessor.name を編集します。
  3. ids.cc.enable オプションを選択し、「保存」をクリックします。
メモ

For InDesign Server integration with Experience Manager Assets, use a multi-core processor because the session support feature necessary for the integration is not supported on single core systems.

秘密鍵 Experience Manager 証明書の設定

デプロイメントとの統合を中断することなく、デプロイメント InDesign Server からにアクセスするためのデフォルトの管理者資格情報(ユーザー名とパスワード)を変更でき Experience ManagerInDesign Serverます。

  1. /etc/cloudservices/proxy.html にアクセスします。
  2. ダイアログで、新しいユーザー名とパスワードを指定します。
  3. この資格情報を保存します。

このページ