スマートタグ付けのために Assets を準備

スマートコンテンツサービスを使用してアセットのタグ付けを開始する前に、Experience Manager Assets と Adobe Developer Console を統合して、Adobe Sensei スマートコンテンツサービスを活用します。設定が完了したら、いくつかの画像とタグを使用してサービスのトレーニングを行います。

メモ
  • スマートコンテンツサービスは、新しく使用できなくなりました Experience Manager Assets オンプレミス型の顧客。 既にこの機能を有効にしているオンプレミス版のお客様は、引き続きスマートコンテンツサービスを使用できます。
  • スマートコンテンツサービスは既存のユーザーが利用できます Experience Manager Assets Managed Servicesをご利用のお客様(この機能を既に有効にしています)。
  • 新規 Experience Manager Assets Managed Servicesのお客様は、この記事に記載されている手順に従ってスマートコンテンツサービスを設定できます。

スマートコンテンツサービスを使用する前に、次を確認します。

と Adobe 開発者コンソールの統合

Adobe Developer Console と統合する場合、Experience Manager サーバーはリクエストをスマートコンテンツサービスに転送する前に、Adobe Developer Console ゲートウェイを使用してサービス資格情報を認証します。統合するには、組織の管理者権限と、組織で購入して有効化されたスマートコンテンツサービスライセンスを持つ Adobe ID アカウントが必要です。

スマートコンテンツサービスを設定するには、次のトップレベルの手順に従います。

  1. 公開鍵を生成するには、Experience Manager にスマートコンテンツサービスの設定を作成します。OAuth 統合用の公開証明書を取得します

  2. Adobe 開発者コンソールで統合を作成し、生成した公開鍵をアップロードします。

  3. Adobe Developer Console の API キーおよびその他の資格情報を使用して、デプロイメントを設定します

  4. 設定をテストします

  5. オプションで、アセットアップロード時の自動タグ付けを有効化します

スマートコンテンツサービス設定を作成して公開証明書を取得

公開証明書により、Adobe 開発者コンソールでプロファイルを認証できます。

  1. Experience Manager ユーザーインターフェイスで、ツールCloud Services従来の Cloud Services にアクセスします。

  2. クラウドサービスページで、「アセットのスマートタグ」の「今すぐ設定」をクリックします。

  3. 設定を作成​ダイアログで、スマートタグ設定のタイトルと名前を指定します。「作成」をクリックします。

  4. AEM スマートコンテンツサービス​ダイアログで、以下の値を使用します。

    サービス URL: https://smartcontent.adobe.io/<region where your Experience Manager author instance is hosted>

    (例:https://smartcontent.adobe.io/apac)。次を指定できます。 na, emea、または apac :Experience Managerオーサーインスタンスがホストされる地域。

    メモ

    2022 年 9 月 1 日より前にExperience Manager管理サービスがプロビジョニングされている場合は、次のサービス URL を使用します。
    https://mc.adobe.io/marketingcloud/smartcontent

    認証サーバー: https://ims-na1.adobelogin.com

    その他のフィールドは現時点では空白のままにします(後で指定します)。「OK」をクリックします。

    コンテンツサービスの URL を指定するための Experience Manager スマートコンテンツサービスダイアログ

    図:コンテンツサービスの URL を指定するためのスマートコンテンツサービスダイアログ

    メモ

    サービス URL として提供された URL は、ブラウザーからアクセスできず、404 エラーが発生します。設定は、サービス URL パラメーターの同じ値で正常に動作します。サービスの全体的なステータスとメンテナンススケジュールについては、https://status.adobe.com を参照してください。

  5. OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード」をクリックし、公開証明書ファイル AEM-SmartTags.crt をダウンロードします。

    スマートタグ付けサービス用に作成された設定の表現

    図:スマートタグサービスの設定。

証明書の有効期限が切れた場合の再設定

証明書の有効期限が切れると、証明書は信頼されなくなります。期限切れの証明書は更新できません。証明書を追加するには、以下の手順に従います。

  1. Experience Manager デプロイメントに管理者としてログインします。ツールセキュリティユーザー​をクリックします。

  2. dam-update-service ユーザーを見つけてクリックします。「キーストア」タブをクリックします。

  3. 証明書の有効期限が切れた既存の similaritysearch キーストアを削除します。「保存して閉じる」をクリックします。

    キーストアで既存の類似検索エントリを削除して、新しいセキュリティ証明書を追加する

    図:キーストアで既存の similaritysearch エントリを削除してセキュリティ証明書を追加します。

  4. ツールクラウドサービス従来のクラウドサービス​に移動します。アセットのスマートタグ設定を表示利用可能な設定​をクリックします。必要な設定をクリックします。

  5. 公開証明書をダウンロードするには、「OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード」をクリックします。

