電子メール通知の設定

AEM は、次のようなユーザーに電子メール通知を送信します。

  • 変更やレプリケーションなど、ページイベントを購読したことがある。通知インボックスでは、このようなイベントを購読する方法について説明します。

  • フォーラムイベントを購読したことがある

  • ワークフローで手順を実行する必要がある。参加者ステップでは、ワークフローで電子メール通知を実行する方法について説明します。

前提条件:

  • ユーザーのプロファイルで有効な電子メールアドレスが定義されている必要があります。
  • Day CQ Mail Service が適切に設定されている必要があります。

ユーザーへの通知は、各自がプロファイルで定義している言語の電子メールで送信されます。言語ごとに、独自のカスタマイズ可能なテンプレートがあります。新しい言語用には新しい電子メールテンプレートを追加できます。

メモ

AEM を操作しているときは、このようなサービスの設定を管理する方法がいくつかあります。詳細および推奨事項については、OSGi の設定を参照してください。

メールサービスの設定

AEM で電子メールを送信できるようにするために、Day CQ Mail Service を適切に設定する必要があります。設定は、Web コンソールで表示できます。AEM を操作しているときは、このようなサービスの設定を管理する方法がいくつかあります。詳細および推奨事項については、OSGi の設定を参照してください。

以下の制約が適用されます。

  • SMTP サーバーポート​は 25 以上にする必要があります。

  • SMTP サーバーホスト名​は空白にできません。

  • 「送信元」アドレス​は空白にしてはなりません。

Day CQ Mail Service の問題をデバッグしやすくするために、サービスのログを監視できます。

com.day.cq.mailer.DefaultMailService

設定は、Web コンソールに次のように表示されます。

chlimage_1-276

電子メール通知チャネルの設定

ページまたはフォーラムのイベント通知を購読するとき、送信元の電子メールアドレスは、デフォルトで no-reply@acme.com に設定されます。この値は、Web コンソールで Notification Email Channel サービスを設定することで変更できます。

送信元のメールアドレスを設定するには、sling:OsgiConfig ノードをリポジトリに追加します。以下の手順で、CRXDE Lite を使用してノードを直接追加します。

  1. CRXDE Lite で、config という名前のノードを、アプリケーションフォルダーの下に追加します。

  2. config フォルダーに、以下の名前のノードを追加します。

    com.day.cq.wcm.notification.email.impl.EmailChannelリソースのタイプは次のとおりとします。sling:OsgiConfig

  3. String プロパティを email.from という名前のノードに追加します。値には、使用するメールアドレスを指定します。

  4. すべて保存」をクリックします。

次の手順を使用して、コンテンツパッケージソースフォルダーでノードを定義します。

  1. jcr_root/apps/*app_name*/config folder に、com.day.cq.wcm.notification.email.impl.EmailChannel.xml という名前のファイルを作成します。

  2. このノードを表現する次の XML を追加します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <jcr:root xmlns:sling="https://sling.apache.org/jcr/sling/1.0" xmlns:jcr="https://www.jcp.org/jcr/1.0" jcr:primaryType="sling:OsgiConfig" email.from="name@server.com"/>

  3. email.from 属性の値(name@server.com)を、実際の電子メールアドレスに置き換えます。

  4. ファイルを保存します。

ワークフロー電子メール通知サービスの設定

ワークフロー電子メール通知を受信したとき、送信元電子メールアドレスとホスト URL プレフィックスはいずれもデフォルトに設定されています。これらの値は、Web コンソールで Day CQ Workflow Email Notification Service を設定することによって変更できます。その場合は、変更をリポジトリに保持することをお勧めします。

デフォルト設定は、Web コンソールに次のように表示されます。

chlimage_1-277

ページ通知用の電子メールテンプレート

ページ通知用の電子メールテンプレートは次の場所にあります。

/libs/settings/notification-templates/com.day.cq.wcm.core.page

デフォルトの英語のテンプレート(en.txt)は次のように定義されています。

subject=[CQ Page Event Notification]: Page Event

header=-------------------------------------------------------------------------------------\n \
Time: ${time}\n \
User: ${userFullName} (${userId})\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n\n

message=The following pages were affected by the event: \n \
 \n \
${modifications} \n \
 \n\n
footer=\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n \
This is an automatically generated message. Please do not reply.

