アセットのアップロード制限の設定

Adobe Experience Manager Assetsを設定して、ユーザーがアップロードできるアセットのタイプを制限できます。 これにより、意図しない形式や悪意のあるファイルが誤ってアップロードされるのを防ぐことができます。 Day CQ DAM Asset Upload Restriction サービスを使用すると、ユーザーがアップロードできるファイルの種類を制御できます。デフォルトでは、Assetsを使用すると、すべてのMIMEタイプのアセットのアップロードが許可されます。 ただし、アップロードを特定の MIME タイプのファイルのみに制限するようにサービスを設定できます。

  1. Configuration Manager の Web コンソールを開きます。https://[aem_server]:[port]/system/console/configMgr にアクセスします。

  2. Day CQ DAM Asset Upload Restriction サービスを編集モードで開きます。デフォルトでは、「Allow all MIME」オプションがオンになっており、すべての MIME タイプのファイルのアップロードが許可されます。

    chlimage_1-378

  3. アップロードを特定のMIMEタイプのファイルのみに制限するには、「Allow all MIME」オプションをオフにし、「Allowed Asset MIMEs (regex)」フィールドに許可するMIMEタイプを正規表現を使用して指定します。

    chlimage_1-379

  4. 保存」をクリックして、変更を保存します。許可する MIME タイプに MIME 文字列を指定した場合、これらのフィールドに設定した MIME 文字列と一致しないすべての MIME タイプのアセットでは、アップロード操作が失敗します。

このページ