  6. https://console.adobe.io にアクセスし、統合​ページで既存のスマートコンテンツサービスに移動します。新しい証明書をアップロードします。詳しくは、Adobe 開発者コンソール統合の作成の手順を参照してください。

Adobe 開発者コンソール統合の作成

スマートコンテンツサービス API を使用するには、Adobe 開発者コンソールで統合を作成して、API キー(Adobe 開発者コンソール統合のクライアント ID フィールドで生成)、テクニカルアカウント ID、組織 ID、およびクライアント秘密鍵を、Experience Manager のクラウド設定の Assets スマートタグサービス設定用に取得します。

  1. ブラウザーで https://console.adobe.io にアクセスします。適切なアカウントを選択し、関連付けられた組織の役割がシステム管理者であることを確認します。

  2. 任意の名前でプロジェクトを作成します。「API を追加」をクリックします。

  3. API を追加​ページで、「Experience Cloud」を選択し、「スマートコンテンツ」を選択します。「次へ」をクリックします。

  4. 公開鍵をアップロード」を選択します。Experience Managerからダウンロードした証明書ファイルを指定します。公開鍵が正常にアップロードされたというメッセージが表示されます。「次へ」をクリックします。

    新しいサービスアカウント(JWT)秘密鍵証明書を作成ページにはサービスアカウントの公開鍵が表示されます。

  5. 次へ」をクリックします。

  6. 製品プロファイルを選択​ページで、「スマートコンテンツサービス」を選択します。「設定済み API を保存」をクリックします。

    設定に関する詳細情報がページに表示されます。このページを開いたままにしてこれらの値をコピーし、Experience Manager のクラウド設定の「Assets スマートタグサービス設定」に追加して、スマートタグを設定します。

    「概要」タブで、統合について指定した情報を確認できます。

    図:Adobe 開発者コンソールの統合の詳細

スマートコンテンツサービスの設定

統合を設定するには、Adobe 開発者コンソール統合から、テクニカルアカウント ID、組織 ID、クライアント秘密鍵、およびクライアント ID の各フィールドの値を使用します。スマートタグのクラウド設定を作成すると、Experience Manager デプロイメントからの API 要求を認証できるようになります。

  1. Experience Manager で、ツールクラウドサービス従来のクラウドサービス​に移動して、クラウドサービスコンソールを開きます。

  2. アセットのスマートタグ」で、上記で作成した設定を開きます。サービスの設定ページで、「編集」をクリックします。

  3. AEM スマートコンテンツサービス​ダイアログで、「サービス URL」および「認証サーバー」フィールドに事前入力された値を使用します。

  4. Adobe 開発者コンソールの統合で生成した次の値を使用して、API キー、テクニカルアカウント ID、組織 ID、およびクライアント秘密鍵の各フィールドにコピーします。

    アセットのスマートタグサービス設定 Adobe Developer Console 統合フィールド
    API キー クライアント ID
    テクニカルアカウント ID テクニカルアカウント ID
    組織 ID 組織 ID
    クライアントの秘密鍵 クライアント秘密鍵

設定の検証

設定を完了したら、JMX MBean を使用して設定を検証できます。検証するには、次の手順に従います。

  1. Experience Manager サーバー (https://[aem_server]:[port])にアクセスします。

  2. ツール操作Web コンソール​に移動して、OSGi コンソールを開きます。メイン/JMX をクリックします。

  3. com.day.cq.dam.similaritysearch.internal.impl」をクリックします。SimilaritySearch Miscellaneous Tasks が開きます。

  4. validateConfigs()」をクリックします。設定を検証​ダイアログで、「起動」をクリックします。

同じダイアログに検証結果が表示されます。

DAM アセットの更新ワークフローでのスマートタグの有効化(オプション)