ページ通知用の電子メールテンプレートのカスタマイズ

ページ通知用の英語の電子メールテンプレートをカスタマイズするには:

  1. CRXDE で、次のファイルを開きます。

    /libs/settings/notification-templates/com.day.cq.wcm.core.page/en.txt

  2. ニーズに合わせてファイルを変更します。

  3. 変更内容を保存します。

テンプレートには以下の書式が必要です。

 subject=<text_1>
 header=<text_2>
 message=<text_3>
 footer=<text_4>

<text_x> には、静的テキストと動的文字列変数を混在させることができます。ページ通知用の電子メールテンプレート内では次の変数を使用できます。

  • ${time}、イベントの日時。

  • ${userFullName}、イベントを実行したユーザーのフルネーム。

  • ${userId}、イベントを実行したユーザーの ID。

  • ${modifications}、ページイベントのタイプとページパスを次の形式で表します。

    <page event type> => <page path>

    次に例を示します。

    PageModified => /content/geometrixx/ja/products

フォーラム通知用の電子メールテンプレート

フォーラム通知用の電子メールテンプレートは次の場所にあります。

/etc/notification/email/default/com.day.cq.collab.forum

デフォルトの英語のテンプレート(en.txt)は次のように定義されています。

subject=[CQ Forum Notification]

header=-------------------------------------------------------------------------------------\n \
Time: Time: ${time}\n \
Forum Page Path: ${forum.path}\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n\n

message=Page: ${host.prefix}${forum.path}.html\n

footer=\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n \
This is an automatically generated message. Please do not reply.

フォーラム通知用の電子メールテンプレートのカスタマイズ

フォーラム通知用の英語の電子メールテンプレートをカスタマイズするには:

  1. CRXDE で、次のファイルを開きます。

    /etc/notification/email/default/com.day.cq.collab.forum/en.txt

  2. ニーズに合わせてファイルを変更します。

  3. 変更内容を保存します。

テンプレートには以下の書式が必要です。

 subject=<text_1>
 header=<text_2>
 message=<text_3>
 footer=<text_4>

<text_x> には、静的なテキストと動的な文字列変数を混在させることができます。

フォーラム通知用の電子メールテンプレート内では次の変数を使用できます。

  • ${time}、イベントの日時。

  • ${forum.path}、フォーラムページのパス。

ワークフロー通知用の電子メールテンプレート

ワークフロー通知用の電子メールテンプレート(英語)は次の場所にあります。

/libs/settings/workflow/notification/email/default/en.txt

次のように定義されています。

subject=Workflow notification: ${event.EventType}

header=-------------------------------------------------------------------------------------\n \
Time: ${event.TimeStamp}\n \
Step: ${item.node.title}\n \
User: ${participant.name} (${participant.id})\n \
Workflow: ${model.title}\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n\n

message=Content: ${host.prefix}${payload.path.open}\n

footer=\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n \
View the overview in your ${host.prefix}/aem/inbox\n \
-------------------------------------------------------------------------------------\n \
This is an automatically generated message. Please do not reply.

ワークフロー通知用の電子メールテンプレートのカスタマイズ

ワークフローイベント通知用の英語の電子メールテンプレートをカスタマイズするには:

  1. CRXDE で、次のファイルを開きます。

    /libs/settings/workflow/notification/email/default/en.txt

  2. ニーズに合わせてファイルを変更します。

  3. 変更内容を保存します。

テンプレートには以下の書式が必要です。

subject=<text_1>
 header=<text_2>
 message=<text_3>
 footer=<text_4>
メモ

<text_x> には、静的なテキストと動的な文字列変数を混在させることができます。<text_x> 項目の各行の末尾には、最後のインスタンスを除き、バックスラッシュ(\)を付加する必要があります。バックスラッシュがないと、<text_x> 文字列変数の終了と見なされます。

テンプレート形式について詳しくは、Properties.load() メソッドの javadocs を参照してください。

メソッド ${payload.path.open} を使用すると、作業項目のペイロードのパスが表示されます。例えば、Sites のページの場合、payload.path.open/bin/wcmcommand?cmd=open&path=… と同じようなものです。これにサーバー名が抜けているのは、テンプレートによってプレフィックスとして ${host.prefix} が付加されるためです。

電子メールテンプレート内では以下の変数を使用できます。

  • ${event.EventType}、イベントのタイプ。

  • ${event.TimeStamp}、イベントの日時。

  • ${event.User}、イベントをトリガーしたユーザー。

  • ${initiator.home}、イニシエーターノードのパス。

  • ${initiator.name}、イニシエーター名。

  • ${initiator.email}、イニシエーターのメールアドレス。

  • ${item.id}、作業項目の ID。

  • ${item.node.id}、この作業項目に関連付けられているワークフローモデル内のノードの ID。

  • ${item.node.title}、作業項目のタイトル

  • ${participant.email}、参加者のメールアドレス

  • ${participant.name}、参加者の名前。

  • ${participant.familyName}、参加者の姓

  • ${participant.id}、参加者の ID

  • ${participant.language}、参加者の言語

  • ${instance.id}、ワークフローの ID

  • ${instance.state}、ワークフローの状態

  • ${model.title}、ワークフローモデルのタイトル

  • ${model.id}、ワークフローモデルの ID

  • ${model.version}、ワークフローモデルのバージョン

  • ${payload.data}、ペイロード

  • ${payload.type}、ペイロードのタイプ

  • ${payload.path}、ペイロードのパス

  • ${host.prefix}、ホストのプレフィックス(例:http://localhost:4502)

新しい言語用の電子メールテンプレートの追加

新しい言語用のテンプレートを追加するには:

  1. CRXDE で、ファイル <language-code>.txt を以下に追加します。

    • /libs/settings/notification-templates/com.day.cq.wcm.core.page:ページ通知用
    • /etc/notification/email/default/com.day.cq.collab.forum:フォーラム通知用
    • /libs/settings/workflow/notification/email/default:ワークフロー通知用
  2. 言語に合わせてファイルを調整します。

  3. 変更内容を保存します。

メモ

メールテンプレートのファイル名として使用される <language-code> は、AEM で認識できる小文字 2 文字の言語コードにする必要があります。言語コードについては、AEM は ISO-639-1 に依存しています。

AEM Assets の電子メール通知の設定

AEM Assets のコレクションが共有されている場合も共有されていない場合も、AEM から電子メール通知を受信できます。電子メール通知を設定するには、次の手順に従います。

  1. メールサービスの設定で説明したように、電子メールサービスを設定します。
  2. AEM に管理者としてログインします。ツール操作Web コンソール​をクリックして、Web コンソール設定を開きます。
  3. Day CQ DAM Resource Collection Servlet を編集します。「send email」を選択します。「保存」をクリックします。

OAuth の設定

AEM は、組織が安全なメール要件に準拠できるように、Oauth2 の統合メーラーサービスをサポートしています。

以下に示すように、複数のメールプロバイダーに対して OAuth を設定できます。

メモ

この手順は、公開インスタンスの例です。オーサーインスタンスでメール通知を有効にするには、オーサー上で同じ手順を実行する必要があります。

Gmail

  1. https://console.developers.google.com/projectcreate でプロジェクトを作成
  2. プロジェクトを選択し、API とサービスダッシュボード - 資格情報​に移動します。
  3. 必要に応じて OAuth 同意画面を設定する
  4. 次の更新画面で、これらの 2 つの範囲を追加します。
    • https://mail.google.com/
    • https://www.googleapis.com//auth/gmail.send
  5. 範囲を追加したら、左側のメニューで​資格情報​に戻り、 資格情報を作成OAuth クライアント IDデスクトップアプリ​に移動します。
  6. 新しいウィンドウが開き、クライアント ID とクライアント秘密鍵が表示されます。
  7. これらの資格情報を保存します。