  1. Experience Manager で、ツールワークフローモデル​に移動します。

  2. ワークフローモデル​ページで、「DAM アセットの更新」ワークフローモデルを選択します。

  3. ツールバーの「編集」をクリックします。

  4. サイドパネルを展開して、ステップを表示します。「DAM ワークフロー」セクションの「スマートタグアセット」ステップをドラッグして、「サムネールを処理」ステップの後に配置します。

    「DAM アセットの更新」ワークフローで「サムネールを処理」ステップの後に「スマートタグアセット」ステップを追加

    図:「DAM アセットの更新」ワークフローで「サムネールを処理」ステップの後に「スマートタグアセット」ステップを追加。

  5. そのステップを編集モードで開きます。「詳細設定」で、「ハンドラー処理の設定」オプションが選択されていることを確認します。

    DAM アセットの更新ワークフローを設定して、スマートタグステップを追加する

    図:DAM アセットの更新ワークフローを設定して、スマートタグステップを追加する

  6. 自動タグ付けのステップに失敗してもワークフローを完了させたい場合は、「引数」タブで「エラーを無視」を選択します。

    DAM アセットの更新ワークフローを設定してスマートタグステップを追加し、ハンドラー処理の設定を選択する

    図:DAM アセットの更新ワークフローを設定してスマートタグステップを追加し、ハンドラー処理の設定を選択する

    フォルダーでスマートタグが有効になっているかに関わらずアップロード時にアセットをタグ付けするには、「スマートタグフラグを無視」を選択します。

    DAM アセットの更新ワークフローを設定してスマートタグステップを追加し、「スマートタグフラグを無視」を選択する

    図:DAM アセットの更新ワークフローを設定してスマートタグステップを追加し、「スマートタグフラグを無視」を選択する

  7. OK」をクリックして、プロセスステップを閉じ、ワークフローを保存します。

スマートコンテンツサービスのトレーニング

スマートコンテンツサービスでビジネス上の分類を認識できるように、ビジネスに関連するタグが既に含まれているアセットのセットに対してサービスを実行します。スマートコンテンツサービスでブランド画像を効果的にタグ付けできるようにするには、トレーニング画像が一定のガイドラインに従っている必要があります。トレーニングが完了すると、サービスは、類似するアセットのセットに同じ分類を適用できるようになります。

サービスのトレーニングを複数回実施すると、関連性の高いタグを適用する能力が向上します。トレーニングサイクルが終了するたびに、タグ付けワークフローを実行し、アセットが適切にタグ付けされるかどうかを確認します。

スマートコンテンツサービスのトレーニングは、定期的に実施することも、必要に応じて実施することもできます。

メモ

トレーニングワークフローは、フォルダーに対してのみ実行されます。

トレーニングのガイドライン

最適な結果を得るには、トレーニングセット内の画像が以下のガイドラインに準拠している必要があります。

数とサイズ:タグ 1 つにつき 30 以上の画像が必要です。長辺が 500 ピクセル以上である必要があります。

一貫性:特定のタグに使用する画像は、視覚的に似ています。

例えば、以下の画像は似ていないので、これらの画像すべてを my-party(トレーニング用)としてタグ付けするのは適切ではありません。

トレーニングガイドラインの例を示すイラスト

対象範囲:多様性に富んだトレーニング画像を使用します。その目的は、数は少なくても多様性の高い例を提供することで、Experience Manager が適切なものに焦点を絞れるようにすることです。見た目が大きく異なる画像に同じタグを適用する場合は、それぞれの種類に 5 つ以上の例を含めてください。

例えば、model-down-pose というタグの場合、タグ付け時、類似する画像をより正確に識別できるよう、以下のハイライト表示された画像に似たトレーニング画像を増やします。

トレーニングガイドラインの例を示すイラスト

妨害物と障害物:サービスのトレーニングには、障害物(目立つ背景、メインとなる対象と一緒に含まれる物や人物などの関連性のない付随物)が少ない画像のほうが効果的です。

例えば、casual-shoe というタグの場合、2 つ目の画像はトレーニングの候補として適切ではありません。

トレーニングガイドラインの例を示すイラスト

完全性:画像が複数のタグの対象となる場合は、適用可能なすべてのタグを追加してから、画像をトレーニングに含めます。例えば、raincoatmodel-side-view などのタグの場合、対象となるアセットに両方のタグを追加してから、そのアセットをトレーニングに含めます。