AEM 側の設定

メモ

Adobe Managed Service をご利用のお客様は、顧客サービスエンジニアと協力して、これらの変更を本番環境に加えることができます。

まず、メールサービスを設定します。

  1. http://serveraddress:serverport/system/console/configMgr に移動して、AEM web コンソールを開きます
  2. Day CQ Mail Service を探して、クリックします。
  3. 次の設定を追加します。
    • SMTP サーバーのホスト名: smtp.gmail.com
    • SMTP サーバーポート:25 または 587(要件に応じて)
    • SMPT で StarTLS を使用」および「SMTP には StarTLS が必要」のチェックボックスをオンにします。
    • OAuth フロー をチェックし、「保存」をクリックします。

次に、以下の手順に従って、SMTP OAuth プロバイダーを設定します。

  1. http://serveraddress:serverport/system/console/configMgr に移動して、AEM web コンソールを開きます。
  2. CQ Mailer SMTP OAuth2 Provider を探して、クリックします。
  3. 必要な情報を以下のとおり入力します。
    • 認証 URL:https://accounts.google.com/o/oauth2/auth
    • トークン URL:https://accounts.google.com/o/oauth2/token
    • 範囲:https://www.googleapis.com/auth/gmail.send および https://mail.google.com/。複数の範囲を追加するには、設定された各範囲の右側にある「+」ボタンをクリックします。
    • クライアント ID とクライアント秘密鍵:上記の段落で取得した値を使用して、これらのフィールドを設定します。
    • 更新トークン URL: https://accounts.google.com/o/oauth2/token
    • 更新トークンの有効期限:なし
  4. 保存」をクリックします。

設定が完了すると、設定は次のようになります。

OAuth SMTP プロバイダー

次に、OAuth コンポーネントをアクティベートします。手順は次のとおりです。

  1. URL:http://serveraddress:serverport/system/console/components にアクセスして、コンポーネントコンソールに移動します。

  2. 以下のコンポーネントを探します

    • com.day.cq.mailer.oauth.servlets.handler.OAuthCodeGenerateServlet
    • com.day.cq.mailer.oauth.servlets.handler.OAuthCodeAccessTokenGenerator
  3. コンポーネントの左側にある「再生」アイコンを押します。

    components

最後に、以下により設定を確認します。

  1. 公開インスタンスのアドレスに移動し、管理者としてログインします。
  2. ブラウザーで新しいタブを開き、http://serveraddress:serverport/services/mailer/oauth2/authorize に移動します。これにより、ご利用の SMTP プロバイダー(この場合は Gmail)のページにリダイレクトされます。
  3. ログインして、必要な権限を与えることに同意する
  4. 同意すると、トークンがリポジトリに格納されます。公開インスタンス:http://serveraddress:serverport/crx/de/index.jsp#/conf/global/settings/mailer/oauth でこの URL に直接アクセスすると、accessToken でトークンにアクセスできます。
  5. 公開インスタンスごとに上記の手順を繰り返します。

Microsoft Outlook

  1. https://portal.azure.com/に移動し、ログインします。

  2. 検索バーで Azure Active Directory を検索し、結果をクリックします。または、https://portal.azure.com/#blade/Microsoft_AAD_IAM/ActiveDirectoryMenuBlade/Overview を直接参照することもできます。

  3. アプリの登録新しい登録​をクリックします。

  4. 必要に応じて情報を入力し、登録​をクリックします。

  5. 新しく作成されたアプリに移動し、API 権限​を選択します。

  6. 権限を追加グラフ権限委任権限​に移動します。

  7. アプリに対して以下の権限を選択し、「権限を追加」をクリックします。

    • SMTP.Send
    • Mail.Read
    • Mail.Send
    • openid
    • offline_access
  8. 認証プラットフォームの追加web に移動し、「リダイレクト URL」セクションで、OAuth コードをリダイレクトする URL を次のように追加してから「設定」を押します。

    • http://localhost:4503/services/mailer/oauth2/token
  9. 公開インスタンスごとに上記の手順を繰り返します。

  10. 要件に応じて設定を指定します

  11. 次に、「証明書とシークレット」に移動し、「新しいクライアントシークレット」をクリックし、画面の手順に従ってシークレットを作成します。このシークレットは後で使用するため、必ずメモしてください

  12. 左側のウィンドウで「概要」を押し、後で使用するために、「アプリケーション(クライアント)ID」および「ディレクトリ(テナント)ID」の値をコピーします。

まとめると、以下の情報を使用して、AEM 側の Mailer サービスの Oauth2 を設定する必要があります。

  • 認証 URLはテナント ID を使用して構築されます。次の形式になります。https://login.microsoftonline.com/<tenantID>/oauth2/v2.0/authorize
  • トークン URL はテナント ID を使用して構築されます。次の形式になります。https://login.microsoftonline.com/<tenantID>/oauth2/v2.0/token
  • 更新 URL はテナント ID を使用して構築されます。次の形式になります。https://login.microsoftonline.com/<tenantID>/oauth2/v2.0/token
  • クライアント ID
  • クライアント秘密鍵

AEM 側の設定

次に、OAuth2 の設定を AEM と統合します。

  1. http://serveraddress:serverport/system/console/configMgr をブラウジングすることで、ローカルインスタンスの web コンソールに移動します。
  2. Day CQ Mail Service を探してクリックします。
  3. 次の設定を追加します。
    • SMTP サーバーのホスト名: smtp.office365.com
    • SMTP ユーザー:電子メール形式のユーザ名
    • 「From」アドレス:メーラーが送信するメッセージの「From」フィールドで使用するメールアドレス
    • SMTP サーバーポート:要件に応じて 25 または 587
    • SMPT は StarTLS を使用」と「SMTP には StarTLS が必要」のチェックボックスをオンにします。
    • OAuth フロー​を確認して「保存」をクリックします。
  4. CQ メーラー SMTP OAuth2 プロバイダー を探して、それをクリックします。
  5. 必要な情報を以下のとおり入力します。
    • 「認証 URL」、「トークン URL」、「更新トークン URL」を、この手順の最後に説明した方法で作成し、入力します。
    • クライアント ID とクライアント秘密鍵:これらのフィールドに、前述のように取得した値を設定します。
    • 次のスコープを設定に追加します。
      • openid
      • offline_access
      • https://outlook.office365.com/Mail.Send
      • https://outlook.office365.com/Mail.Read
      • https://outlook.office365.com/SMTP.Send
    • AuthCode リダイレクト URL:http://localhost:4503/services/mailer/oauth2/token
    • 更新トークン URL:これは、上記のトークン URL と同じ値である必要があります
  6. 保存」をクリックします。

設定が完了すると、設定は次のようになります。

次に、OAuth コンポーネントをアクティベートします。手順は次のとおりです。

  1. URL:http://serveraddress:serverport/system/console/components にアクセスして、コンポーネントコンソールに移動します。
  2. 以下のコンポーネントを探します
    • com.day.cq.mailer.oauth.servlets.handler.OAuthCodeGenerateServlet
    • com.day.cq.mailer.oauth.servlets.handler.OAuthCodeAccessTokenGenerator
  3. コンポーネントの左側にある「再生」アイコンを押します。

components2

最後に、以下により設定を確認します。

  1. 公開インスタンスのアドレスに移動し、管理者としてログインします。
  2. ブラウザーで新しいタブを開き、http://serveraddress:serverport/services/mailer/oauth2/authorizeに移動します。これにより、ご利用の SMTP プロバイダー(この場合は Gmail)のページにリダイレクトされます。
  3. ログインして、必要な権限を与えることに同意する
  4. 同意すると、トークンがリポジトリに格納されます。ご利用の公開インスタンスで次の URL に直接アクセスすることで、accessToken のトークンにアクセスできます。http://serveraddress:serverport/crx/de/index.jsp#/conf/global/settings/mailer/oauth

このページ