トレーニングガイドラインの例を示すイラスト

メモ

スマートコンテンツサービスでタグのトレーニングを実施し、それらのタグを他の画像に適用できるかどうかは、トレーニングで使用する画像の質によって決まります。最適な結果を得るには、視覚的に似ている画像を使用し、それぞれのタグについてサービスのトレーニングを実施することをお勧めします。

定期的なトレーニング

スマートコンテンツサービスを有効にして、フォルダー内のアセットおよび関連するタグに関する定期的なトレーニングを実施することができます。アセットフォルダーのプロパティページを開き、「詳細」タブで「スマートタグを有効にする」を選択し、変更内容を保存します。

enable_smart_tags

フォルダーに対してこのオプションを選択すると、Experience Manager によりレーニングワークフローが自動的に実行され、フォルダーのアセットおよびそのタグに関するスマートコンテンツサービスのトレーニングが実施されます。デフォルトでは、トレーニングワークフローは週に 1 回、土曜日の午前 0 時 30 分に実行されます。

オンデマンドのトレーニング

ワークフローコンソールから、必要に応じていつでもスマートコンテンツサービスのトレーニングをおこなうことができます。

  1. Experience Manager インターフェイスで、ツールワークフローモデル​に移動します。

  2. ワークフローモデル​ページで、「スマートタグトレーニング」ワークフローを選択し、ツールバーの「ワークフローを開始」をクリックします。

  3. ワークフローを実行​ダイアログで、サービスのトレーニングに使用するタグ付けされたアセットが格納されているペイロードフォルダーを参照します。

  4. ワークフローのタイトルを指定し、コメントを追加します。次に、「実行」をクリックします。アセットとタグがトレーニングのために送信されます。

    workflow_dialog

メモ

フォルダー内のアセットがトレーニング用に処理されると、後続のトレーニングサイクルでは、変更されたアセットのみが処理されます。

トレーニングレポートの表示

アセットのトレーニングセット内のタグに関するスマートコンテンツサービスのトレーニングが実施されたかどうかを確認するには、レポートコンソールでトレーニングワークフローレポートを調べます。

  1. Experience Manager インターフェイスで、ツールアセットレポート​に移動します。

  2. アセットレポート​ページで、「作成」をクリックします。

  3. スマートタグトレーニング」レポートを選択し、ツールバーで「次へ」をクリックします。

  4. レポートのタイトルと説明を指定します。「レポートをスケジュール」で、「今すぐ」オプションを選択したままにします。レポートを後で生成するようにスケジュールするには、「後で」を選択し、日時を指定します。次に、ツールバーの「作成」をクリックします。

  5. アセットレポート​ページで、生成したレポートを選択します。レポートを表示するには、ツールバーの「表示」アイコンをクリックします。

  6. レポートの詳細をレビューします。

    レポートには、トレーニングしたタグのトレーニングステータスが表示されます。「トレーニングステータス」列の緑色は、そのタグについて、スマートコンテンツサービスのトレーニングが実施されたことを示します。黄色は、特定のタグに関するサービスのトレーニングが完全には実施されていないことを示します。この場合、特定のタグを含む画像をさらに追加し、トレーニングワークフローを実行して、そのタグに関するサービスのトレーニングを完全に実施します。

    このレポートにタグが表示されない場合は、それらのタグに関するトレーニングワークフローを再度実行してください。

  7. レポートをダウンロードするには、リストから対象のレポートを選択し、ツールバーの「ダウンロード」をクリックします。レポートが Microsoft Excel スプレッドシートとしてダウンロードされます。

制限事項

  • 拡張スマートタグは、画像とそのタグの学習モデルにもとづいています。これらのモデルは、タグを識別するうえで常に完璧であるわけではありません。スマートコンテンツサービスの現行バージョンには次の制限事項があります。

    • 画像内の細かい違いを認識することはできません。例えば、シャツのサイズが細身か標準かなどの違いは認識できません。
    • 画像の細かい模様や部分に基づいてタグを識別することはできません。例えば、T シャツのロゴなどです。
    • タグ付けは、Experience Manager がサポートされているロケールでサポートされています。言語の一覧については、🔗スマートコンテンツサービスのリリースノートを参照してください。
  • スマートタグ(通常または拡張)付きのアセットを検索するには、Assets のオムニサーチ(全文検索)を使用します。スマートタグには個別の検索用述語はありません。

このページ